島とバラ色の生活



カテゴリ:ダイビング( 8 )


またひとつ思い出の品が。。。

またひとつ思い出の品が、僕の日常から消えることになった。

20年ほど前、仲のよかった女の子とお揃いで買った
TAG HEUER(タグホイヤー)のダイバーウォッチ。。。
1度故障し、高い修理代を払って直したものの、またまた故障。。。
今度は修理だけで7万円以上もかかるという見積もりがきた。
当時は20万円近くした時計だが、今なら10万円もせずに新品が購入できる。
いくら思い出深い時計と言っても、
20年近く使った時計に7万円もだして修理するのはばかばかしい。。。
別にフォーマルな時計はあるのだが、
島人になってからというもの、あまりスーツを着る機会もなく、
またカジュアルな格好にはちょっとミスマッチ。。。
なのでほとんどそちらの時計は使用する機会がない。
(年に数回、プレゼンの時か、パーティにでる時ぐらい??)

ということで、新しいダイバーウォッチを買うことにした。
そろそろ海のシーズンが始まるし、ダイバーウォッチは必需品である。
そこでネットでいろいろ探し、やっとお気に入りを発見!!
それはオメガ・シーマスターシリーズの「アプネア・マイヨール」。
f0000593_0284019.jpg

素潜りの世界記録樹立者『ジャックマイヨール』とのコラボレーションから誕生したダイバーの為のスペシャルウォッチなのだ!!

『ジャックマイヨール』と言えば、
映画「グランブルー」を見て以来、大ファンとなってしまい、
それに影響されてか、しばらくはダイビングのライセンスはとらず、
素潜りに徹していたほどであった。
小笠原・西表島・宮古島・ハワイ・ニューカレドニア等々。。どこでも素潜り!!
でも今思えば、もたいないことした。。。
タンクしょって潜ればよかったな~

話は横道にそれまくっているが、
そういうことで、思い出の時計がその役目を終わらせることとなったのだ。
いっしょに買ったあの子は、まだ使っているのかな~
なんてセンチな気持ちにもなるが、
今思えば、彼女はダイビングなんてやらないのに、
なぜダイバーウォッチを買ったのだろうか??
もしや、ダイバーウォッチというもの自体を知らなかったのかもしれない??
そう考えると、やっぱり当時はバブリーな時代だったんだな~??

さてさて、次はどんな思い出の品が、その役目を終わらせるのだろうか?
[PR]
by isolabella2005 | 2008-04-23 00:28 | ダイビング

2ヶ月ぶりのナズマド、初めてのオキゴンドウ!

昨日は朝早く起きれたらダイビングに行こうと思っていたのだが・・・

8:45。電話のベルで目だ覚める。
何事?と思い電話にでるとレグルスダイビングのMさんからだった。
「今日、どうされますか?」
「今、起きたとこなんですが・・・何時ですか?」
「9時15分前です。じゃあ間に合いませんね。
午後から1本潜りますか?ナズマドいい感じですよ!」
「午後から行きます・・・」

誘惑に負けてしまった。
朝起きれなかったらダイビングは諦め、
八丈富士の頂上まで登ろうと思っていた。
8月下旬に広告代理店の友人と潜って以来2ヶ月ぶりである。

午前中は庭の植木の手入れをし、お昼過ぎにレグルスへ。
女性のお客さんと2人で潜ることとなった。

水温は23℃。海はまるで湖のようなベタベタの凪ぎ。
しかし水中の透明度はあまりよくない・・・20mくらい?
バディの女性が初めての八丈島ということで、 島の魚観察ということになった。

ナズマドは八丈ならではのユウゼンや海亀が多く見れるポイント。
ユウゼンはよく見ることはできたが、海亀は1匹だけ。
しかし2ヶ月ぶりのダイビングは気持ちがよかった。
まだまだウェットスーツ1枚でも全然寒くない。

約45分の海中散歩を終え駐車場に戻ってくると・・・!!
沖の方で何やら飛び跳ねている・・・オキゴンドウだ!!
それもすごい数の群れ、100匹以上いるという!!
ブリーチングの嵐だ・・・いっしょに泳ぎた~い!!
八丈に移住して1年10ヶ月、初めて見た・・・感動!!
文中の!!の多さが、僕の興奮度を表している。

オキゴンドウは体調6m、体重1500kgにも達する、マイルカ科に属する生物である。
シャチに似ていることからシャチモドキとも言われるが、
実はシャチと同じようにクジラやイルカを捕獲し食べるのである。
その反面、人間にはなつきやすく、八景島シーパラダイス等でのショーでも知られている。

いや~ほんとダイビングに行ってよかった!!
早起きは三文の徳というが、
昨日の僕は朝寝坊は三文の徳であった。

レグルスのみなさん、ありがとうございました!!

そして夕食に作った「トマトとサバのパスタ」、これも大成功!!
新たなマイレパートリーが増えました!!
[PR]
by isolabella2005 | 2006-10-23 11:47 | ダイビング

はじめての水中写真公開!

なんと・・・楽しみにしていたイタリア出張が急遽延期となってしまった・・・残念!!なんでも新しく変わったジェンツァーノの市長との様々な調整がつかず、時期を改めることとした。1回行けば100万円近くかかってしまうので、無駄足になるのであれば無理をする必要もないだろう。会社も設立したばかりだし経費削減!!ということで、9月はあまり島に戻れないと思っていたが、なんとか戻ってこれそうな気配となってきた。まあ旗振り選手権とモーツァルトのオペラはしばらくお預けだが・・・。

さてさて先日、A広告社のプランナー土屋氏とともに潜ったナズマドの写真データが送られてきた。(余談ではあるが彼はまだ社会復帰ができていないようだ。ダイビングの写真はしっかり送られてくるのだが、肝心の仕事のデータは添付されていなかったり、違うデータが添付されていたり・・・結局4回目のメールでやっと必要データが送られてきた始末である)前からダイビングの時は水中写真を撮りたいと切望していたのだが、中々実現できなかった。しかし今回やっとバディの土屋氏がカメラを持参し念願の撮影をすることができたのだ!!自分で撮影したわけではないが、記念すべき水中写真第1弾である。
まずは海底10m地点でハイ、ポーズ!
f0000593_2314282.jpg

前にも書いたがこの日は潮の流れが早く、まさに歩伏前進ダイビングであった。しかし透明度は抜群!45mの透明度であった。ガイドは僕のインストラクターであるレグルスの水谷さん。ライセンスをとってから初めていっしょに潜る・・・正直言って緊張。教わったことを結構忘れている。案の定、最初のセッティングからミスだらけ・・・覚えが悪くてスミマセン!!
この日は「ユウゼン」によく出会った。八丈島と小笠原でしか見れないと言う貴重な魚。体の模様が「友禅」のようなので「ユウゼン」というらしい。こいつらは近くによっても餌を食べることに夢中なのでじっくり観察できる。本当にきれいな魚である。
f0000593_2385697.jpg

続いての運命的な出会いは「ツバメウオ」。やつは何故か僕に一目惚れしたらしい・・・雄か雌かは定かでないが・・・。突然僕らを見つけるや遠くからダッシュで近づいてきた。その後、写真のようにダイビングをしているほとんどの時間、僕に寄り添って泳いでいたのだ・・・。振り向くといつも後ろにいる、なんてつつましやかな奴なんだろう。
f0000593_23175826.jpg

f0000593_23184865.jpg

約45分間のダイビングであったが、潮の関係か、ガイドへの緊張感か・・・いつもより疲れた。まだ八丈島では5ヶ所のポイントしか潜っていないが、やはりナズマドが一番魚の数が多い。僕は午後はガキンチョとの卓球の練習で同行できなかったが、土屋氏は午後もナズマドへ行き、磯マグロに出会ったと言っていた・・・羨ましい!!
大森君!どうだい?八丈島はいいだろう?今度は是非ダイビングのライセンスを取っていっしょに潜りましょう!!
f0000593_23254627.jpg

最後にバディの土屋君とのツーショット!ナイスな写真をありがとう!!また、おいで!!
[PR]
by isolabella2005 | 2006-08-23 23:27 | ダイビング

はじめてのダイビング

6月初旬に半ば強引にダイビングのライセンスを取得、月1~2回は潜ろうと密かに計画をしていたのだが、会社を設立することとなり、その準備や資本金の用意等で計画倒れとなってしまった。このままではペーパーライセンスとなってしまう!!と不安をつのらせていたのだが、今回僕と同じほぼペーパーライセンス状態の友人Y氏が遊びにきたので、この機会にと2ヶ月ぶりに潜ることとなった。
お馴染みの“レグルスダイビング”に朝9時に集合・・・これはかなりきつい。しかしここ数日天気は最高にいい・・・まさしくダイビング日和!!今日は午前・午後の2本エントリーする予定で、午前中はナズマド。ナズマドはライセンス取得時の実習で2回潜ったが、魚の多い八丈島を代表するポイントである。波は全くなくまるで湖のような状況・・・スペシャルガイドの加藤さん曰く、水中の透明度も30mだという。ここは海亀との遭遇が最も期待できるため、僕のお気に入りのポイントである。潜ること10分・・・いきなり海亀登場!!僕らのまわりを優雅に泳いでいる。近づきスキンシップを図ろうとするのだが、寸でのところでかわされる・・・中々の俊敏さ、ウサギが負けるのも納得できる。しばらく潜行するといきなり加藤さんがピッチをあげる・・・慌ててついていくと、なんと海亀が寝ている・・・そしてついに念願の海亀とのスキンシップに成功!!こんな間近で海亀と対面できるなんて、今日は本当にラッキーである。最後に熱い握手を交わし別れた。その後も何度か海亀に遭遇、本当にナズマドは海亀が多いポイントである。加藤さんのスペシャルなガイドであっという間の水中散策であった。
午後からの2本目は、もう1度ナズマドにしようか、別のポイントにしようか直前まで悩み、魚より八丈島の地形を楽しもうと乙千代ヶ浜を選んだ。ここは僕の家からも近い島で人気の海水浴場である。実は昨日もここでシュノーケリングを楽しんだ。すると偶然にも中学時代の卓球部の友人と15年ぶりぐらいに再会!!びっくりである。当然ながら早速今夜練習場に来てもらいガキンチョ達の相手をしてもらった。乙千代ヶ浜にはなんと30mの海底トンネルがあるというのだ。期待を胸に加藤さんの後を着いていくと、そこは普段僕らがシュノーケリングをする場所の真下だったのだ・・・こんなところに海底トンネルが・・・。30mというのは中々迫力である。ここでは暗い場所を好むアカマツカサやテリエビスという魚が集まっている。すると加藤さんが石の下から何やら発見!!イソギンチャクを背負った大きなソメンヤドカリである。僕はバディのY氏に手渡そうと手のひらに乗せた瞬間、中指をハサミで挟まれてしまった。これが飛び上がるほど痛い!!手のひらサイズの結構大きなヤドカリなので当然ハサミもでかい!!幸い切れなかったのでよかったが、今度は軍手ではなくグローブを買うことにしよう。
黒潮が入ると透明度が抜群によくなるということだが、今日は本当に高い透明度であった。夏の間に是非もう1度潜りたいなと思うのだが、果たしてどうなることか・・・??講習でも感じたが、本当にレグルスの皆さんは親切丁寧な対応でありがたい。これからもよろしくです!!
9月5日からは久しぶりにイタリアへ出張。今回はインフィオラータの街ジェンツァーノとイタリア旗振り選手権を見にトスカーナを訪問する。そして今回はモーツァルト生誕250周年で賑わうオーストリアにも立ち寄り、モーツァルトオペラでも見てこようと企んでいる。音楽の都オーストリアは初めて訪れる国、楽しみである。
[PR]
by isolabella2005 | 2006-08-05 01:53 | ダイビング

夢の島暮らしストーリー番外編最終回

今日も島はいい天気!風もなく夏の陽気である。今日は関東地方も真夏日だったようで、静岡で34℃だったとか・・・。そんな気候のせいか、今日は午後から最後の講習を受ける予定だったが、急遽午前中に変更してもらった。(本当にわがままな客!)既に昨日学科が受かっているため、気分は講習というよりダイビングだ!!
「今日はどちらで??」
「今日は底土です。」・・・底土とはレグルスから歩いても行ける、島で最もポピュラーな海水浴場である。20数年前、死にそうになった場所だ。準備を終え車に乗りこみ1分で到着・・・エントリーの場所までタンクを背負って歩く・・・重い。。。すると左側に忘れもしない景色が見えてきた・・・そう!この場所だ!!ここでボートが漂流し死にそうになった・・・そしてこの岩場に飛び移って助かった・・・いやな思い出が鮮明に思い出されてくる。八丈に移住し1年半たったが、本能的にこの場所には近づかなかったのに、ついに来てしまった・・・。
欝な気分を抑えつつエントリー・・・そしてテトラポットを超え外洋へ。今日の講習はコンパスの使い方であった。水底に潜行し先生から「それではコンパスを使って・・・」、するとさっきまで左手にしていたコンパスがない!正確に言うとベルトはついているがコンパスだけないのだ・・・一体どこで落としたのだろうか?結局先生のコンパスを拝借し行うこととなった。最後は先生の気の効いたご配慮で、素敵なポイントへと海底散歩・・・噴火でできた海底のアーチである。昨日のナズマドでも小さなアーチをくぐったが、底土のアーチは大きい!!アーチをくぐってグルッと1周・・・いい想い出になりました。
僕は昔から素潜りで潜って、獲物を探すのが得意であった。今日もしっかりとなくしたコンパスを発見し回収することができた。
これで「オープン・ウォーター・コース」のすべてのプログラムを終了!今日から晴れてダイバーとなることができた!!ちょっと気に入らないけどライセンス用の写真も撮り、仮のライセンスカードももらった。後は写真付のライセンスカードがPADIから送られて来るのを待つばかりである。今回の講習で島の4つのポイントを潜ったが、やっぱりNo1はナズマド。だからダイバーとして最初のダイビングはナズマドと決めた・・・ということなので、レグルスの皆さん、よろしくね!
これから鬱陶しい梅雨が始まる。そして梅雨が終われば待ちに待った夏である。今年の夏はなんだか楽しそうだ!!(やっと寝室にクーラーが入ったし!!)
先生!そしてレグルスの皆さん!ありがとうございました。お世話になりました!!
[PR]
by isolabella2005 | 2006-06-02 00:12 | ダイビング

夢の島暮らしストーリー番外編③

今日はこちらはよい天気!!ということで、今日は午前・午後と計2本の海洋実習を受講することにした。限定水域では神湊、初日の海洋実習は八重根、さて今日はどこで潜るのだろうか?もしやナズマド??期待を胸にレグルスへ向かう・・・
「おはようございます!今日はどこで??」
「ナズマドに行ってみようと思うんですが・・・状況次第では八重根になるかも?」
そそくさと機材セッティングを終わらせ、ウエットスーツに着替えると、オーナーの加藤パパも着替えている・・・それも高そうなカメラまで持って・・・。ナズマドは永郷という場所にある八丈島の人気スポットだ。なんでも海がめの餌場で、よく出会えるらしい。海がめフリークの僕としては格好のスポットである。そしてこのナズマドは、かつて僕の島暮らしの夢を最初に叩きつぶしてくれた恨めしい物件の近くでもある。
潜行してみると、ナズマドは今までのような湾とは違い外洋だけあり、なんだか空間が広く感じる。魚の数も種類も全然違ってはるかに多い。泳いでいると一体自分はどこにいるのかわからなくなってくる・・・その上潮の流れも速いし・・・。先生がいなかったら今頃遥か彼方へと流されていたことであろう・・・「海猿」の三島君のように。潮の流れというのはあんなにパワフルなものだとは知らなかった。午前中は小笠原と八丈島でしか見ることのできない「ゆうぜん」をじっくり鑑賞、午後は念願の海がめにも2回も遭遇・・・その上、2m近い巨大うつぼが目の前をクネクネと通り過ぎる等等・・・素晴らしい海の中の1ページを堪能することができた。大満足!!
そこで気分が乗っている内にと勉強も半ばに学科試験を受ける決意をする。一応朝問題集を解いて持っていったところ“ノープロブレム”!自信を持って挑んでみたところ、なんだか様子がおかしい??素直に問題が解けない・・・その上ダイブプラナーを使った計算問題も予想外に多い。最後の方は開き直り、金曜までに3回受ければ受かるだろうと、言い訳ならぬ諦めの境地となっていた。・・・しかし!!なんと合格!!それも合格ラインスレスレで・・・。これで明日後1本海洋実習をすれば晴れてピンポンダイバーの誕生である!!明日はプレッシャーもなく、気持ちよく講習をうけることができそうだ.これもすべて先生のお陰でございます・・・ありがとうございました。
夜は2週間ぶりに島に帰ってきた一勝さんと久しぶりの飲み会。くさやに刺身に海鮮天ぷら、締めにはんば飯・・・いつもながらの美味しい料理とビールが、今晩はいつも以上に美味しく感じられたことは言うまでもない・・・ご馳走様でした!!
下の図が今回の講習ポイントです。
f0000593_0575422.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2006-06-01 01:03 | ダイビング

夢の島暮らしストーリー番外編②

ダイビングの講習は限定水域を1日で終了し順調に進むと思えたのだが・・・あの日以来、天候が崩れ、中々海洋実習に進むことができない。しかたがないので家でテキストとDVDを見ながら自習・・・テキストだけだと5ページも進むと睡魔の誘惑に導かれるのだが、DVDだと30分間は起きていられる。だいたい30分間見ていると1章分が終わるので、5回見れば1冊分読んだことになる。これは便利だ!!しかし第4章のダイブプラナーで挫折してしまった・・・別に難しい話ではないのだが、数字がでてくると頭が拒絶反応を起こす。よくできたものでその瞬間睡魔が襲う・・・この部分はあきらめて今度先生に教わろうと楽な方へと敵前逃亡!!高校2年生までは数学は大の得意だったのに・・・あの頃の僕はどこに行ってしまったのだろうか??
今週は中盤から天気が良くなるとの予報だったので、水・木曜日で海洋実習を終わらせ、木曜日の夕方に試験にチャレンジ、不合格でも金曜日が丸1日予備日となるので、無理やりでも今週中にはライセンスが取れるスケジュールを組んだ。これが僕のライセンス獲得に向けた“ダイブプラナー”である!!ところが今朝いきなりインストラクターの先生から「今日できますよ!」と嬉しい連絡が入った。それではとスケジュールを1つ繰り上げ、今日の午後から海洋実習を始めることにした。
今日のポイントは八重根。東海汽船の待合所のすぐ横の湾である。ロープづたいに海へ入り、いざ潜行!!限定水域では3mほどの潜行だったが、今日は10m以上潜行するらしい。先生の後ろにつき、ゆっくりと潜行していく。するといきなり目の前にとぼけた顔をしたでかい魚が現れた。人をなめたような目でじっとというよりはボーと見ている。「な、なんだこいつは?!」と話せないので、ハンドシグナルというよりは“手振り”で質問・・・あれが「石垣ふぐ」なんだとか・・・。その後もクマノミの卵や幽霊のような魚、3の字等等、素潜りでは見たことのない世界を満喫させてもらった。今日は約40分間のダイビングで17mまで潜った・・・完全にはまってきた・・・明日は快晴との予報、今度はどこで潜り、どんなやつらと出会えるのか・・・楽しみである。意地を張らずに、もっと早くライセンスをとってればよかったな~と後悔している今日この頃である。
[PR]
by isolabella2005 | 2006-05-31 01:06 | ダイビング

夢の島暮らしストーリー番外編

折角島に移住し、きれいな海に囲まれているのにダイビングのライセンスを持っていない・・・。今までは「タンクに頼って潜るなんて邪道だ!やっぱり自然と一体となった素潜りでしょ!!」なんて言い訳をしていたが、2年目の夏を目前に「やっぱり島ではダイビングでしょ!!」と素直な気持ちになることができた。(これも島のお陰?)
そこで卓球の教え子の父親がやっている八丈島のダイビングショップ「レグルス」にお願いし、“オープンウォーターコース”というコースを申し込んだ。しかしこの“オープンウォーター”、ネーミングがちょっと気になる。昨年見た同じタイトルの映画が記憶に新しい。カップルが休暇でダイビングに行き、水中から戻ったら置き去りにされていたという内容だ。その後翌日まで気づかれず力尽き果ててしまう・・・まあ、個人レッスンのようなので置き去りにされることはないと思うけど・・・とりあえずインストラクターの先生には嫌われないよう終始笑顔で努めよう。
GWに申し込んだのだが、中々仕事が途切れず、今回やっと受講するスケジュールがとれた。やるなら一気におわらせないと!ということで今日は午前・午後の2回の限定水域での実習を受けた。予めテキストも少し読んでおいたのだが、一番参考になったのは「海猿」のDVDであった。今日教わった内容、実は結構「海猿」の中で行われていたものが多く、まるで自分が“仙崎”にでもなったような気持ちで受講することができた。特にバディ・ブリージングの時なんかは、「海猿」のクライマックスがよみがえり、女性インストラクターなのに、「三島!頑張れ!!」なんて心の中で叫んでいた!しかし今日1日で4時間の講習を受けたが、覚えることが実に多い。本当にダイビング中にこんなトラブルが発生したら対応できるのであろうか??ちょっとというか結構不安である。後は経験を積んでいくしかないのだろうけど・・・次からはいよいよ海洋実習・・・天気がよければいいのだが・・・。いずれにしても学科試験が僕にとっては一番問題なので、これは最後に受けるとしよう。どうしても本を読むと眠たくなるくせが直らない・・・昨日もテキストを呼んでいたら5頁くらいで既に居眠りをしていた。僕にとってはこの258頁のテキストを読破することが一番の難問だ。
梅雨になるまでに、目指せピンポンダイバー!!先生、よろしく!!
[PR]
by isolabella2005 | 2006-05-26 21:24 | ダイビング


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧