島とバラ色の生活



カテゴリ:イタリア( 36 )


イタリアへ!

先週「ジュリエットからの手紙」を見てから、
無性にイタリアに行きたくなってしまった。。

周りからはイタリア通に見られがちなのだが、
実は僕の初イタリアは2000年11月だった。
それまではずっとアメリカ派だった僕が、
その時以来イタリアにはまってしまった。。。
その後5年間ほどで20回ぐらい行ったかな??

最近は完全にアフリカにはまってしまっているので、
ここ2年ほどはイタリアから足が遠ざかっている。。


昨日会社の企画会議の際、
前々からずっと温存していた新しいイベントコンテンツを紹介。。
我社を代表するイベントコンテンツと言えば、
言うまでもなく「インフィオラータ」なのだが、
正直このニューコンテンツも「インフィオラータ」と並ぶ
パワーコンテンツになることは間違いがない!!
それもこれからの時代にジャストフィットしている。。
ずっと温存していたのは、この時を待っていたから!!

スタッフ達の反応もバッチリだった。。
みんなとても興味を持ち、すぐにでも営業をかけたいと。。。

ということで、急きょ7月にイタリアに行くことにした。。
「インフィオラータ」同様、先方の自治体とタッグを組むためだ。
昨日イタリア側に連絡をとり、コーディネイトを依頼したところ、
今朝既に返答のメールが入っていて、先方も前向きだとか。。

場所はシチリア!!

2000年11月に僕が初めてイタリアを訪れた際、
立ち寄った大好きな島だ。
僕がもっとも気に入っている映画「グランブルー」、
そして「ニューシネマパラダイス」の舞台となった島である。
2000年の時は「グランブルー」の舞台となったタオルミーナに滞在した。
毎朝噴煙がたち昇るエトナ山を眺め、美しい地中海の海を楽しんだ。
今回も時間があれば是非立ち寄って“ズッパ・デ・ペッシェ”を食べたい。。

なんとかいい形でタッグが組めるといいのだが。。。
早ければ今年の冬ぐらいから日本でお目にかけることができるかも??

まだ詳細は企業秘密だが、
正直、これは半端じゃなく感動的で完璧なアートコンテンツだ!!

乞うご期待!!!!
[PR]
by isolabella2005 | 2011-05-19 07:14 | イタリア

BEVIAMOCI SU!で送別会

今夜は新卒で僕の会社に入社し、4年間勤めてくれた女子社員の送別会。
もともとインフィオラータのファンで、何度か参加してくれているうちに、
大学を卒業するので、入社したいと頼まれ採用した女性でした。

西村知美似のポワーンとした天然なタイプの女性で、
この世界じゃ続かないだろうなと思っていたのですが、
以外にも根性があり、心身ともに厳しいこの世界で4年間勤め寿退社となりました。


そして今夜のお店のチョイスは若手社員の幹事を任せたのですが、
それが超いいお店だったのでブログに書くことにしました。
場所は世田谷区の代田にあるイタリアンレストラン「BEVIAMOCI SU!」というお店。
「いろいろあったけど、そんな事忘れて楽しく過ごそう!」という、
いかにもイタリア!ってイメージを感じさせてくれるお店の名前です。。
僕の会社からも歩いて7-8分のところにあるのですが、実は初めて行きました。。

f0000593_2316347.jpg


なんでもピッツァブームの火付け役となった高井戸の名店「ラ ヴォーリア マッタ」の姉妹店で、
あまりにもの混雑にあえて名前を変えて出店したとか??
イタリア料理のチャンピオンを獲得したシェフがピッツァを窯で焼いているらしいです。

そして料理は?というと、噂にたがわぬ美味しさ!!
でも驚きはそれだけではありませんでした。。
まずは量が多い!!1人前でもじゅうぶん2人で食べられるほど!!
その上コストは低価格!!この量で通常の1人前にも満たない価格なんです。。
今夜はみんなで飲んで目一杯食べて、最後にドルチェまで頼んでも@3700円程度でした!!
これは行列ができてもおかしくはない!と実感してしまいました。。
特にピッツァは美味しい!!イタリアンには結構うるさい僕も納得でした。

ちょっとここは離れにあるお店なので、お忍びで使おうかな??
どうかお店で僕を発見しても、気付かない振りをしてくださいね。。

ということで、寝不足のためかスプマンテ2杯でダウン。。。
もう今夜は仕事しないで寝るとします。。おやすみなさい!!
[PR]
by isolabella2005 | 2010-04-08 23:16 | イタリア

ローマ・オペラ座

昨日、東京ミッドタウンで完成したインフィオラータ。。
今日から明日まで芝生広場で展示されています。

f0000593_854519.jpg


そして今日、東京ミッドタウンでは「日本におけるイタリア2009 秋」のイベントとして、
ローマ・オペラ座による「トッカータ&フーガ」のコンサートが行われました。
オペラ座より4人の歌手とピアニストが来日、1時間たっぷりの贅沢なコンサートでした。。
それも無料!!
スタバでコーヒーを買い、テラス席を陣取り見ていました!!

f0000593_8551097.jpg


f0000593_8552951.jpg


f0000593_8555134.jpg


このコンサート、今日はこの後6時から行われ、明日も12時から行われます。。
インフォラータとオペラ座のコンサート。。
ダブルでローマ気分に浸ってみてはいかがでしょうか??

さてさて僕はというと、
昨夜はジェンツァーノのメンバー14名を引き連れ、
「鍋ぞう」ですきやきを食べてきました!!
彼ら。。。
なぜかすき焼き用の卵を、しゃぶしゃぶのお湯に入れ、
ゆで卵にして食べていた。。。
「鍋ぞう」の店員さんも、「鍋ぞう」始まって以来だとか??
う~ん。。。食文化の違いだ。。
[PR]
by isolabella2005 | 2009-09-20 08:56 | イタリア

ローマの休日

もう2週間も経ってしまったが、
JTBが「僕と行くイタリア・ジェンツァーノの旅」という
旅行商品を発売し、6月12日よりそのツアーに同行してきた。
同行してきたというと聞こえがいいが、ほぼツアコンのような立場だった??
まあ発売時期が遅かったのもあり、全員が内輪の参加者。。。
弊社社員に、株主に、取引先に、友人にといった参加者プロフィール。
でもこれだけ内輪でも、ツアコンというのは大変な仕事だった。。。
僕には絶対向かない!!
やはり僕は自由気ままな旅が一番!!!!

さて今回のツアーのメインディッシュは、
ジェンツァーノ市で行われるインフィオラータへの参加であった。
観光だけではなく、実際にフェスティバルに参加できるというのが特徴だ。
また宿泊先のホテルも、ローマ法王の別荘地である
カステル・ガンドルフォのおしゃれなリゾートホテルというのもうり。
さらにロンドンでの宿泊も1泊ついて、
5泊7日で248,000円というスペシャル価格!!
来年はもっと参加者を増やして盛り上がりた~い!!!!
でも僕はもうツアコンは勘弁してもらいます。。。

で、ローマに到着した翌日は、みんなでローマ市内観光へ。。
こちらもある程度はその場でリクエストを聞いてコースを設定!!
まずはお決まりのコロッセオエリアへ。。
ここでグループは2つに分かれ、コロッセオとフォロロマーノへ。
僕はフォロロマーノへGO!!

フォロローマノはもう何回来ただろうか??
実はローマの中でも、ここフォロロマーノは一番好きな場所。。
なぜなら古代ローマの匂いが感じられる場所だから。
コロッセオよりこちらの方が古代ローマにトリップできる。。
f0000593_232826100.jpg

今回は古代ローマの遺跡の中に、近代アートのオブジェがコラージュされていた。。
f0000593_23285196.jpg


実はツアーというのは不便な面も多々ある。。。
それは時間が決められていること。
自由気ままな旅なら、気が済むまで散策できるのだが、
ツアーだと時間に合わせて途中で切り上げて戻らなければならない。。
今回も暑い中、パラティーノの丘に登ったのに、
写真を撮ってそのまますぐさま戻るというせわしさ。。。
f0000593_23291884.jpg


汗だくになりながら、コロッセオの前でコロッセオチームと合流し、
次なる観光地はと言えば。。。真実の口。
一応全員手首を噛み切られず無事生還!!
写真は掲載できないが、何故か僕の顔が引きつっていたのは何故??
こんなにも裏表のない人間なのに??

続いては強引にナヴォーナ広場。。
言わずと知れた「天使と悪魔」の暗殺未遂シーンとなった噴水のある広場。。
ここでラングドンとイルミナティの暗殺者との直接対決が。。。
f0000593_23295942.jpg

ちなみにここでは言えないが、
ここナヴォーナ広場には忘れられないトラウマが。。。ミサンガ~!!

午前中最後の観光スポットは、もちろんここトレヴィの泉。。
相変わらず人・人・人。。。
しかし参加者の皆さんは花より団子??
コイン投げるよりジェラート食べてました。。
でも僕はちゃんと泉にコインを寄付??
f0000593_23305959.jpg


ここでランチタイム!!
ランチタイムはバルベリーニ広場近くのレストランで。。

午後の予定は1つだけ!!
バチカン美術館とサンピエトロ寺院。。
バチカン美術館は本当に人だらけ。。。前に進むのも一苦労だった。
なので暇つぶし?に美術品を激写!!なかなかお気に入りです。。
f0000593_23312524.jpg

f0000593_23314630.jpg

f0000593_2332923.jpg

f0000593_23323081.jpg


そして最後に入ったのはもちろんシスティーナ礼拝堂。。
ここはかの有名なミケランジェロの最後の審判が描かれている場所。
何度見ても素晴らしい!!
しかし当然ながらここだけは写真撮影は禁止!!
のはずなのだが、なぜかデータが残ってました??
いつ撮ったのかな~??神に誓って記憶にありません。。。
f0000593_23325318.jpg

f0000593_2333836.jpg


そのままサンピエトロ寺院を見て、一路カステル・ガンドルフォへ。。
でも考えてみると、ローマ法王の住むバチカンから、
ローマ法王の別荘地であるカステル・ガンドルフォに向かうとは、
今更ながらローマ法王の気分??

ローマ到着の翌日からこんなに1日フルに動き回って。。。
実はインフィオラータの制作はこの日の夜スタート。。
はたして皆さん、体力は大丈夫なのでしょうか??


To be continue...


<追記>
ちなみにイタリア最終日は自由行動。。
僕らはお決まりのスペイン広場へ。。。これにてローマの休日は終了。。
f0000593_2333451.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2009-06-30 23:33 | イタリア

イタリアで大地震発生!!

今日の10時30分頃、イタリアで大地震が発生した。
ローマの北東95キロのアブルッツォ州。大きな被害が出ているようだ。

<毎日新聞より抜粋>
米地質調査所(USGS)によると、イタリア中部で6日午前3時32分(日本時間午前10時32分)ごろ、マグニチュード(M)6.3の地震があった。震源地はローマの北東約95キロで、震源の深さは約10キロ。AP通信などによると、震源地に近い中部アブルッツォ州ラクイラの旧市街地では教会など複数の建物が倒壊。同州で子供4人を含む6人が死亡した。多数の住民が下敷きになっており、負傷者はさらに増える模様。付近では5日から6日にかけ、数回の地震が断続的に起きていた。ラクイラはルネサンス様式の聖堂などが残る観光地で、人口約7万人。


島の我家の改築も大詰め。。
朝から日が暮れるまで、まるで工事現場にいるような騒音である。
静かなのはお昼休みの1時間だけ。。。
今日から来週中盤に提出するビッグプロジェクトの
企画書作成にはいる予定だったのだが、全く集中できない!!
工事は来週いっぱいまで続きそうなので、
このままでは企画書の完成が危ぶまれる。。。
残る手段は夜中作業。。ますます不健康な生活に突入だ。
とりあえず今夜は昼間できなかった分をカバーしなければ。。。

明日からは玄関の工事が始まるらしく、
しばらくは出入りができないらしい。
そんなことで邪魔だから東京に行けと棟梁に言われてしまった。。。
本当は水曜日の1便で上京する予定だったけど、
明日の1便に変えようかな??

今日は昨日と打って変っていい天気だった。。
もう昼間はTシャツ1枚でも全然大丈夫!!
しばらくはこんな陽気が続くようだ。。
さっきまできれいなマジックアワーが紫色に空を染めていた。。
どうせなら昨日帰って行ったイチャイチャな2人に見せてあげたかった。
[PR]
by isolabella2005 | 2009-04-06 19:17 | イタリア

懐古に浸る③ ~カーニバルの裏話~

なんだか本気で写真整理にはまってきてしまった。。。
今回もイタリアでの思い出。。
2001年、2002年と行ったヴェネツィアン・カーニバルでの裏話。。
そういえば今年のカーニバルも明日明後日がピーク。。
今年は行けなかったけど、来年はまた行きたいな。。

2001年4月に街びらきとなるトリトンスクエアの
オープニングプロモーションの目玉企画として、
マスケラと光と音によるファンタジックなショーを企画した。
照明デザイナーには照明界の大御所 藤本晴美さんを起用。
今では僕の企画にはなくてはならないベストパートナーである。
そのイベントの打ち合わせを兼ねてのカーニバル視察であった。

ヴェネツィアという街自体、まるでおとぎの国のような世界。。
そこにさらに非現実的なマスケラ達がいたるところに。。。
最初の印象は感動というよりはびっくり!といった感じだった。
僕はカーニバルを代表するコスチュームデザイナー デボラ・ナニア
率いる“La Bottaga dei Sogni”というグループとタッグを組むことにしていた。
彼女のコスチュームは、テーマにあわせた独特且つ華麗なデザインで
毎年カーニバルのコンテストで最優秀賞を獲得していた。
f0000593_2112653.jpg

f0000593_2114574.jpg

f0000593_212010.jpg

そしてこの年の春、このグループのメンバー25名を招聘し、
感動的なショーを成功させた。

で、裏話①
実はイベントの際、カーニバル写真展も同時開催する企画だったので、
カメラマンも同行してもらったのだが、
僕はどうしても「カフェ・フローリア」の店内で撮影がしたかった!
しかしカーニバルも後半で、最も混雑している時期。。
その上一番人気のカフェなので常に満席状態だった。。。
僕は嫌な日本人になりきり、すべてお金で解決させてしまったのだ。。
カフェの一部を貸切状態に!!思う存分撮影を楽しみました!!
f0000593_2123579.jpg

しかしなぜかグループのメンバーでもスタッフでもない老人が。。。
なんでも本物のカサノヴァだとか??
日本のテレビ番組でも取り上げられたお方らしい。。でも何故いるの?
f0000593_21251100.jpg

嫌な響きだけど、やっぱりお金がものをいいました。。。
ちなみにこの後、ゴンドラも撮影用に2艇貸切り。。

2002年は仕事と言いながら、目的はマスケラデビュー!!
そしてデボラのグループに一員としてマスケラデビューしました!!
僕のコスチュームは「キング」。。なかなかハンサムである。
f0000593_2131321.jpg

(中央のマスケラが僕)
僕はマスケラデビューをはたし、
なぜこんなにもたくさんのマスケラが毎年参加するのかがわかった!
それは「快感!!」
まるで自分がスターにでもなったかのような気分に浸れるのだ。
世界中の観光客が、僕にカメラを向け、
世界中の観光客が、僕といっしょに写真を撮りたいと懇願する。。
「俺って何様?」とかと本気で思えてしまうのだ。
当然日本人の観光客にも写真をせがまれた。。
でもまさか中身が日本人だとは思いもしなかっただろうな~??

で、裏話②
これがマスケラ達の基地だ!!
こんな感じでアパートメントの一室を期間中借り切り、
みんなで共同生活をする。。
そしてここでコスチュームに着替え、街へと繰り出していく。。
f0000593_2133761.jpg


裏話③
マスケラ姿は超暑い!!
なので真冬のヴェネツィアでももって1時間。。。
1時間もマスケラの格好をしていると、
全身サウナにでもはいったかのような汗だく状態になってしまう。。
その上息苦しいので酸欠状態にも。。。
まあキャラクターショーの着ぐるみを着ているような感じかな??

裏話④
マスケラ達は夜になると、普通の人間に戻り食事へと出かけていく。
マスケラ達が集まるレストランがココ!!(お店の名前は内緒)
世界各国のグループが集まり、夜遅くまで盛り上がっている。
ヒントは木製の橋で有名な「アカデミア橋」の近くです。。。
f0000593_214484.jpg

僕も毎晩ここで食べて飲んでました。。。


サンマルコ広場周辺で見つけた、おしゃれなマスケラ達。。
f0000593_2142610.jpg

f0000593_2144079.jpg

f0000593_214512.jpg

f0000593_21547.jpg

f0000593_2152147.jpg

f0000593_2153537.jpg

f0000593_216627.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2009-02-21 02:16 | イタリア

懐古に浸る② ~イタリアでの出会い~

若い頃からアメリカ派(特にハワイとロス)だった僕が、
初めてイタリアと出会ったのは2000年11月。。
翌春街びらきを控えていた晴海トリトンスクエアでの
オープニングプロモーションの準備だった。
あれから約8年。。。既にイタリアには20回以上訪問している。
とはいえその大半がローマ・ミラノ・ヴェネツィア・アオスタに集中、
実は回数ほどイタリアの隅々まで知っているわけではない。
しかし行く度にたくさんのイタリアーノ&イタリアーナと出会った。
本当、イタリアーナは明るくて、美しくて好みである!!

またまた懐古録ではあるが、
写真整理をしているといろいろ思い出が蘇ってくる。
今回はイタリアで出会った変な奴らを紹介!!
彼らはジェノヴァを基点にヨーロッパ各地で活躍している
「コンメンダの騎士達」というパフォーマンスグループ。
どんなパフォーマンスかというと中世の剣闘士の
戦い方や剣、そしてコスチューム等を研究し、
それぞれの時代を忠実に再現したパフォーマンスを行うのだ。
f0000593_15211542.jpg

f0000593_15212895.jpg


2001年の春に彼らと出会い、
その年の夏、横浜に招聘しイベントを開催した。
そのパフォーマンスの迫力たるやすさまじいの一言に尽きる!
まるでジェロム・レ・バンナのような剣闘士達が、
重さ2kg以上する剣を力いっぱい振り下ろし相手に叩きつけるのだ。。
当然防御なんかも練習しているのだが、
防御に失敗し骨折なんてことも多々あるらしい。
その時ももろに剣を額に叩きつけられ、
顔面血だらけになった剣闘士がいた。。。(あれにはびびった。。)

そんな彼らはとても情に深く律儀なのだ。
僕らがミラノやアオスタに行くと、
必ずジェノヴァから、まるでヘルズ・エンジェルズのような体裁で
大型バイクに乗ってやってくる。
f0000593_1522531.jpg

そして僕らにピザをご馳走してくれるのだ!
しかし2001年以降、彼らを日本に呼ぶ案件がなく、
しばらく会っていない。。(本当に凄いパフォーマンスなのに)
まるでK-1選手のような彼らを表現している写真がこれ。。
f0000593_15232569.jpg

左のタコ坊主のような奴がリーダーのフランチェスコ。。
この左右の2人の身長はともに2m近い大男!!
しかしこの真中にいるプロレスラーのような新人君。。。
あまりにもでかすぎ!!!!
こんな奴が力いっぱい剣を振り下ろしてきたら、
とてもじゃないけど防御することはできない。。
というか、パフォーマンスであっても戦いたくないのは僕だけ??

最後にミラノのデパートで見つけた超美人なイタリアーナ。。
もちろん勇気を振り絞って声をかけ、
後日日本に呼んだことは言うまでもない。。
f0000593_15235517.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2009-02-20 15:24 | イタリア

ヴェネツィアンカーニバルが始まった

世界3大カーニバルのひとつと言われる「ヴェネツィアンカー二バル」、
通称「マスクカーニバル」が昨日2月13日から始まった!!

カーニバルは「謝肉祭」と訳され、
キリスト教で四旬節の前にある、羽目の外せる期間のことをいう。
ただ現在では“お祭り”的要素が強くなり、
宗教的にはあまり使われていないのが現状。。。
毎年日程が変わり1月末から3月上旬の間の2週間ぐらいの時期に行われ、
ヴェネツィアのカーニバルは、今年は2月13日から24日まで開催される。
ヴェネツィアのカーニバルは、
15~16世紀頃から仮面を付けて自由を楽しもうという風習になった。
身分に関係なく、貴族から庶民までが一緒になって
カジノやカフェなどでどんちゃん騒ぎをしたりしていた。。

このカーニバル、最も盛り上がるのは最終の土日なのだが、
オープニングに行われる「鳩の綱渡り」というイベントも有名。。
大きな作られた鳩が、
サンマルコ広場の鐘楼の上から綱を降りてくるパフォーマンスで、
かつての格好をしたドージェや、貴族などの行列行進もある。
共和国の時代には、鐘楼の上からラグーナの船の上まで
繋がれた綱を曲芸師が渡って勇気を見せた。
このイベントは今年は15日のお昼に行われるらしい。。。

数年前まではカーニバルの人気チーム、
デボラ・ナニア率いる「La Bottaga dei Sogni」の一員として
カーニバルにも参加していたのだが、ここ数年行けていない。。。
今年は折角この時期にイタリアに行っていたのに、
何も初日に併せて帰国しなくてもいいのに。。。残念!!
今頃サンマルコ広場とか盛り上がってるんだろうな~??
友人が行っているようなので、
是非とも写真を撮ってきてもらいたい!!!!よろしく!!

それにしてもマスクカーニバルしかり、インフィオラータしかり、
イタリアのフェスタというのは市民参加で形成されていて、
その上クオリティが高いというのが特徴的である。
[PR]
by isolabella2005 | 2009-02-14 09:24 | イタリア

運命の分れ道

今日、ローマより帰国。
毎回思うのだがアリタリア航空には乗りたくない。。。
今回も出発は1時間遅れ、
さらに機内での一番の楽しみである映像装置が故障。。。
座席を変えてもらい映画を楽しんでいると、
今度は停電。。。復活までに1時間。。
そして最後に見ていた「マンマミーア」は、
一番最後のクライマックスで到着のため終了。。。
本当に踏んだり蹴ったりの空の旅であった。。
やっぱりイタリアにはJALで行くのが一番無難かもしれない。
(機内上映作品の質と量ではアリタリアなのだが。。。)

今回のイタリアでは、生死を分けるような運命の分れ道に遭遇した。
それは2月10日の朝のことである。。
通訳の車でローマを出発しジェンツァーノ市へと向かう途中に起きた。
そこは渋滞のない2車線道路。。。
信号が変わり僕らの車は通行車線の先頭に停まった。
隣の追い越し車線には女性が運転するFIATのコンパクトカーが停車。。
するといきなり猛スピードで迫るベンツが、
隣のFIATに激突!!それもノーブレーキで!!!!
FIATは衝撃で吹き飛ばされ対向車線に停車中の車に激突。。
ベンツはそのまま50mほど走り抜けて停まった。。。
激突瞬間のあの衝突音はすさまじかった。。

これはまさに運命の分れ道。。
もし僕らの車が追い越し車線に停車していたなら??
(通訳さん曰く、いつもは追い越し車線に停車するらしい)
ベンツが走行車線を走っていたら??
その時はまさしく僕らが被害者となっていたのだ!?
そうなれば後部座席に乗っていた人間は大怪我をしていただろうし、
ジェンツァーノ市長との交渉もキャンセルになっていた。。。
そう考えると僕らは運がよかった。。

しかし運命の分れ道は、
どこにあるのか誰もわからないのが怖い。。。
[PR]
by isolabella2005 | 2009-02-13 21:55 | イタリア

イタリアより

イタリアはローマより。。

やっとネットが使える環境というか時間ができた。。
なぜか毎日慌ただしく、只今最終日の夜、やっとネットにつなげた。
今回は中日が3日間という本当に慌ただしいイタリア出張。。。
出張とは言いながらも、
初日は郊外のアウトレット「カストロ・ロマーニ」へでかけ、
今日はポンペイツアーに参加してきた。
なので仕事は2日目の1日だけ??

今回の仕事は5月に横浜で行われる
開港150周年記念イベントの打ち合わせと、
6月に予定しているインフィオラータツアーの打ち合わせ。。
特にインフィオラータツアーは、
本番時に僕らが作るスペースを頂戴!と
市長に直談判しなければならなかったので一苦労。。。
でも交渉成立!!
ジェンツァーノのインフィオラータ開催時に、
僕らも参加することが了解された!!
なのでインフィオラータツアー実施します!!
最大40名まで募集するので是非みなさん御参加ください!!
現在10数名の参加が決定しています。。

当日作る作品は、
昨年末志半ばに亡くなったアフリカのアーティスト、
ジャファリー・アウシ氏のティンガティンガアートを再現する。
一応昨年晴海で創作した「シマウマ」のデザインを考えている。
ジャファリー氏とは、いつかジェンツァーノのインフィオラータで
作品を創ろう!と話をしていたので追悼創作でもある。。。
本当に実施ができるようになってよかった。。
旅行日程は6月12日~17日の4泊6日。。
費用は最大でも25万円以内でおさえます。。
皆さんのご参加お待ちしています!!

今日のポンペイは感動した。。
詳しくはまた後日書くことにします。
さて明日はお昼の便で帰国し、到着後そのまま幕張メッセで仕事。。。
せめてその前に寿司が食べたい。。。
[PR]
by isolabella2005 | 2009-02-12 05:59 | イタリア


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧