島とバラ色の生活



夢の島暮らしストーリー番外編②

ダイビングの講習は限定水域を1日で終了し順調に進むと思えたのだが・・・あの日以来、天候が崩れ、中々海洋実習に進むことができない。しかたがないので家でテキストとDVDを見ながら自習・・・テキストだけだと5ページも進むと睡魔の誘惑に導かれるのだが、DVDだと30分間は起きていられる。だいたい30分間見ていると1章分が終わるので、5回見れば1冊分読んだことになる。これは便利だ!!しかし第4章のダイブプラナーで挫折してしまった・・・別に難しい話ではないのだが、数字がでてくると頭が拒絶反応を起こす。よくできたものでその瞬間睡魔が襲う・・・この部分はあきらめて今度先生に教わろうと楽な方へと敵前逃亡!!高校2年生までは数学は大の得意だったのに・・・あの頃の僕はどこに行ってしまったのだろうか??
今週は中盤から天気が良くなるとの予報だったので、水・木曜日で海洋実習を終わらせ、木曜日の夕方に試験にチャレンジ、不合格でも金曜日が丸1日予備日となるので、無理やりでも今週中にはライセンスが取れるスケジュールを組んだ。これが僕のライセンス獲得に向けた“ダイブプラナー”である!!ところが今朝いきなりインストラクターの先生から「今日できますよ!」と嬉しい連絡が入った。それではとスケジュールを1つ繰り上げ、今日の午後から海洋実習を始めることにした。
今日のポイントは八重根。東海汽船の待合所のすぐ横の湾である。ロープづたいに海へ入り、いざ潜行!!限定水域では3mほどの潜行だったが、今日は10m以上潜行するらしい。先生の後ろにつき、ゆっくりと潜行していく。するといきなり目の前にとぼけた顔をしたでかい魚が現れた。人をなめたような目でじっとというよりはボーと見ている。「な、なんだこいつは?!」と話せないので、ハンドシグナルというよりは“手振り”で質問・・・あれが「石垣ふぐ」なんだとか・・・。その後もクマノミの卵や幽霊のような魚、3の字等等、素潜りでは見たことのない世界を満喫させてもらった。今日は約40分間のダイビングで17mまで潜った・・・完全にはまってきた・・・明日は快晴との予報、今度はどこで潜り、どんなやつらと出会えるのか・・・楽しみである。意地を張らずに、もっと早くライセンスをとってればよかったな~と後悔している今日この頃である。
[PR]
by isolabella2005 | 2006-05-31 01:06 | ダイビング
<< 夢の島暮らしストーリー番外編③ 夢の島暮らしストーリー④ ~次... >>


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧