島とバラ色の生活



今夜はカノープスがよく見える!

カノープスという星を知っていますか?

カノープスとは南極老人星。
冬の夜空、南の地平線ギリギリにほんの少し顔をのぞかせる
星のことをカノープスといいます。
古代中国では「南極老人星」と呼ばれていて、
七福神の一神「寿老人」と同一視され、
この星が見られると長生きができてめでたいと喜ばれていました。

カノープスは、天の南極に比較的近いところにあるので、
日本からは南の地平線ぎりぎりにしか見ることができません。

しかしこのカノープス・・・
僕の家の庭からははっきり見えるのです。
水平線からちょうど5~6度の高さのところに明るく輝いています。
この位置に見られる星は他にはないので、
1つだけくっきりと見えるのです。
そして今夜はきれいに輝いていました。

ちょうど日記を書き終えて星でも見ようかな?と
外にでたら目の前に輝いていたので思わず追記しちゃいました。
まるで海面に浮いているようで不思議な星です。

f0000593_23541349.jpg


※写真、及び一部紹介分は「cafe カノープス」より引用
[PR]
by isolabella2005 | 2007-04-05 23:54 | 八丈島
<< ブラッド・ダイアモンド パスタの天才! >>


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧