島とバラ色の生活



被災地にて。。

先週の土曜日から「フラワーズエール」の活動で被災地に来ている。
今回はGW中に各地で開催したインフィオラータの会場で寄せられた
募金で2万本のバラを集め、被災地各地の小学校や避難所に届けてまわっている。。

先週土曜日は石巻を訪ね、
避難所にバラを届けたり、小学校でインフィオラータを創ったりした。
この日は夜に陸前高田に入り、
翌日は陸前高田にの避難所と小学校にバラを届けた。。

この日は時間に多少余裕があったので、
被災した街の様子を見に行ったのだが、
そこには想像を絶する光景が待ち受けていた。。。
普段テレビや新聞等でその光景は目にしていたが、
実際に現場に立つと、その被害の大きさは普段目にしていたレベルではなかった。
誰もが言葉を失い、知らないうちに涙が込み上げてくる。。
そこには街としての機能は全て失われていた。。。
小学校の校舎はすべて津波に飲み込まれ、校庭は瓦礫の山、山、山。。。
海岸沿いの3階建てのショッピングセンターは、
すべて波に飲み込まれ、店内は見る影もない。
津波のパワーの恐ろしさを物語っていた。。

f0000593_11235181.jpg


津波によって全て流されてしまった街。
しかしそこにもかすかな光も見えた。。
津波に流された民家の畑に咲くネギの花。。。
塩害にも負けず頑張って咲く花に、少しだけ希望をもらうことができた。。

f0000593_1124123.jpg



そして一昨日、僕らは陸前高田から気仙沼に移動、
市内の7つの小学校にバラを届けてきた。。
ちょうど下校時に伺った鹿折小学校では、
子供達にバラを手渡すことができ、元気な笑顔をもらうことができた。
先生方にも大変喜んでいただき、
秋の訪問では学校でインフィオラータを創る約束も校長先生としてきた!
なので、またこれから募金活動も頑張らねば!!

陸前高田の街の様子にショックを受けたのだが、
気仙沼の街の酷さは言葉にならないほど凄まじかった。。。
ここは地震と津波にプラスして海上火災による被害も大きかった街である。
大きな燃油タンクが油を垂れ流しながら、
海上の渦に巻き込まれていた映像は誰もが見たことだろう。。
未だ瓦礫の処理はほとんど手がつかず状態で、
街のいたるところが通行止となっている。。。
その上道路上には巨大な漁船が数多く打ち上げられ道路を封鎖。。。
まさに地獄絵図のようだ!

f0000593_11241788.jpg


海上火災の被害を受け真っ黒に燃えた漁船が、
火災の凄まじさを物語っていた。。。

f0000593_11242780.jpg


そして未だ残る燃油の臭いと異臭。。。
ここはまだ復興などと言う言葉は全くイメージをもたない。
世の政治家達よ!
くだらない論争を繰り広げている時間があるなら、ここに来て現状を把握しろ!!
この状態でどうして未来をイメージしろと言うのだ。。
現場を理解せず、机上の空論を繰り広げていても何も解決には至らない。。。
3ヶ月前に動いていなければならなかったのだ。。
ここは3ヶ月前から時間が止まってしまっているようだ。。。
カリスマとリーダーシップ、そして適応力を兼ね備えた人材なんて
今の国会議員にはどの党を探しても見当たらない。。
烏合の衆でも、力を合わせれば大きな力になるはず。。
今こそ国民の信頼を取り戻すべく一致団結する時だ!!
個人的な感想だが、谷垣、石原は前線から身を引いてほしい。。
復興への一番の足かせになっていることをわかっていない!!

個人のブログでこんな政治批判等したくはないのだが、
被災地のこの過酷な状況を目の当たりにしてしまうと、
どうしても今の政治家が許せなくなってしまい、
個人的な意見を綴ってしまった。。。お許しを!!


今日の読売新聞の全国版にフラワーズエールの活動が紹介されました。。
偉そうなことを綴っても、僕らができることは微々たること。。
でも自分にできることを一生懸命やろうと思う。。
考えているより、まず行動!!今は行動が必要とされている。。

f0000593_1124419.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2011-06-08 11:24 | その他
<< Flower's Ye... そして今日はタコカレー >>


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧