島とバラ色の生活



Flower's Yell 被災地にバラを届けてきました!①

被災地に10万本のバラの花をおくるプロジェクト「Flower's Yell」。

f0000593_111558.jpg


5月8日に福島県二本松の避難所「JICA二本松」を訪問して以来、
2度目の被災地訪問となる宮城・岩手から昨夜帰京しました。

今回はGW期間中に各地で行ったフラワーズ・エールの活動を通じて、
皆さまから寄せられた募金を元に16000本のバラを購入、
石巻・陸前高田・気仙沼・南三陸・女川の各小学校や避難所に届けてきました。


6月4日、深夜に東京の事務所を出発、初日の会場となる石巻へ!
8時30分、石巻の避難所「河北総合センター(ビッグバン)」に到着。。
ここは4月29日にも白井貴子さんや浅葉克己さんといっしょに訪れた場所。
その時は八丈島から提供してもらったフリージアを持ってきて、
「また必ず来ます!」と約束した場所でもあったのです。

9時から1階のロビーで7色1000本のバラを避難所の皆さんに配りました。
開始前から会場には長い列ができ、花の人気の高さを改めて実感!!
皆さんにはお好きな色を選んでいただきました。。
なんと30分で終了。。。

f0000593_112960.jpg


そして避難所の皆さんからたくさんの温かいメッセージをいただきました。。
こちらも近い将来、どこかで紹介したいと考えています。

f0000593_114113.jpg


毎年春には庭先にたくさんの花が咲いていたのに、
今年は津波で家も庭も無くなってしまった。。。
今年は花を見ることができないと諦めていたけど、
避難所の中で、こんなにもたくさんのバラの花が見れるとは
夢にも思わなかった。。。ありがとう。

そう涙ながらに話してくれた女性の言葉が忘れられない。。。
僕らにとっての日常は、今や彼女たちにとっては非日常なのだろう。
そんな避難所の哀しい現実を目の当たりにしました。。


続いてすぐ近くにある飯野川第一小学校へ。
ここは津波で多くの生徒と教師が被害にあった、
大川小学校の生徒達が通う小学校です。(大川小学校は津波のため壊滅的な被害)
ここには避難所の「ステップス」もあり、
生徒と避難所の方々といっしょに2枚のインフィオラータを創りました。
デザインは白井貴子さんと、
今回初のお披露目となるマイケル・レヘムさんの作品。。
マイケルさんの作品は、アフリカのティンガティンガアートが原画です。

f0000593_135745.jpg


制作会場となる避難所の中での4500本のバラの花むしり作業は、
最初は参加者もまばらだったのですが、
どんどん参加者が増え、40人近い方が参加してくれました。。
なんと1時間半で作業は終了!!

f0000593_141332.jpg


お昼には炊き出しのカレーをいただきました!!

f0000593_142813.jpg


昼食後、花絵づくりがスタート!!
避難所となっている体育館の入口と、体育館の壇上に制作しました。
花むしりは年配の方が中心だったのですが、花絵づくりは子供達が中心。。
白井さんの作品は順調に出来上がったのですが、
マイケルさんの作品は難易度が高く四苦八苦。。。

f0000593_144314.jpg


f0000593_145681.jpg


それでもなんとか5時半には無事完成!!

f0000593_15752.jpg


そしてこちらが白井さんの作品。。

f0000593_151712.jpg


今回は制作日が土曜日と言うこともあり、
予定していた子供達の参加がいまいち少なかったのが残念。。
次回は是非学校の授業の一環として実施してもらい、
子供達といっしょに作品づくりをしたいと思います。。
既に今回伺った学校のいくつからかは、
秋には実施してほしいとのリクエストもいただきました。。


既にあたりは暗くなり始めた頃、
僕らは次の訪問先となる陸前高田市に向けて出発しました。
[PR]
by isolabella2005 | 2011-06-09 01:05 | インフィオラータ
<< Flower's Ye... 被災地にて。。 >>


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧