島とバラ色の生活



インフィオラータ・アソシエイツ 第2弾作品公開!

「小田原ダイナシティ」に続く、インフィオラータ・アソシエイツの第2弾は大阪の「なんばパークス」で行われる。まるで大阪の「六本木ヒルズ」のようなおしゃれな街である。ここは今年3周年を迎えるのだが、昨年の2周年からインフィオラータが行われるようになった。2階のキャニオンストリートというメインストリートに4枚のインフィオラータを制作する。昨年は6枚制作したのに規模縮小?と思いきや、実は今年は2週に渡って2回インフィオラータが開催されるのだ。だからインフィオラータは計8枚、ということでこちらも規模拡大となった。それなら一気に8枚制作した方がインパクトがあるのに!と思ったのだが、聞くところによると、昨年新聞やテレビで紹介され行ってみたら終わっていたというお客様からの意見が多く、それならなるべく長い期間できるようにしようということで2回開催となったらしい。

「なんばパークス」もテーマは“オペラ”。5万本のカーネーションを使い、前半は“モーツァルトのオペラ作品”、後半は“イタリアのオペラ作品”を制作する。各回80名の参加者を募集しているので是非参加していただきたい。応募締切は9月19日、「なんばパークス」のHPから申込み用紙をダウンロードすることができる。今日時点で既に半数の応募者が集まったらしい・・・興味のある方はお早めに!!

f0000593_0121589.jpg
こちらが前半に制作する「モーツァルトのオペラ作品」の1部である。両方とも有名なオペラ作品で、左が「フィガロの結婚」、そして右がモーツァルト最後のオペラ作品である「魔笛」。この他にも「ドン・ジョヴァンニ」、「コシ・ファン・トゥッテ」をデザインモチーフとして取り上げている。
こちらの作品は9月30日(土)に制作、10月4日まで展示される。

f0000593_0182459.jpg
こちらが後半に制作する「イタリアのオペラ作品」の1部である。左がロッシーニの「セヴィリアの理髪師」。オペラの代表作で、「私は街の何でも屋」や「今の歌声は」は有名。そして右がプッチーニの「蝶々夫人」。日本を舞台にしたこの作品もオペラの代表作である。特に「私のおとうさん」は誰もが聞いたことのある有名な作品、僕のもっとも好きな曲の1つでもある。この他にもドニゼッティの「ドン・パスクアーレ」、ヴェルディの「アイーダ」をデザインモチーフとして取り上げている。「セヴィリアの理髪師」は色のコントラストがはっきりしていて、きれいな作品に仕上がりそうだ。
こちらの作品は10月7日(土)に制作、10月11日まで展示される。

今回の作品は何故かすべて“顔入り”である。基本的にアントワーヌは自分が制作しない作品には、あまり“顔”を描かないのである・・・これはもしかして僕への挑戦?結局“顔”は僕が創作することになりそうだ。僕は本来プロデューサーなのに、アントワーヌが来日しないと何故か創作者となってしまう。その点、晴海トリトンスクエアは毎年アントワーヌが来日するので楽チンである。21枚も“顔”を創っていたら、しばらくはまともな生活ができなくなってしまう。
さあ、今年も大阪で美味しいものを食べよう!!まずはお好み焼き、そしてどて焼き・・・。そして偶然にも10月9日(月)は、OSAKA MUSUで白井貴子さんの25周年ライブが行われる。15時スタートということは、夜は飲み会?久しぶりの白井さんのライブ、楽しみである。インフィオラータも見に来ると言っていたので、ライブの後に「なんばパークス」でインフィオラータを見ながら“乾杯!”というのはどうでしょうか??

白井さん、本田さん、10月7日から始まる25周年全国ツアー、頑張ってください!!白井さんのお望み通り、花ではなく、ワインをもって参上します!!
[PR]
by isolabella2005 | 2006-09-09 00:45 | インフィオラータ
<< 現役引退表明!? ネット詐欺事件に巻き込まれた!! >>


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧