島とバラ色の生活



北海道珍道中④ 丹頂鶴はやっぱり美しかった!!

北海道最終日の今日は、朝9時にホテルを出発、
丹頂鶴を求め約200km離れた釧路近辺まで南下した。

丹頂鶴がよく訪れる場所としては鶴居村の
「伊藤タンチョウサンクチュアリ」と、
「阿寒国際ツルセンター(阿寒丹頂の里)」が有名である。
僕が20数年前にビデオ制作で訪れたのは後者でった。

途中、霧の摩周湖に立ち寄ったが、
今日は全く霧はなく、布施明の世界に浸ることはできなかった。
しかし斜里岳を背景とした摩周湖は美しかった!!

残念なことに「伊藤タンチョウサンクチュアリ」は
火・水曜日は定休ということで、屋外観察所から撮影。
しかしまだ午前中ということもあり、丹頂の数はまばらだった。
そこで40km離れた「阿寒国際ツルセンター」へ移動。
さすがににここは丹頂鶴が集まる場所として有名なだけあり、
多くのカメラマンで大賑わい!!でも半数が外国人??
よ~く耳をすますとフランス人が多いような・・・?
そしてここには丹頂がいました!!白鳥も!!?
白鳥がカメラ席の前を陣取っているためちょっと邪魔。
「自分達の方が美しい!!」と言わんばかりの自己顕示??
f0000593_0272555.jpg


ここでは丹頂鶴達の舞や、飛び立ち、
また舞い戻りといたれりつくせりのポージング!!
いつ見ても丹頂鶴の舞、そして飛ぶ姿は美しい!!
しかし現在、日本では北海道の東部に生息し、
湿地・湿原で繁殖、越冬している野生の丹頂鶴は約1000羽。
いまだに絶滅の可能性がある生物とされているのが現状である。
今回道東を1周したが、あまりにもの雪の少なさに驚いた。
流氷も今年は少ないらしい・・・
昨日港一面を埋め尽くした流氷は、
今朝にはほとんど港から消えてなくなってしまった。
地球温暖化は、こうした生物の生態系にも大きな影響を及ぼす
ことは必至である。
いつまでも変わらず、この美しい丹頂鶴の姿を見ていたいものだ。

知床の流氷、摩周ブルーの摩周湖、そして丹頂鶴・・・
美しい北海道の自然を楽しませてもらった3日間であった。
そして町おこしイベントを盛り上げるウトロの人たちの
“元気”にも感動した。
(オーロラファンタジーは言うまでもないが、今回特に感動
したのは、地元漁師の若い衆が運営する流氷ウォーク。
120%以上満喫できるスーパーガイドでした)
そしてクライマックスはやっぱり買い物・・・
阿寒湖のアイヌコタンで、アイヌ雑貨を買いまくり・・・
またまた八丈島の我家のコレクションが増えてしまった。

丹頂鶴は1度生で見られることをおすすめします!!
感動間違いなし!!!!
f0000593_0274998.jpg
f0000593_028271.jpg
f0000593_0281811.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2007-02-28 00:28 | その他
<< 最悪の組合せ・・・ 北海道珍道中③ オーロラファン... >>


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧