島とバラ色の生活



今年最後のインフィオラータ⑤

22日は飛行機が全便結構だったため、23日は朝一番で空港へキャンセル待ちの手続きに向かった。しかし既に50~60人が並んでいた。僕は全日空のプラチナメンバーなので最優先でキャンセル待ちの番号をもらえるのだがそれでも6番。まあ6番なら確実に1便に乗れると思いきや、キャンセル待ちは2番まで・・・またしても乗れなかった。(なんでも1番の人はあの寒い突風の中、3時から並んだらしい)結局2便目の大島経由便で上京、初めての大島に20分間滞在し、なんとか4時前にはインフィオラータの会場である大阪TWIN21に到着。しかし既に制作は8割方完成しており、僕の出る幕はほとんどなかった・・・こんなに苦労してここまで来たのに!
f0000593_1445244.jpg今回はキャラクターの顔等、ほとんどのスペースを生のバラ4000本を使って制作した。生の花なのでもっても3~4日・・・残念なことに25日の夜にはすべて撤去されてしまう。この天使の顔も花である。バラの花びらをさらにハサミで細かく切り表情を作っている。やはりプリザーブドフラワーと比べるとネイチャー感があり、絵が生き生きとしている。今回のTWIN21では、プリザーブドフラワーのバラと生のバラの両作品が同時に見ることができるので、その違いを見比べることも1つの楽しみである。とは言え、明日には撤去してしまうので時間のある方は是非どうぞ!!
f0000593_15535675.jpg

f0000593_15542585.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2005-12-24 15:55 | インフィオラータ
<< イタリア奇行?⑤コンメンダの騎士達 八丈島でもインフィオラータ >>


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧