島とバラ色の生活



インフィオラータ・イン・小樽 完成!!

4月27日、札幌へと出発!・・・ところが、余裕を見て家を出たはずなのに、乗り込んだ電車がいきなり大幅遅延!!予定の飛行機に間に合わなかった・・・その上、団体割引チケットのため変更が効かない!しかし今回のクライアントがJTBということで、何とか次の便に乗ることができた。いやはや出だしから雲行きが怪しい・・・
しかし札幌に到着すると今年一番の暖かさ。JTBの阿部さんと札幌市内のイベントスペースを視察、最後に行った商業施設「アリオ」は、あのジンギスカンのメッカ「サッポロビール園」の敷地内にできた大型商業施設であった。暖かい陽気と、食をそそるジンギスカンの香り、そして20数年ぶりの懐かしさに、ついにダイエットの意志が崩れた・・・食べ飲み放題コースを頼み、2人で無言でむさぼり3皿をたいらげた。店の従業員に「これは一皿何グラムあるの?」と尋ねると、「約300gです」!!ということは2人で900gを食べたことになる。その上ビールもジョッキで2杯・・・これは何カロリーになるんだ???僕は目に見えない恐怖心からそのままサウナに直行、10分×7セットほど汗を流した。その後、久しぶりの“脂”のせいか腹をこわし、さらにダイエットに拍車がかかったことは不幸中の幸いであった。
翌日は小樽に入り下準備。夜は寿司屋通りの寿司屋でまたまた大食い、そしてサウナに直行。本当に意志が弱いというか、ワンパターンというか・・・そして29日、いよいよインフィオラータの制作である。今回はイタリアのインフィオラータの街をモチーフに5m×5mの花絵を2枚制作する。参加者は地元の高校「小樽桜陽高校」と「小樽潮陵高校」の美術部の部員、そして昨年もお手伝いしてくれた「小樽おもてなしの会」の皆さんで合計約50名。
f0000593_0553170.jpg
10時30分から約10,000本のバラをむしり、午後からは花絵を制作。大半の参加者が初体験ということもあり、クオリティや時間が心配であったが、指導者の指導?がよかったのか、素晴らしい作品が3時に完成した。今回使用したバラは「大分産」のものを使用、普段は使用しない大輪の素晴らしいバラであった。

f0000593_15264.jpg今回面白い試みとして、左の写真のようなほぼリアルタイムな制作風景写真が貼り出された。ちなみに一番右上の写真は、僕が“顔”を制作している貴重(!)な写真である。このような記録写真は、制作を見ることができなかった来場者も制作過程がわかるため、素敵な試みであると思った。(斉藤さん、企画盗用させていただきます!)制作終了後、ウイングベイ小樽さんから「来年はもっと拡大してやりますよ!」と言われ、これで毎年GWの最初は北海道旅行ができると、顔には出さずにやけていた。(斉藤さん、既に来年のスケジュールは空けておきました)ウイングベイ小樽でのインフィオラータは5月7日まで展示される予定。9日間の展示は中々不安なものはあるが、メンテナンスしっかり頑張ってください。

さて、次は5月3日から立川と海老名でインフィオラータの制作が行われる。今年のGWは天気に恵まれているようなので、素晴らしい作品になることを願っている。3日は僕は両会場を行ったり来たり・・・そして4日には2週間ぶりの帰島である。家の改築工事もほぼ終了したと連絡があり、どんな風に変わったのか楽しみである。
GWは是非、立川・海老名のインフィオラータにお立ち寄りください。立川はサンサンロード及び立川タカシマヤ前、海老名は駅前の海老名中央公園が会場となっています。
f0000593_1283051.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2006-05-02 01:29 | インフィオラータ
<< インフィオラータ・イン・海老名... やっと終わった企画地獄・・・ >>


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧