島とバラ色の生活



カテゴリ:インフィオラータ( 155 )


Flower's Yell 募金のお願い

被災地に10万本のバラの花をおくるプロジェクト「Flower's Yell」。

f0000593_18453623.jpg


GW中は石巻~名古屋~汐留~越谷~二本松でインフィオラータを創作するとともに、
募金&応援メッセージの呼びかけも行ってきました。。

お陰さまで1週間で332,914円の募金と、
8枚の応援旗にたくさんの応援メッセージが集まり、
そのうちの1枚は5月8日に二本松の避難所に届けてきました。
ここではカレッタ汐留様から寄付していただいた
4,000本のバラで2枚のインフィオラータを
避難所の子供達40名といっしょに創ってきました。。

f0000593_18455612.jpg


また4月29日には八丈町から寄付していただいた
1,500本のフリージアを持って、
浅葉克己さん、白井貴子さんとともに石巻の避難所他に届けてきました。

f0000593_1846162.jpg



「Flower's Yell」というプロジェクトは、
このように皆様から寄せられた募金をバラの花に変え、
被災地等の避難所や病院、学校等に直接届け、
様々な形で被災者の方々に花に接してもらおうという企画です。
そして来年の春までに10万本のバラを届けることを目標としています。

またお届けするバラは、被災地のバラ農園にもお声掛けをし、
可能な限り被災地のバラを使用していく予定でいます。
既にカレッタ汐留のインフィオラータでは、
宮城県のバラ農園から2,000本のバラを購入させていただきました。

しかしながら当プロジェクトは、
皆様の協力なくしては継続していくことは難しく、
活動主旨にご賛同いただける方には、募金のご協力をお願いしています。。
当ブログをご覧いただいた皆様にも、ご協力いただければ幸いです。

「Flower's Yell」の活動予定・報告、及び報道実績は、
下記facebookにて更新しています。
(時々僕個人のfacebookにリンクされる場合がありますが。。。)

http://www.facebook.com/profile.php?id=100000191578846#!/pages/Flowers-Yell/122907007785319

また下記公式HPでもご覧いただけます。

http://www.infiorata88.com/flowersyell/


次回避難所にバラを届けるのは6月中旬を予定しています。
次回は宮城県・岩手県の被災地に2~3万本のバラをお届けします。
(お届けする避難所・病院・学校につきましては、現在現地と調整中です)
ご協力よろしくお願いいたします。


「Flower's Yell」募金用口座
※下記口座にて受け付けています

•三菱東京 UFJ銀行 下北沢支店
•口座番号:(普) 0141700
•口座名義:フラワーズエール

・ご利用金融機関が設定する振込み手数料がかかりますので、ご注意下さい。
・本口座への募金は寄付金控除の対象ではありません。
・寄付金受領書の発行はいたしかねますので、ご了承下さい。
[PR]
by isolabella2005 | 2011-05-16 18:46 | インフィオラータ

GWのインフィオラータ。。

怒涛のGWが終わり、ほっとひと息の今日この頃。。
社員が4人増え人口密度が一気に高くなった事務所を、
そろそろ引っ越そうかと、業務に追われる社員の姿を横目に、
朝から晩までネットで物件探しをしている。

もちろん下北沢から離れる気は全くなく、
下北沢駅から周囲500m以内で探しているのだが、
なかなか条件のあう物件に出会えない。。。
ところが今日の夕方、超お気に入りの物件を発見!!
明日の朝一番で問い合わせて、気にいったらそこに決めようと
既に気持ちは固まっている。。あそこなら仕事に集中できそうだ!!


さてその怒涛だったGW。。
僕は石巻~名古屋~東京~二本松と現場を渡り歩いて来たのだが、
会社のスタッフも大阪だ、名古屋だ、埼玉だと各地に散らばっていた。。
僕が担当した案件は、既にこのブログでも紹介してきたのだが、
今回は僕が顔をだせなかった各地の模様を紹介したいと思う。。

大阪では2会場でインフィオラータが行われた。

今年で7回目となる「なんばパークス」。
例年は秋の開催だったのだが、今年はGWに時期をずらして開催。。
今年は4枚のインフィオラータを100名の参加者といっしょに創作!!

f0000593_6485579.jpg


f0000593_649596.jpg


GW中盤からはNHK大阪で。。
「BKワンダーランド」というNHK大阪のイベント会場内にて、
ワークショップ形式で開催。。
なんと9㎡の作品づくりに2日間かけ、のべ850名の参加者といっしょに創作!!

f0000593_6491731.jpg


f0000593_6492767.jpg



このGWにアウトレットがオープンして話題だった埼玉のイオンレイクタウンでは、
Kaze、Mori、Outletの3会場でフラワーズエールを開催。。
各会場ではインフィオラータを創作するとともに、
応援旗を設置し多くの応援メッセージを書き込んでもらった。

f0000593_6494718.jpg


こちらのインフィオラータはバラではなく、
すべてカーネーションの花を使って創作した。。

Kaze会場
f0000593_650188.jpg


Mori会場
f0000593_6501323.jpg


Outlet会場
f0000593_6502370.jpg



そしてこちらはインフィオラータではないのだが、
このGWから販促業務を行うことになった
錦糸町のオリナスという商業施設で行われたGWイベント。。
GW期間中、ワークショップを中心に様々なイベントを展開。
特に人気だったのは「デコパッチ」のワークショップ。。

「デコパッチ」は、フランス生まれのデコレーションツール。
薄い紙をちぎってのりで貼るだけで、
手軽で簡単に自分だけのオリジナルを作ることができる。
木・ガラス・金属、平面から球体まで素材や形を問わず、
家にあるものにひと手間加えて使うことができる実用性の高いツールである。

今回はこの「デコパッチ」を使って、オリジナルパンダを創作!!

f0000593_6504676.jpg


f0000593_6505570.jpg


f0000593_651449.jpg


オリナスは今夏も様々なイベントを行っていくので、
是非遊びにいらしてください!!
詳細はまたブログでお知らせします。。

と、こんな感じで自粛ムードの中にも関わらず、
お陰さまでいろいろ声をかけていただいた。。
昨日もGW前に声をかけていただいた企画コンペの受注の知らせが届いた。。
そんなことで、これからは夏に向けた仕込みと、
6月に実施するフラワーズエール活動の準備に追われそう。。
6月には第1弾として約3万本のバラを被災地に届けてくる。
先日二本松では、避難されている方々と一緒に
インフィオラータを創作し大変喜ばれたので、
避難所でインフィオラータのワークショップをやってもいいかな??
また応援団の白井貴子さんやチェブラーシカとも、
避難所の皆さんに喜んでいただける作戦を
いろいろ考えているので、実現に向けて準備を進めなければ!!

そんなことで、今日から2週間ぶりに八丈島に帰島。
ちょっとGWの疲れをとりながら、
夏に向けた新しいアイデアを考えてきます。。
ちょうど今日から島は天気もいいようなので、島の初夏を満喫してきます!!
[PR]
by isolabella2005 | 2011-05-13 06:51 | インフィオラータ

Flower's Yell 名古屋でもエール!

被災地に10万本のバラの花をおくるプロジェクト「Flower's Yell」。
このGW中、名古屋の星が丘テラスからもエールがおくられていた。。

星が丘テラスでのインフィオラータは今年で4回目。
もうGWの恒例行事となったのでは??
そして今年のインフィオラータでは、フラワーズエールの活動に賛同をいただき、
フラワーズエールをテーマに大々的に行われることとなった。。

星が丘テラスは東山動物園の近くにある、
高感度なブランドが軒を連ねるファッションビル。。
坂道に合わせて造られた“だんだん畑”のようなテラスは、
まさにインフィオラータのためにあるようなスペースだ。。
今年は4回目にして初めて、5面のテラスをすべてを花びらで彩った。


4月29日にスタッフがカラーサンドでタイトルを創り、
4月30日には50名の参加者とともに、
1万本のバラを使い3枚の花絵を創作した。

デザインのテーマは「世界が日本を応援している」。。

50名が一斉に創るシーンは、さすがにアイキャッチとなる。。

f0000593_0161711.jpg


約2時間半で3枚の花絵が完成!!

f0000593_0163164.jpg


f0000593_0164131.jpg


f0000593_0165257.jpg


完成後30分も経たないうちに、
1枚目の絵が子供に破壊され、自ら修復作業をするはめとなってしまったが、
なんとか1時間ほどで修復も完了した。。

また期間中のイベント開催時には、
近隣の椙山女学園大学の学生がボランティアで
募金の呼びかけを行ってくれた。。

f0000593_0171349.jpg


“女子大生”という響きに魅かれ、僕も思わず募金。。。
応援旗にもメッセージを書かせてもらった。

f0000593_0172312.jpg


星が丘テラスのインフィオラータは8日で終了。。
被災地から600km離れた名古屋からも、
たくさんの温かいエールがおくられた。。
[PR]
by isolabella2005 | 2011-05-10 00:17 | インフィオラータ

Flower's Yell 二本松の避難所にバラを届けてきました!

被災地に10万本のバラの花をおくるプロジェクト「Flower's Yell」。
今日はその第1弾として、JICA二本松の避難所を訪ねてきた。

この避難所には現在約160名の方が避難されていて、
そのうち100名が南相馬市から避難されている方だという。。
子供の数も多く中高生以下が40名も避難している。


JICAはグローバルフェスタやアフリカン・フェスタでお世話になっているのだが、
まさか今回こんな形でお世話になるとは思わなかった。。

今回はカレッタ汐留からフラワーズエールの花絵メンテナンス用に用意していた
バラ4000本を提供いただき、急きょ避難所に届けることとなった。
しかし金曜日に実施を決定し、この土日に実施したいという
わがままな希望を受け入れてくれる避難所は皆無だろうと予想していた。
しかしフラワーズエールの主旨を説明したところ、
今回のおくり先となったJICA二本松が了解してくれたのだ。。

その上、時間のない中、館内告知のチラシを作成してくれたり、
避難されている方々に呼びかけてくれたりと、
担当の本村さんには何から何までお世話になってしまった。。。感謝です!


JICA二本松では、切り花を皆さんに配るのではなく、
体育館に2枚のインフィオラータを創るワークショップを行った。
創作する作品は浅葉克己さんと白井貴子さんの作品。。

午後1時30分。。
体育館には子供達を中心にたくさんの方々が集まってくれた。
特に嬉しかったのは、階段が長くきついことから、
避難されてから1度も体育館に来れなかったお年寄りが
初めて体育館に来てくれたこと。そして花絵づくりに参加してくれたこと。。
これはJICAのスタッフもびっくりしていた。。
こんな風に避難されている方々が、
僕らの活動を通じて、一歩でも前進してくれることがうれしい。

指導スタッフとしてボランティアで参加してくれた仕事仲間の矢澤君。。
子供達に花絵づくりを一生懸命教えてくれた。。
さらに移動用の車まで提供してくれた!!ありがとう!!

f0000593_1235914.jpg


どんどん参加者も増え、30名以上の参加者で盛り上がった!!

f0000593_124985.jpg


一番大変な浅葉さんの作品の文字づくりは、コハラさん家族が担当。
キメの細かい作業をたんたんとこなしてくれ、完璧な出来上がりに!!
初めてやったとは思えないテクニックに感心してしまった。。

f0000593_1242177.jpg


カレッタ汐留で寄せ書きしてくれた白井貴子さんの応援旗を寄贈。

f0000593_1243133.jpg


そしてなんと2時間で2枚の作品が完成!!
たくさんのメディアも駆けつけてくれ、みんなで記念写真の撮影。。
明日は新聞各紙に掲載される模様!!
この写真が掲載されるといいんだけど。。。

f0000593_124427.jpg


ドタバタと3日間で実施にこぎ着けたが、
とてもいい感じで終わることができた。。
最初は完成後にすぐ撤去する予定だったのだが、
しばらく展示してくれることになったし、
何よりもみんな楽しんでくれたのがよかった。。
そしてたくさんのメディアを通じて、
避難所の人たちも元気に頑張っている姿を紹介することが、
今回のプロジェクトのもうひとつの意義でもある。
是非明日の各紙の朝刊を期待したい。。

JICA二本松の皆さん、避難所の皆さん、
そして手伝ってくれたスタッフの皆さん。。
お疲れ様でした!そしてありがとうございました!!
6月の本スタートに向け、頑張ります!!
[PR]
by isolabella2005 | 2011-05-09 01:24 | インフィオラータ

Flower's Yell カレッタ汐留。。大応援団!

被災地に10万本のバラの花をおくるプロジェクト「Flower's Yell」。
先日行われたカレッタ汐留では、このプロジェクトの応援団が集結してくれた!!

3日のインフィオラータ制作日には、
今回応援メッセージをデザインしてくれた
イラストレーターの田代知子さんが駆けつけてくれて、
朝から完成まで、参加者の皆さんといっしょに作品づくりをしてくれた。
お陰さまで素晴らしい作品に仕上がったことは言うまでもない。。

またこの日は10年間インフィオラータを開催してきた
晴海の自治会の人たちや参加者も手伝いに来てくれた。。
ありがたいことだ。。なので作品の出来も素晴らしかった!!
まさか町会の会長まで来てくれるとは思わなかったのでびっくり!!

そしてなんとチェブラーシカも登場!!
今回地下1階にチェブラーシカのメッセージもインフィオラータで制作。
なんとその制作にも立ち会っていたとか??実はファンのブログで発見。。
チェブラーシカはなんと3日間連続で応援に駆けつけてくれた。。


2日目はアーティストが大集結!!
まずは男性デュオグループ「月の203号室」。
優しいメロディと歌声は、まさにフラワーズエールにぴったり!!
インフィオラータを前に歌ってくれた2回のステージは、
どちらもたくさんの観客が集まり、CDもずいぶんと売れたとか??
彼らは今回の震災の被災地に向けて作ったという「託された命」はよかった。。

f0000593_2381845.jpg


そして先日いっしょに石巻にも行った応援団長 浅葉克己さんと白井貴子さんの2人。。
今回も僕と3人でトークショーを行い、

f0000593_2383697.jpg


浅葉さんは得意のピンポン玉を2ダース会場に打ち込み、
白井さんはライブをやってくれた。。

f0000593_2385134.jpg


やはり街の中で聴く「Someday」はいい!!
そう言えば白井さんが主題歌を歌った映画「TAKAMINE」が、
今月28日から封切となる。。見に行かなければ!!
さらに白井さんは募金まで。。。ありがとうございます!!

f0000593_239998.jpg


このフラワーズエールでは、10万本のバラを集めるための募金の他、
アーティスト達が描いてくれた応援旗も各会場に展示し、
来場された方々にも応援メッセージを書き込んでもらっている。
カレッタ汐留では2日目に2枚目の応援旗を展示したのだが、
夕方前には既にたくさんのメッセージで埋め尽くされていた。。

f0000593_2392739.jpg


白井さんもメッセージを記入。。
f0000593_2394590.jpg


そして浅葉さんも。。
f0000593_2310423.jpg


応援旗の前で、2人の応援団長による堅い握手が交わされた!!
f0000593_23102067.jpg


そして仕事仲間や友人達もたくさん駆けつけてくれた。。
今回このプロジェクトを立ち上げ気付いたことは、
本当に僕はたくさんの人たちに支えられているということ。。
それがとてとも嬉しかった。
なのでこのプロジェクトは是非とも成功させなければならない!!
明日、その第1弾として二本松の避難所に4000本のバラの花を持っていく。。
あと96000本のバラを用意しなければならない。。。

このGW、星が丘テラス・イオンレイクタウン・カレッタ汐留の3会場で
フラワーズエール活動をさせてもらい、各会場ともたくさんの募金が集まった。。
しかしながら着地にはまだまだ募金が不足しているのも現実。。。
是非とも皆さんのご協力、よろしくお願いいたします。

<Flower's Yell 募金受付専用口座>

•三菱東京 UFJ銀行 下北沢支店
•口座番号:(普) 0141700
•口座名義:フラワーズエール
[PR]
by isolabella2005 | 2011-05-07 23:10 | インフィオラータ

Flower's Yell 日曜日はバラを届けに福島へ!

被災地に10万本のバラの花をおくるプロジェクト「Flower's Yell」。
バラの花を届ける最初のスケジュールが決定した!

昨日最終日を終えたカレッタ汐留のフラワーズエール。
インフィオラータのメンテナンス(補修)用に用意していたバラが、
コンディションの良い天気に恵まれ4000本ほど余ってしまった。。

捨ててしまうのはもったいない!
そこでカレッタ汐留の許可をもらい、
この4000本のバラを持って被災地に行くことにした。
行先は福島県二本松市にある避難所「JICA二本松」。。

ここは南相馬市に居住していた人たちを中心に、
約140名の方々が避難している避難所。。
そのうちなんと40名が高校生以下の子供らしい。

それなら子供達といっしょにインフィオラータを創ろう!

避難所の方々に切り花を届けるのもいいが、
今回は子供達といっしょにインフィオラータを創って、
避難所の方々の心を和らげ明るくしたいと思った。
先日のカレッタ汐留では、
福島から東京に避難されている方々が参加し大変喜んでくれたのだ。
実はその人たちは南相馬市から避難されてきた方々だった。
なのでもう1度、インフィオラータで喜んでもらえればと思った。。

今回創作する作品は浅葉克己さんと白井貴子さんデザインの2作品。。
「JICA二本松」の体育館で、5月8日の午後から創り始める。


10万本のバラ。その最初の4000本は、
原発問題で避難を余儀なくされた南相馬市の方々にお届けします。
[PR]
by isolabella2005 | 2011-05-06 22:51 | インフィオラータ

Flower's Yell カレッタ汐留。。インフィオラータ完成!

被災地に10万本のバラの花をおくるプロジェクト「Flower's Yell」。
本日カレッタ汐留会場が無事終了した。

今回屋内外に計5作品を創作したのだが、
初日の夕方から夜にかけて降った雨のおかげで、
花の状態がとても良く、ほとんどメンテナンスが必要なかった。
また期間中、風もほとんどなかったので、
3日間ともいいコンディションで作品を展示することができた。

今回カレッタ汐留会場では、18000本のバラのうち、
被災地である宮城県から取り寄せたバラを2000本使用、
そして東京の避難所に避難されている被災地の方々にも声をかけ、
いっしょにフラワーズエールをおくった。

またフラワーズエールの活動に賛同してくれた
浅葉克己さん、白井貴子さん、田代知子さん、月の203号室の2人、
そしてチェブラーシカも会場に駆けつけてくれた。


初日は当日参加者も含め100名以上の方が花絵づくりに参加してくれた。
完成間近には雨に見舞われたが、夕方5時にはすべての作品が完成!!
カレッタ汐留でのインフィオラータは初めてだったのだが、
被災地への思いが込められているからなのか完成度は高かった!!
特に田代知子さんの作品は、実現不可能との声もあったにも関わらず、
作者本人も制作に駆けつけてくれ、素晴らしい作品に仕上がった。。

<田代知子作 「実り」>
f0000593_0132995.jpg


そして日本でインフィオラータと言えばこの人!
本場イタリア・ジェンツァーノ市の画家アントワーヌ・チェザローニさんの作品。

<Antoine Cesaroni作 「Buona Fortuna!」>
f0000593_0134022.jpg


そして応援団長 浅葉克己さんによるテーマ作品。
「よみがえれ 日本。よみがえれ 東北。」
ちなみに白い文字と黒いもやもやの線は僕の制作。。
浅葉さんも2日目に会場に駆けつけてくれ、
お馴染のピンポンパフォーマンスを披露してくれた!

<浅葉克己作 「日はまた昇る」>
f0000593_0135784.jpg


この3作品が、カレッタプラザという屋外広場に展示された。

f0000593_014940.jpg


そして今回は施設内にも2か所に作品を展示した。

B1階にはフラワーズエールの応援キャラクターである
チェブラーシカからのメッセージ。。
今回チェブラーシカは3日間とも会場に駆けつけ、
募金活動に大きな貢献をしてくれた。。感謝!!

<チェブラーシカ 「みんな、ともだち」>
f0000593_0142166.jpg


そして最上階である46階には、もうひとりの応援団長 白井貴子さんの作品。
白井さんも2日目に会場に駆けつけてくれ、力強いライブでエール!
5月28日ロードショーとなる映画「TAKAMINE ~アメリカに桜を咲かせた男~」の
主題歌も披露してくれた!!

<白井貴子作 「Try! Try! Again!」
f0000593_0143735.jpg


作品を提供してくれたアーティストの皆さん。
そして花絵づくりに参加してくれた皆さん。
そしてそして募金に協力してくれたたくさんの皆さん。
本当にありがとうございました!!
必ずや被災地の人たちに皆さんの気持ちを伝えてきます!!

今回はまた多くのメディアでも紹介してもらえた。。

・NHKニュース
・テレビ朝日 ワイドスクランブル
・テレビ東京 レディス4
・東京新聞
・中日新聞  他多数。。

そしてメディアの方からも、個人的な応援メールまでいただいた。
これもまた感謝です!!

被災地に10万本のバラの花をおくるプロジェクト「Flower's Yell」。

まだまだ続けていきます!!
皆さんのご協力、よろしくお願いいたします。

フラワーズエール応援隊より。。
f0000593_0145243.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2011-05-06 00:15 | インフィオラータ

Flower's Yell 明日から汐留で!

被災地に10万本のバラの花をおくるプロジェクト「Flower's Yell」。
いよいよ明日からGW後半戦に突入!!

明日はいよいよ東京での開催。
会場は汐留にある商業施設「カレッタ汐留」。。
電通本社ビルの下にある商業施設である。
新橋駅からも地下通路で繋がっていて、
徒歩3分程度なのでとても便利な立地だ。。
ここで明日から5日までの3日間、フラワーズエールを開催する。

主催のカレッタ汐留はとても僕らの活動に協力的で、
いろいろな面でバックアップしてくれている。。
なのでなんとかこの3日間で募金を集めたい!!

今回カレッタ汐留では大中小5枚の作品を創作する。。
大は7m×7mサイズで2枚。
田代知子さんとアントワーヌ・チェザローニさんの作品を創る。。
中は4m×4mサイズで1枚。
今回のテーマ作品として浅葉克己さんの作品を創る。
小は3m×3mサイズで2枚。
チェブラーシカと白井貴子さんの作品を創る。

参加希望者は当日参加もできるので、
皆さんこの機会に是非ご参加を!!
約2万本のバラにかこまれて癒されてみるのもいいかも??
参加希望者は10時までにカレッタ汐留内の
カレッタプラザに集まってください。
明日使用するバラの1部は、被災地である宮城県から取り寄せました。。
またNHKとテレビ朝日の取材も入っているで、
首都圏ネットワーク(3日)やワイドスクランブル(4日)あたりで
紹介されると思う??こちらも是非ご覧あれ!!


また期間中はたくさんの仲間達が
フラワーズエールの応援に駆けつけてくれる。。
3日~5日までの3日間は、連日チェブラーシカが参加!!
また4日には応援団長の浅葉克己さんや白井貴子さんも登場。。
僕も交じってトークショーやミニライブの行う。
さらに癒しの男性デュオ 月の203号室も来てくれる。。
それもみんなボランティアで。。本当にありがたい。。。感謝!!

時間等の詳細についてはカレッタ汐留のHPをご覧ください。。

http://www.caretta.jp/event/2011GW/index.html

僕は今回は3日間とも会場にいる予定です。。
是非遊びにいらしてください!!そして募金もよろしくね。。


「Flower's Yell」では、被災地の避難所、学校、病院等に、
10万本のバラの花を僕達が直接届けることを目的に、
上記のインフィオラータ開催会場において、
来場された皆様に募金の協力をお願いしていきます。

海外のバラの農園と交渉し、バラ1本約30円で購入します。
10万本用意するためには約300万円の募金が目標です。
6月中旬には被災地に届ける予定のため、
約1ヶ月間で目標を達成しなければいけません。。

そのためインフィオラータ開催会場だけではなく、
銀行振込による募金も募っています。。
100円でも約3本のバラの花を用意することができます!
是非とも活動にご賛同いただき、皆様の力をお貸しください。。

<Flower's Yell 募金受付専用口座>

•三菱東京 UFJ銀行 下北沢支店
•口座番号:(普) 0141700
•口座名義:フラワーズエール

よろしくお願いいたします。
[PR]
by isolabella2005 | 2011-05-02 23:27 | インフィオラータ

Flower's Yell イオン石巻でキックオフ!

被災地に10万本のバラの花をおくるプロジェクト「Flower's Yell」。
そのキックオフの会場となるイオン石巻ショッピングセンターに行ってきた。。

震災後の本格的な営業が始まったイオン石巻が、
“がんばろう!”という気持ちを込め、大々的なGWイベントを行った。
そのオープニングイベントとしてインフィオラータに声がかかった。

今回実施するインフィオラータは、
僕らの活動に賛同していただきフラワーズエールとして展開、
4人のアーティストの作品を創作することになった。
また会場には浅葉克己さん、白井貴子さんも同行していただき、
インフィオラータのみならず、トークショーやライブも行った。


当日は天候にも恵まれ、施設は多くの買い物客で賑わっていた。
ステージの客席も本番前に既に奥の方まで満席状態!!
本番前に既にプチ緊張状態。。。
トークショーは最初僕とMCの鈴木さんとの掛け合いで始まり、
浅葉さんと白井さんを呼び込み、4人でトークという構成で進行。
満席の客席もそうだけど、キュートなMCさんとのツーショットに
ますます緊張度が高まる。。。

f0000593_2381866.jpg


ここではしっかりとフラワーズエールの活動についてPRしてきた!!
続いて浅葉さん、白井さんを呼び込み、
今回フラワーズエールに提供してくれた作品の思いを語ってもらった。

f0000593_23101138.jpg


そして白井さんのライブ。。
「Chance」「Someday」、そして新曲の「SAKURA SAKURA」、
ラストは「元気になーれ」の4曲を披露。。
僕としては久しぶりの「Someday」が聞けて満足!!

f0000593_2394325.jpg


Someday
この胸にSomeday
誓うよSomeday
信じる心いつまでも
Someday

まさに応援ソング!

ライブの後は八丈島から寄贈された1000本のフリージアをプレゼント。。
僕と浅葉さん、そして白井さんの3人でひとりひとりに配った。

f0000593_23103848.jpg


すごい数の希望者で列が途切れない。。。

f0000593_23105423.jpg


なぜか僕もたくさんの人に握手を求められた。。。

f0000593_2311974.jpg


避難所もイオンも共通して言えたのは
黄色のフリージアが一番人気だったこと。。
こちらでもあっという間にフリージアはなくなってしまった。


その頃、別会場ではインフィオラータの準備が行われていた。
約3000本のバラの花を花びらに仕分ける作業を、
たくさんの石巻市民の方々が手伝ってくれた。

f0000593_23113137.jpg


そして午後からはいよいよ花絵づくりのスタート!!
延べ200人以上の市民が創作に参加。。

f0000593_2312054.jpg


夜行バスで駆けつけてくれた斉藤君も創作に参加!

f0000593_23121928.jpg


白井さんも自分の作品に参加してくれた!!

f0000593_23123763.jpg


完成後の記念撮影。。

f0000593_23125731.jpg


f0000593_23131743.jpg


そして浅葉さんも!!
実はこの作品、簡単そうに見えてすごく大変だった。。。

f0000593_23133770.jpg


予想以上に時間がかかり、午後5時半にすべて完成!!

f0000593_23135832.jpg


浅葉克己さんの作品「日はまた昇る」

f0000593_2314136.jpg


白井貴子さんの作品「Try Try Again」

f0000593_23144032.jpg


チェブラーシカの作品「みんな ともだち」

f0000593_23145827.jpg


アントワーヌ・チェザローニさんの作品「Buona Forutuna」

f0000593_23151797.jpg


そしてフラワーズエールのロゴタイトル

f0000593_23153715.jpg


これらの作品は今日まで展示されていた。

当日は早めに終わると思い、石巻の被災地を視察するつもりだったのだが、
インフィオラータが予想外に時間がかかり、被災地に行くことができなかった。。。

石巻に続き30日からは星が丘テラス(名古屋)、イオンレイクタウン(越谷)、
そして5月3日からはカレッタ汐留(新橋)でもフラワーズエールが行われる。
[PR]
by isolabella2005 | 2011-05-01 23:15 | インフィオラータ

Flower's Yell 石巻の避難所 河北総合センターにて。。

被災地に10万本のバラの花をおくるプロジェクト
「Flower's Yell」がいよいよ始まった。。

キックオフの会場となるのは、被災地である石巻。
僕たちは前日仙台に入り、市内で被害の大きかった若林区を訪ねた。
そこは見たこともない異様な世界だった。。。

高速道路を境に、町はあたり一面何もない無の空間となった。。
茶色の砂地の上にあるのは、倒壊した家と車。。。
さらに進むと変わり果てた電車の残骸。。
これは一体どこから流されてきたのだろうか??周辺には線路はない。

さらに海側に進むと不思議な光景を目にした。

f0000593_18222017.jpg


あたり一面すべてのものが津波に流されてしまっているのに、
ほんの直径10mほどのこの空間だけが、
まるで何もなかったかのように残されていたのだ。。
よく見ると神社の鳥居と社、そして緑溢れる木々。
高さがあるわけでもなく、周りと何も変わらないはずなのに
なぜかここだけは3月11日から時間が止まっているようだ。。
こういう場所を聖地とかパワースポットと呼ぶのだろうか??


翌日は6時過ぎに仙台市内をでて石巻へ。。
最初に訪ねるのは石巻でもっとも避難者の多い「河北総合センター」、
通称ビッグバンという避難所だ。
ここには現在も550名の避難者が生活をしている。

今回ここには僕と浅葉さん、白井さん夫妻、
東京キングコングのメンバーでデザイナーの田代君、
そして夜行バスで駆けつけてくれた八丈島好きの斉藤君の6名で慰問。
事前に伺うことは話してあったので、既に避難者の方々にも通達されており、
館長はじめ、施設の方々からも大変感謝された。。

1時間ほどの慰問だったのだが、
はじめにステージで挨拶を行った後、
浅葉さんのピンポン球エール、そして白井さんのライブが行われた。

f0000593_18224324.jpg


f0000593_18225833.jpg


f0000593_1823977.jpg


白井さんのライブは大変盛り上がり、
客席の人たちもいっしょに声をだして歌ったり、
涙を流している人もいたり。。。皆さんに喜んでもらえてよかった!

ライブの後は、八丈島から寄贈されたフリージアの切り花500本を
避難所の皆さんにお配りした。
館内には長い列ができ、あっという間になくなってしまうほどの人気。。
やはりみんな花を求めているんだな~と改めて実感。。

帰り際に皆さんの生活エリアを訪ねたのだが、
そこにはテレビや新聞では伝わってこない生の現実があった。
段ボールや卓球のフェンスで区切られたスペースには
まったくといっていいほどプライバシーがない。。
この空間にもう1ヵ月半も暮らしている避難者の
精神的な疲労は想像を絶するものだと思う。

f0000593_18232674.jpg


彼女のお姉さんは小学校2年生。
震災時には大川小学校にいた。。津波で児童の大半が亡くなられた学校だ。
彼女のお姉さんもその被害者のひとりだった。。
そう彼女のおばあちゃんが涙ながらに僕らに話してくれた。
テレビや新聞からではない生の声。。。言葉にならなかった。
何と言えばいいのか、言葉が思い浮かばない。。。
ただ思ったのは、この人たちに「がんばれ!」なんていう
言葉は励ましにならないということだった。。。
ただただ話を聞き、頷くことしかできない自分が情けない。。

でも嬉しかったこともある。
それは先ほど配ったフリージアを、各自の生活スペースに飾ってくれていたことだ。

f0000593_18234316.jpg


蕾の状態で持ってきた八丈島のフリージアが、
早く花を開き、この避難所を明るくしてくれることを願うばかりである。

帰り際に館長に聞いた話だが、既に物資はじゅうぶん行きとどいており、
今求められているのはやはり心のケアだという。。
今回の慰問ライブや花のプレゼントは大変喜ばれたようだ。。
フラワーズエールの活動にも大変共感いただき、是非また来てほしいと頼まれた。
もちろんまた来ます!と約束してきたことは言うまでもない。。

今回の訪問で僕らの活動が間違った方向でなかったことが確証でき、
目標に向けさらにやる気が湧いてきた!!
それは浅葉さんや白井さんも同じ気持ちのようで、
なんと5月3日から行われるカレッタ汐留でのフラワーズエールにも
飛び入り参加してくれることになった。。
お二人は5月4日に参加!!白井さんはライブもやってくれるとのこと。。
この日は「月の203号室」のライブもあるのでダブルライブとなる!!

河北総合センターでの慰問は1時間の予定だったのだが2時間近く滞在した。
そしてこの後、僕らはインフィオラータとステージイベント出演のため
イオン石巻ショッピングセンターに向け出発した。。
[PR]
by isolabella2005 | 2011-05-01 18:23 | インフィオラータ


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧