島とバラ色の生活



今年最後のインフィオラータ④

や、やっと完成した~!!!!!!!昨夜9時に。夕方5時に弟は僕1人残し、次のイベント会場である小田原に行ってしまい、そこからは孤独な闘い・・・まだ1/3ぐらい残っているのに・・・本当に今日終わるのだろうかという不安と下半身の不安をかかえながら・・・この状況、2000年のクリスマスに行ったライトアップイベント「10000本のメリークリスマス」以来5年ぶりの感覚だ。あの時も1ヶ月は後遺症が残った・・・果たして今回は?明後日はキングコングのランキング戦があるのに。
9時の終了時にはもうまっすぐ立つことも歩くことも、座ることもできない状態、もう下半身不随といった感じだ。マッサージ師を呼んだが炎症をおこしているからやめた方がいいと言われるし。
結局ブログを更新する気力もなくベッドへ直行、明日のチェックアウト前に作ろうと思ったのだが目が覚めたら朝の9時30分。8:48分の新幹線に乗るはずだったのに・・・結局間に合わず伊丹空港に行き飛行機で帰ってきた。

f0000593_1829638.jpgほとんどを1人で制作したので出来上がりはいい作品になっていると思う。特に昨日紹介した牛や馬もそうだがキャラクターの表情がよくできた。2作目の「笛を吹く少年」の絵では、ちょっと伏し目がちの少年にアイラインをいれてみた。(オレンジと紫で)ちょっとニューハーフっぽくていい感じかな?(ちなみに僕はその気はありません)
今回の作品は1つ40㎡の大きさである。2作品だから合計80㎡。通常晴海等で行っているインフィオラータは1作品25㎡ぐらいであり、だいたい25~30人ぐらいで制作する。従って今回の大きさであれば100人ぐらいで制作するサイズなのである。それを1人(+弟)で制作したのである。やっていくうちに「これは無謀な企画であった!」ことに気がついた・・・しかし時は既に遅し、もう後戻りはできなかった。場所が東京であれば、まだ人を集めることもできたのだが、さすがに大阪ではそれもできない。言い換えれば僕は4日間で100人分の仕事をしたことになる。
これぞ本当の100人力!??
昨夜は終了間際に広告代理店のJICの吉田氏と小野氏が会場に登場、まわりに杉の葉を置く作業を手伝ってくれたので助かった~。それまで1人でやっていたら絶対11時は越していたと思う。終了後、近くで美味しい夕食をご馳走になりありがとうございました!!しかし3杯ほど飲んだアルコールが全身にまわり、ホテルまでの数10mがすごく遠く感じた・・・というか、よく部屋までたどりつけたと思う。
もうしばらくはインフィオラータなんか見たくない!!と思っているのだが、また22日には大阪に戻り、23日は3人で制作しなければならない。(今度のサイズは4mだから、ちょっと楽!)いずれにしても、インフィオラータというものは市民交流型のフェスティバルであり、みんなで力をあわせて作り上げるものだということが、痛いほどわかった4日間であった。

教訓 : 「インフィオラータは決して1人で制作してはならない!」
f0000593_1852944.jpg

f0000593_18522952.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2005-12-16 09:37 | インフィオラータ
<< 島も寒い!! 今年最後のインフィオラータ③ >>


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧