島とバラ色の生活



<   2005年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧


インフィオラータ・・・八丈島に上陸!!

今日は八丈島空港にインフィオラータを1枚制作した。1月の東京ドームでの「イタリアフェスティバル」から始まり、今年12回目のインフィオラータである。平均すると月1回の割合で行っていることになるが、実は9月~12月の1クールで7回という強行スケジュールであった。
離島での制作、また空港に制作することも初めての経験である。作家の辻仁成氏に提供してもらった詩「花を育てる人の気持ち」をモチーフに、イタリアのアーティスト・アントワーヌ氏がデザインした。詩中に八丈島を代表する花・フリージアが登場することから、これはぴったり!とこの作品を選択、集まってくれた12人の島の友人たちとの制作が始まった。f0000593_22581375.jpg
園芸家の菊池高志さんや、アーティスティックな観葉植物を創作する石野正喜さんが中心となり制作が進む。特に石野さんの“ハサミ捌き”はお見事!約3時間、飽きることなく?花を細かく切り刻んでくれた。お陰さまでいい表情の顔を創ることができた・・・Grazie!!また日頃は卓球か酔っ払っている姿しか見たことのないピンポンレディースの真剣な眼差しも感動的であった・・・う~ん、惚れ直した!途中からは晴海や大阪でのインフィオラータを手伝ってくれた東大大学院生の松橋君も合流、小学生の子供たちを指導してくれた。さすが東大生!家庭教師で培った指導力はインフィオラータにも十分発揮されていた。そして制作開始から5時間後、4m×5mの見事なインフィオラータが八丈島空港に完成!!今回の花は、福岡の花どんたくや大阪のTWIN21で使用したバラのプリザーブドフラワーを使用、1月10日まで展示される。また同期間、八丈島の観光再生プロデューサーである松村潤之介氏のミニギャラリーも併催、こちらも是非ご覧あれ!!
f0000593_0185864.jpg

f0000593_0171515.jpg
出来栄えはいかがでしょうか?完成後はお決まりの記念撮影。主催者である八丈島空港ターミナルビルの皆様と制作者とで「はい、チーズ!」。
f0000593_0384672.jpg今回スペシャル企画として石野さんの流木アートをインフィオラータのまわりに展示した。八丈島の海岸に漂着した流木に島の植物を根付けした素晴らしいネーチャーアートである。流木は汐留のイタリア街でクリスマスアートとして使用したことがあるが、本当に様々な形状があり面白い。そこに島の植物を根付けさせるとは・・・素晴らしい発想のネーチャーアーティストだ!!つまり、只今八丈島空港では僕と松村さんと石野さんの3つのアートがワンストップで楽しめるということ・・・必見です!!
さて来年最初のインフィオラータは2月。バレンタインをテーマに新宿NSビルの吹き抜け空間に、約200㎡の巨大な1枚絵をアントワーヌ氏とともに創作する。
ブログも今年はこれが(たぶん)最後・・・ということで、それではみなさん、よいお年を!!
[PR]
by isolabella2005 | 2005-12-30 00:41 | インフィオラータ

イタリア奇行?⑤コンメンダの騎士達

2005年の仕事もすべて終了、本日帰島した。とはいえこちらでの仕事は山ほど溜まっている・・・大掃除に餅つきに、そして明日は八丈島空港のロビーにインフィオラータを制作する。31日にはまた上京するので3泊4日のあわただしい帰島だ。昨日は東京のオフィスの大掃除を行い、写真データを持ち帰ってきたので、久しぶりにイタリア奇行ができる。今回からは僕がイタリアで出会った素晴らしい?奴らを紹介していこうと思う。
f0000593_0584330.jpgなにやら怪しそうなこの男の名は“フランチェスコ”。こう見えてもまだ30歳そこそこの若者である。実は彼、イタリア・ジェノヴァをベースに「コンメンダの騎士達」という中世の騎士団を研究・再現するグループのリーダーである。そう!今回の奇行で紹介するのはこの“騎士達”である。
2001年の夏、横浜で「日本におけるイタリア年」がらみの企画の依頼があり、「何か面白い奴らはいないかな~」と探していたら出会ってしまって、はまってしまった奴らだ。ちょうど僕がアオスタに滞在している時、ジェノヴァから来てくれるということで会うことになった。「どうせローマのコロッセオの前あたりにいるような奴らだろう」なんて高をくくってい
f0000593_1151943.jpgたのだが、来て見てビックリ!K-1の選手かと思うような巨漢マッチョ!!そんな連中が重さ20~30kgの鎧を身につけ、重さ2kgの剣を手加減抜きで相手に叩きつけるのである。日本の侍のように“スッ!”と斬るといったスマートなものではない!剣と剣がぶつかれば火花が散り、盾で防げば鉄製の盾が凹むといった具合だ。それを殺陣のような流れでファイティングを見せるのである。当然のことながら、練習中はよく手や肩等にあたり骨折する・・・とはリーダーのフランチェスコ談。(それも平然かつにこやかに談)

f0000593_145352.jpgフランチェスコは中世の剣闘士の研究家でもある。だいたい11~2世紀から16世紀あたりの時代ごとの鎧や剣、剣術等を研究し再現している。なんでも映画「グラディエーター」での剣術指導もしたという。僕も衣装を着て体験させてもらったが、まともに剣を振ることもできない。その頃の僕は暇があればスポーツジムでウエイトトレーニングをしていたにもかかわらず・・・情けない。そんな彼らは実はヨーロッパでは引く手数多!イタリア国内のみならず、ヨーロッパ各国のフェスティバル等でファイティングを披露している。「これはいける!!」と確信し、僕は横浜でのイベント出演をその場で依頼した。もちろん返事は“Si”。

横浜でのイベントは真夏の10日間公演であった。(屋内)ファイティングだけでも十分見ごたえはあるが、それだけではもったいない!と思い、ファイティング有り、ロマンス有り、その上ハッピーエンドといった芝居仕立てのショーも行うことにした。自ら台本を書き、自ら演出を行い、大好きな照明アーティストの藤本晴美氏にも協力を依頼し、“光と音とファイティングショー”とした。
f0000593_243915.jpgこのような芝居にはお決まりの悪者と正義の味方が登場する。そしてもう1つのお決まりといえば美しいヒロイン!そこでアオスタ在住の美しいバレリーナ“ナタリー”に出演を交渉・・・こちらも返事は“Si”。1ヶ月間イタリアでの稽古を積み来日。言葉の壁もあり結構不安たっぷりだったのだが、さすがにプロ!本番では見事な稽古の成果を見せてくれた・・・頭から流血まで披露して。
またメンバーの1人は古代ローマ文字の先生。会場では来場者に古代ローマ文字で名前等を書いてサービスしていた。僕も素晴らしい作品をいただき、東京のオフィスに飾ってある。その彼も2年前他界してしまった・・・公演最終日のフィナーレで、会場にひざまずき床に感謝のキスをしたシーンが忘れられない。
f0000593_227405.jpg

横浜以来彼らを日本に呼ぶ機会はないが、彼らは僕がイタリアに行く度、必ずといっていいほど会いに来てくれる。ヴェネツィアだろうと、アオスタだろうと、ミラノだろうと・・・ジェノヴァからバイクを飛ばしてやってくる。その気持ちがとても嬉しい。
f0000593_2374531.jpg

これはミラノで再開した時の写真。なんでも“大型新人”が入ったということで、紹介がてらいっしょに連れてきた。会ってすぐさま“大型新人”の意味がわかった。本当に“大型”だ!!左の写真の左手に移っているのがフランチェスコだ。実は彼の身長は190cm以上あるのである。右手のパオロだって2m近い身長だ・・・それなのにまだでかい!!この写真でみると僕はすごく身長が低く見えてしまうが、これでも170cmはある。それなのに・・・。こんなやつが振り回す剣を受け止めることなんて絶対できないし、したくない!!でも笑顔はなんともかわいらしいのでる。今思うに、彼らはK-1に参戦すべきだ!!
[PR]
by isolabella2005 | 2005-12-29 02:53 | イタリア

今年最後のインフィオラータ⑤

22日は飛行機が全便結構だったため、23日は朝一番で空港へキャンセル待ちの手続きに向かった。しかし既に50~60人が並んでいた。僕は全日空のプラチナメンバーなので最優先でキャンセル待ちの番号をもらえるのだがそれでも6番。まあ6番なら確実に1便に乗れると思いきや、キャンセル待ちは2番まで・・・またしても乗れなかった。(なんでも1番の人はあの寒い突風の中、3時から並んだらしい)結局2便目の大島経由便で上京、初めての大島に20分間滞在し、なんとか4時前にはインフィオラータの会場である大阪TWIN21に到着。しかし既に制作は8割方完成しており、僕の出る幕はほとんどなかった・・・こんなに苦労してここまで来たのに!
f0000593_1445244.jpg今回はキャラクターの顔等、ほとんどのスペースを生のバラ4000本を使って制作した。生の花なのでもっても3~4日・・・残念なことに25日の夜にはすべて撤去されてしまう。この天使の顔も花である。バラの花びらをさらにハサミで細かく切り表情を作っている。やはりプリザーブドフラワーと比べるとネイチャー感があり、絵が生き生きとしている。今回のTWIN21では、プリザーブドフラワーのバラと生のバラの両作品が同時に見ることができるので、その違いを見比べることも1つの楽しみである。とは言え、明日には撤去してしまうので時間のある方は是非どうぞ!!
f0000593_15535675.jpg

f0000593_15542585.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2005-12-24 15:55 | インフィオラータ

八丈島でもインフィオラータ

今日は1便で島を発ち大阪に入る予定だったのだが、なんと島は異常気象!昨夜から台風のような突風が吹き荒れ雹が降ったり吹雪いたり・・・それがまだ続いている。12月にこんな天気は島では考えられない!結局全便とも欠航となり、未だ島に缶詰状態だ。その上、明日もこの天気が続くらしい。明日は大阪でインフィオラータの本番なのに・・・これはまずい!!しかしどう足掻いても行く術がないので、開き直るしかない。天気の回復を祈りつつ・・・
9月から島の観光建て直しをはかるため、東京都がコンサルタントを派遣した。これが偶然にも昔からの仕事仲間である“松村氏”であった。昨夜は松村氏を交え島の有志が集まった会合(飲み会)に僕も誘われ、“花”をモチーフに島興しをはかろうという話題で盛り上がった。そこで“押し花アーティスト”の梅原さんという女性と知り合い、その作品に心を打たれた僕はその場で作品を売ってもらった。これが本当にいい作品である。早速家の玄関に飾らせてもらった。今後、島の草花を使った押し花アートや僕が行っているインフィオラータ等で、花=八丈島といったイメージをだしていきたいという話にまとまった。
そんな折、今日の次便を待つ間、八丈島空港を管理する八丈島空港ターミナルビルにお邪魔した。いろいろな話をしている中で、「空港のロビー内にインフィオラータを作りましょうか?」と愛島精神で提案(つまりボランティアで)、年末年始の観光客向けに制作しようという話しになった。ついにインフィオラータも八丈島見参である。今大阪で制作しているプリザーブドフラワーを使用し、3m×5mの花絵を制作する。
f0000593_2124634.jpgこの作品は2004年の晴海のインフィオラータで制作したデザインである。作家の辻仁成氏から詩を提供してもらい、アントワーヌ・チェザローニ氏がイメージをデザインしたものである。詩のタイトルは「花を育てる人の気持ち」で、八丈島の花であるフリージアが登場する。まさに八丈島にはぴったりの作品だ!
僕が28日に帰島するので、制作は29日の9時から行う。島の人たちにも手伝ってもらう予定である。(もう1人では絶対にやらない!!!)1月10日まで展示をする予定なので、是非見にきてください。今回の秘策は花絵の周りの額縁部分。通常は杉やヒバの葉を敷き詰めるのだが、今回はここに島の特徴を出している・・・それもアーティスティックに!!この部分だけでも見る価値がある。早速今日その資材の仕込みをお願いしてきたところである。他の会場では見ることのできない八丈オリジナルのインフィオラータにおじゃりやれ!!


花を育てる人の気持ち   誌:辻仁成

きっかけを作るまでに半年
打ち明けるまでにさらに半年
キスをするまでにあと半年
そのあとさらに半年
咲いたのがコスモスじゃなくて
フリージアだと気づくまでに
あと半年。


今回の作品のモチーフとなった詩である。なかなか深みのある詩だ。人を愛する“時”こそが、愛する人の本当の魅力を気づかせてくれる・・・そんな意味合いの詩なんだろう。八丈島も住めば住むほどその魅力を気づかせてくれる素晴らしい島である。
それより本当に明日は大阪に入れるのであろうか・・・不安だ。
f0000593_21435241.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2005-12-22 21:47 | インフィオラータ

東京キングコング 激動のランキング戦!

今日の八丈島は風もなく暖かかった!昼間はTシャツ1枚でも大丈夫、帰ってきてよかった~。もってこいの草むしり日和だ。朝8時、シルバー人材センターから3人のスペシャリストが登場。え~、こんなおじいちゃんやおばあちゃんで大丈夫なの?そんな心配をよそに、草むしりはガンガンと進んでいる。大阪のインフィオラータで鍛えてきた僕の比ではない・・・本当にスペシャリストだ。あの手のつけられなかった庭がどんどん息を吹き返してくる。3時には庭が完全復活!なんと2tトラック山積みで2往復分の雑草であった。これじゃ1人ではやりきれない。なんでもこのスペシャリスト達は本当に草むしりのスペシャリストで、毎日草むしりをしているらしい。その上、腰も全然痛くないようである・・・どうか僕にその秘訣を教えてください!!最後に「またたくさん雑草を生やして来年も呼んでね!」といって去っていった・・・来年はこうなる前にちょこちょこむしります!でもありがとうございました!!

この前の日曜日は東京で、僕が所属している卓球のクラブチーム「東京キングコング」の後期ランキング戦があった。前にも書いたがアートディレクターの浅葉克己氏率いるこのチームは自己顕示欲の強い業界人が多い。(元中国ナショナルチームの東海選手や、最近テレビや雑誌等で活躍している四元選手等、正統派な選手もいることを追記しておく)当日は10時集合、10時半試合開始とのこと。早めに行って疲れると体力がもたないので、今回は10時ジャストに会場入り・・・しかし・・・誰も来ていない。いるのは駒澤大学の学生だけ。結局学生達と練習試合を開始・・・ちょっと疲れたから休もうかな?と思った矢先ゾロゾロとライバル達が登場、結局試合開始は11時半!!(普通の試合なら全員棄権だぞ!)
僕はトップランクの1部、そして1部の選手は7人である。僕の最初の相手は前回入れ替え戦で女性ながら浅葉さんに勝って2部から上がってきた、妖怪卓球の大崎さん。前に楽に勝った相手なので初戦の相手としてはラッキーと思いきや・・・まさかのストレート負け!前よりも妖怪度が増している・・・。2試合目は本日2勝獲得している絶好調の牛山選手。名門武蔵高校を卒業しながらも怪しげな商売に励む謎の選手。そして3試合目はこれも謎が多い鳥本選手。(何故か謎の多い選手が続く)この2試合を勝利、そして因縁の対決へ・・・。
f0000593_0174053.jpg4試合目はここ数回連続優勝している渡辺選手・・・彼は業界人ではない。いつもセットオールの接戦の末敗れてしまう。しかし今回は初戦で妖怪に敗れているためもう負けられない。渡辺選手は僕のダブルスのパートナーでもあり、ダブルス時の主導権を得るためにも負けられないのだ!!写真を見てもらえば一目瞭然だが・・・すでに体力を消耗している僕は棒立ち状態、まだ元気な渡辺選手はしっかりと膝が入っている。結果は言わずと知れたこと・・・今回もセットオールの末敗れてしまった。結局午前中は2勝2敗、午後への巻き返しを狙う。
残りは2試合・・・しかしこれが問題だ!ここで2つ落とすと2部への入れ替え戦の可能性が!!初戦は藤沼選手。卓球の名門高校を卒業したインターハイ代表選手である。その上、福原愛ちゃんのダブルスパートナーである日本代表選手の藤沼亜衣選手の兄貴でもある。あまり関係はないが・・・。彼とは戦ってみないと結果がわからない・・・要は藤沼選手の攻撃が入れば負けということである。(入らなければ勝ち!)結果は前回同様、攻撃が入らないので僕の勝ち!!これで3勝2敗。次も勝てば優勝の可能性もでてきた。次の相手はかつて全日本カデットで優勝、駒澤大学ではキャプテンを務めた田代選手。浴衣を着て戦えば負ける気はしないのだが、ユニフォームでは分が悪い。結局セットオールの末負けてしまい、最終成績は3勝3敗であった。4人が同率であったため、セット数で僕は5位、なんとか入れ替え戦はまぬがれた。

夜からは青山で表彰式兼忘年会。業界人の性質上、嫌なことはすぐ忘れるためなごやかな宴が繰り広げられる。
f0000593_0381911.jpgこの男は宿命のライバル鍋島選手。危なそうな雰囲気を醸し出しているが、酔うとすぐ寝てしまうカメラマンである。「BRIO」という男性雑誌の表紙の写真は彼のワーキングである。彼とはもう14・5年バトルのような試合を繰り広げている。要はおたがい「コイツには負けたくないのだ!」。ということで、おたがい負けて何本のラケットを折ったことか・・・大人気ない。まあ、僕と鍋島選手との試合はランキング戦のみならず、試合会場での名物試合であることは言うまでもない。
f0000593_0465836.jpgそして大御所、浅葉克己選手。今回は2部2位で1部との入れ替え戦に臨んだが、惜しくも牛山選手に破れ2部残留となってしまった。次回1部復帰お待ちしています。浅葉さんは前の週沖縄で全国べテラン大会に出場、ダブルス3位、シングルスベスト8になった。来年はW優勝を目指すらしい。頑張ってください!!
あっという間の楽しい1日であったが、考えてみると10試合以上戦った。無理はよくない・・・今日もまだ筋肉痛がとれていないのだ。そう思うと、やっぱりシルバーのスペシャリスト達は凄いんだな~。
f0000593_0561532.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2005-12-21 01:02 | 八丈島

島も寒い!!

大阪での公開(後悔?)インフィオラータ制作もなんとか第1弾が終了、残りは今週の金曜日に制作する。今度はプリザーブドフラワーではなく、生のバラを5,000本ほど使用し制作する。通常は会場で参加者とともに花むしりをするのだが、今回も2人で制作するため花むしりは事前に自社内で終わらせることにした。果たして今回はどれぐらい時間がかかるのだろうか?
f0000593_2342311.jpg今回の作品のデザインはコレ!今回は花を中心に制作するので、カラーサンドは黒・青・緑+ピンクの4色でいこうと思う。(花は7色使用)これで3作品が出揃い完成となる。展示期間は25日まで。是非血と汗と涙ならぬ、腰痛と筋肉痛と寝不足の結晶を見てやってください!!会場は大阪の京橋駅からすぐ、TWIN21の1階ギャラリー。吹き抜け空間なので、上から全景を撮影することもできる。クリスマスイルミネーションもいいけど、バラが創りだすフラワーファンタジーも一見の価値はある・・・はず。

第2弾制作までの間のひと時、10日ぶりに帰島した。強烈な寒波のため昨日は島でも雪がぱらついたようである。東京に比べると寒さもきつくないが、それでもやはり寒い!相変わらず強風も吹いている。しかし不思議なことに“愛すべきヤツラ(ヤスデ)”が1匹もいない!!部屋の中にも死骸がない・・・寒いからでてこないのか?しかしこれほどまで完全に姿を見せないのも珍しい・・・8月以来だ。まあ、いないにこしたことはないのでヨシとしよう。
急に寒くなったせいか、疲労が原因か風邪気味で体調がよくない。(早く寝ればいいのに、またブログしてるし・・・)そこに一勝さんからのお誘い・・・
一勝さんとは、そうあの島の太っ腹おじさんだ。本人は太っ腹おじさんよいう呼ばれ方は気に入らないらしく、「自分は“どはんけ”だ!」と常日頃言っているので、これからは“どはんけおじさん”と呼ぶことにする。“どはんけ”とは島の方言ですごく変わった人(いい意味で・・・)という意味だそうだ。今晩は伊勢海老を40kgほど買ったらしく「伊勢海老鍋」だった。鍋の中には島で採れた野菜とともに伊勢海老がたくさん入っている。こんな贅沢な料理は初めてだ!しかも美味しい!!なんでもこの飲み会、僕が上京する前から毎日連続で行っていて、いい加減“肉”が飽きたので“伊勢海老”にしたそうだ。というわけで今夜はたっぷりと鍋をつっついたので、ちょっとは風邪がよくなったかも・・・
f0000593_0462921.jpgもうひとつびっくりしたのはクリスマスイルミネーション。一勝さんの飲み会会場に設置されたクリスマスイルミネーションが、確か上京する前は1本だけだったのに、こんなに増えてしまった。これ全部飲み会に参加している街の人たちのお手製だ!!これはたぶん島一番だろう。日に日に増えているようだが、クリスマスまであと6日・・・一体どこまで増えるのだろうか??
毎年12月30日はここで名物「大餅つき大会」が行われるそうだが、今年はクリスマスイブにも餅つきを行い、観光客や子供たちにつきたてのお餅を振舞うらしい。残念ながら僕はインフィオラータ制作のため大阪に行ってしまうので参加できない・・・でも30日は是非とも参加するぞ!八丈島来島予定の皆さん、八丈島へお越しの際は、是非ともこの“どはんけ”なおじさんに会いに中之郷までおじゃりやれ!!
[PR]
by isolabella2005 | 2005-12-20 00:59 | インフィオラータ

今年最後のインフィオラータ④

や、やっと完成した~!!!!!!!昨夜9時に。夕方5時に弟は僕1人残し、次のイベント会場である小田原に行ってしまい、そこからは孤独な闘い・・・まだ1/3ぐらい残っているのに・・・本当に今日終わるのだろうかという不安と下半身の不安をかかえながら・・・この状況、2000年のクリスマスに行ったライトアップイベント「10000本のメリークリスマス」以来5年ぶりの感覚だ。あの時も1ヶ月は後遺症が残った・・・果たして今回は?明後日はキングコングのランキング戦があるのに。
9時の終了時にはもうまっすぐ立つことも歩くことも、座ることもできない状態、もう下半身不随といった感じだ。マッサージ師を呼んだが炎症をおこしているからやめた方がいいと言われるし。
結局ブログを更新する気力もなくベッドへ直行、明日のチェックアウト前に作ろうと思ったのだが目が覚めたら朝の9時30分。8:48分の新幹線に乗るはずだったのに・・・結局間に合わず伊丹空港に行き飛行機で帰ってきた。

f0000593_1829638.jpgほとんどを1人で制作したので出来上がりはいい作品になっていると思う。特に昨日紹介した牛や馬もそうだがキャラクターの表情がよくできた。2作目の「笛を吹く少年」の絵では、ちょっと伏し目がちの少年にアイラインをいれてみた。(オレンジと紫で)ちょっとニューハーフっぽくていい感じかな?(ちなみに僕はその気はありません)
今回の作品は1つ40㎡の大きさである。2作品だから合計80㎡。通常晴海等で行っているインフィオラータは1作品25㎡ぐらいであり、だいたい25~30人ぐらいで制作する。従って今回の大きさであれば100人ぐらいで制作するサイズなのである。それを1人(+弟)で制作したのである。やっていくうちに「これは無謀な企画であった!」ことに気がついた・・・しかし時は既に遅し、もう後戻りはできなかった。場所が東京であれば、まだ人を集めることもできたのだが、さすがに大阪ではそれもできない。言い換えれば僕は4日間で100人分の仕事をしたことになる。
これぞ本当の100人力!??
昨夜は終了間際に広告代理店のJICの吉田氏と小野氏が会場に登場、まわりに杉の葉を置く作業を手伝ってくれたので助かった~。それまで1人でやっていたら絶対11時は越していたと思う。終了後、近くで美味しい夕食をご馳走になりありがとうございました!!しかし3杯ほど飲んだアルコールが全身にまわり、ホテルまでの数10mがすごく遠く感じた・・・というか、よく部屋までたどりつけたと思う。
もうしばらくはインフィオラータなんか見たくない!!と思っているのだが、また22日には大阪に戻り、23日は3人で制作しなければならない。(今度のサイズは4mだから、ちょっと楽!)いずれにしても、インフィオラータというものは市民交流型のフェスティバルであり、みんなで力をあわせて作り上げるものだということが、痛いほどわかった4日間であった。

教訓 : 「インフィオラータは決して1人で制作してはならない!」
f0000593_1852944.jpg

f0000593_18522952.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2005-12-16 09:37 | インフィオラータ

今年最後のインフィオラータ③

当初の予定では明日の夕方までにはすべて完成し、東京に戻り、ゆっくり睡眠をとって体力の回復をはかろうと思っていたのだが、やはり予定は未定・・・たぶん明日は夜中までかかってしまうんだろう、それも弟は6時前の新幹線で帰ってしまうので1人寂しく孤独に・・・。どうせ八丈島でも1人だから孤独には慣れているさ!と強がってはみても、さすがに終わる当てがない孤独には絶えられるか不安だ。
今日も朝3時に起床し企画書づくりを試みたが、相当疲労がたまっているようで全く集中力がない・・・というより頭が回らない!普段なら数時間あればできる内容なのにもう3日もかかっている。その上今日もこの後しなければならない。明日の4時からプレゼンがあるので、もうタイムリミットである。こちらも相当不安になっている。疲労が蓄積されえているせいか、日に日に愚痴が増えているような気がする・・・まあ煙たがらずお付き合いください!!
今年最後の制作もついに3日目に突入、今日も花門さんからヘルプが来てくれた。午前中は今年の10月に、同じく大阪の「なんばパークス」で行ったインフィオラータの時に手伝ってもらった沢井君が登場、そして午後からはまたまた支社長が手伝いに来てくれた・・・頼もしい!!欲を言うのであれば女の子のお手伝いがよかった!!そうすれば少しは疲れも半減するかも?
f0000593_236625.jpg
見てください!本日3時にやっと1枚目が完成!まだ絵のまわりに杉の葉を置いていないので完全ではないけど、花絵の部分は終了である。

f0000593_23502862.jpgこの馬と牛のりりしい顔を見てください!自慢は目元。ちょっとカラーシャドウをいれ目をくっきり見せるようにアレンジしてみた。同じく女性の目元も上品に見せてみた。
今回特に苦労したのは花とカラーサンドの区分け・・・今回は花7色、カラーサンド9色を使用している。もともとはカラーサンドのみで創るはずだったが、プリザーブドフラワーのバラの花が手に入ったので急遽併用することにした。いつものようにデザインに併せた花の数ではなく、あるものを使用することになるので、使用できる数量の検討がつかない。デザインと花の残数を見ながら、花で創るところを決めていかなければならないのである。とりあえず1枚目はサンタクロースを中心に“生物”を花で制作してみた。相変わらずの自我自賛ではあるが、いい出来栄えだと思う。
いまだ2枚目についてはノータッチ、弟と花門スタッフが制作している。主にカラーサンドの部分を中心に制作を進めているのだが、ちょっと見ぬうちに結構進行しているではないか。こちらもサンタクロースを中心に花で制作していこうと考えている。まずはサンタクロースのコスチュームに使用する“濃いピンク”、このために1枚目では、この色の花を一切使用していない。中々きれいな色なのでお楽しみに!!
これが今日のでき状態・・・さあ、明日は頑張るぞ!!でもその前に企画書を終わらせないと・・・。

f0000593_0573746.jpg実は今日も試写会に出かけた。会場は本町の御堂会館、作品は三谷幸喜氏作の「THE有頂天ホテル」である。三谷氏3作目の監督作品であり、次から次へと登場する豪華キャストが話題の作品である。開演前にはもう満員状態・・・さすが人気がある。開演のベルが鳴り客電が暗くなる。ステージ上に司会者が登場し、今日は特別ゲストが来ているとのことである。もしかして・・・まさか?ゲストは三谷幸喜氏と主演の佐藤浩市氏であった。僕はすぐさまホールをでてホワイエへ!タイミングが合わず20数年ぶりの再会にはならなかったが、スタッフに名刺を渡しておいたので気が向けば連絡でもくれるのではないかな?実は三谷氏とは大学で同級(といっても僕は1浪しているので、学年は彼のが1年先輩)、それも演劇学科の教養コース(戯曲コース)でいっしょであった。教養コースは1学年10数人しかいないので、学年の壁を乗り越え皆仲がよかった。あの頃は三谷氏主宰の「東京サンシャインボーイズ」と高橋功氏主宰の「劇団ショーマ」が人気で、友人達はどちらかの劇団に所属し活動していた。僕は音楽ばかりやっていたので演劇とは無縁であったが、三谷氏は音楽にも興味があったようで、よく僕のライブにはいろいろな変装をして聴きにきてくれた。確かクリスマスシーズンに渋谷のライブハウスで演奏した時は、自宅からサンタクロースの変装(メークまでばっちり!)で来場し飲み会もその格好で参加していた記憶がある。あの頃は僕がステージ上で彼が客席にいたのに、今では逆の立場になってしまった・・・でも友人達が第一線で活躍していることは喜ばしいことである。その頃の僕のバンドメンバーでサックスを吹いていたのが山本拓夫氏で、現在では日本のNo1プレイヤーとしてサザンオールスターズのサポートメンバー等で活躍している。実は彼と三谷氏は中学の同級生である。これも偶然であった。考えてみるとあの頃いっしょに活動していたメンバーは皆音楽界の第一線で頑張っている。オルケスタ・デラルスのボーカルのノラ、元米米クラブのサックス奏者のフラッシュ金子、ギタリストと音楽プロデューサーの佐橋佳幸・・・そういえばimageの音楽プロデューサーの羽毛田丈文氏には音楽コンテストの決勝で負け2位に甘んじてしまった・・・思い返すとあの頃いっしょに同じ夢を追っていた連中は、皆夢をつかんで頑張ってるな~。僕も小説を書こうと思って八丈島に移住したのに、草むしりをしている間に1年が経ってしまった・・・。来年は遅まきながら夢に向かって頑張って生きたいと思う。そろそろスポットライトをこちらに向けさせないと・・・ね!
[PR]
by isolabella2005 | 2005-12-15 01:39 | インフィオラータ

今年最後のインフィオラータ②

もうイヤだ!・・・と心とは裏腹に体が悲鳴をあげている。めったに弱音を吐かない弟までもが泣きがはいっている。これは冗談を抜きにしても本当に大変な作業である。もう腰から下だ自分のものではないような感覚である。(変な意味ではないが・・・)特に膝に力が入らずまっすぐに歩くことができない。今日は朝から協力会社の“花門大阪支社”から若い女の子(松井ちゃん)がヘルプに来てくれた。午後からは支社長まで登場・・・お蔭様でずいぶん制作が進行した。とはいえまだ1枚目は未完成・・・午後からは2枚目を同時進行で始めた。

f0000593_22443639.jpg
2枚目の作品のデザインはコレ!!
ちょっと変わったというかユニークな作品だ。何故サンタがべスパに乗ってフェラーリをプレゼントしに行くんだ!こんなプレゼントをくれるなら是非我家で手厚くお迎えしたいものだ。まあ、こんな可笑しなデザインもたまにはよしとしよう・・・アントワーヌも疲れているんだろう?
結局僕は企画書が終わらず10時から合流し制作を開始。午前中は3人で作業するが中々終わりが見えない。これがお昼の状況・・・昨日の終わりの写真と大差なし・・・。

f0000593_22511198.jpg
今日も朝食をたらふく食べてしまったため昼食は抜き・・・休むことも許されず黙々と作業。だんだん立つことすら困難になってきた。午後からは弟と花門の支社長が2枚目の制作を開始、僕と松井ちゃんで残った作業を続ける。松井ちゃんは中々のみこみがよく、どんどん絵が出来上がっていく。今夜はなんばで「男たちの大和」の試写会があるから5時までしかできない。気合をいれて花を置いていく。サウナの中では1分すら長く感じるのに、こういう時は時間が経つのが早い・・・気がつけばもう4時45分である。試写会は早く行って並ばないといい席がとれない・・・というか遅くなると立ち見となってしまう。さっきまで足が動かなかったのに、こういう状況ではテキパキと俊敏な動きだ・・・人間の体というのは本当に不思議だ?
今日の最終状況である。結構進んだ気がする。明日の午前中には1枚目は完成するだろう。まあ2枚目も既に制作に入っているので、予定通り木曜日には完成しそうな気配となってきた。
f0000593_2362149.jpg
f0000593_2363893.jpg

f0000593_2375297.jpg

最後に「男たちの大和」・・・そこそこでした。本編より予告編の方が感動するかな?やっぱり長渕剛のテーマ曲「Close your eyes」が最後まで耳に残った。あの曲は結構好きだ!いつもこういう映画を観ると思うけど、愛する人を守るとか、家族を守るとか、祖国を守るとかいうけど、それなら戦争をしないことがもっとも愛すべき人や家族や祖国を守れる手段なんではないであろうか?やっぱり人間は愚かな生物である・・・今日は徹夜か・・・
[PR]
by isolabella2005 | 2005-12-13 23:14 | インフィオラータ

今年最後のインフィオラータ①

昨日(12/11)、大阪入りし宿泊先のホテルモントレー ラ・スールのスパで英気を養う。そして今年最後のインフィオラータに向け、いざ出陣!いつもは一般参加者に制作を手伝ってもらうのだが、今回は締めくくりということもあり僕が1人で制作することにした・・・公開制作だ!
今日から4日間ほどかけ直径7mのインフィオラータ2枚を制作、残りは23日に直径4mのものを数人で制作する。そこで今日から完成までをブログで紹介していくことにした。

f0000593_0121018.jpg今回のテーマは「Natale(クリスマス)」である。最初の作品はサンタクロースを前面に出したデザイン。花どんたくで余ったプリザーブドフラワーを要所要所に使い、カラーサンド中心に制作しようと考えた。朝9時に会場入りし下絵を設置する。

f0000593_0215657.jpg



下絵を置いてみると予想以上にデカイ!!はたして1人で完成させることができるのか?計算上では1枚を2日間で終わらせなければならない。これでは公開制作ではなく、後悔制作だ。その上悪いことに朝10時に到着予定の資材が届かない・・・花もカラーサンドも全部!!時間ばかりがどんどんと過ぎていく・・・そして予定を2時間遅れ資材が到着、結局制作開始はお昼過ぎとなった。幸いにもホテルでの朝食をたらふく食べたせいかお腹がすかないので、昼食は抜き!制作に専念することにした。弟に1部カラーサンドの部分を手伝ってもらい、僕はメインのサンタクロースのデザインから始める。とっとと進めればいいのに、性格なのか凝ってしまい時間ばかりがどんどん過ぎていく。
f0000593_0311166.jpg
懸命に制作するいじらしい姿が見えるであろうか?これがちょうど4時頃の状態である。つまり4時間制作してこれだけしかできていない・・・。この後、田舎の高校生が修学旅行でやってきた。多くの学生に周囲を囲まれやりずらい・・・30分経過。ちっちゃな男の子がやってきて「ガンバレ!ガンバレ!お兄ちゃん!!」と大きな声でエールを贈ってくれる。恥ずかしいが「お兄ちゃん!!」という響きに気をよくし速度があがる。今日は5時で終了し、ビールを飲んでゆっくりホテルのスパでサウナを楽しむ予定であったが、そんなことも言っていられる状況でなくなり、結局6時過ぎまで制作。もう腰が言うことをきかなくなり、後ろ髪を引かれながらも第1日目を終了した。今日の進行状況は以下の通りです。

f0000593_051294.jpg終了後は言うまでもなくビールを飲んで、サウナに入って・・・そしてブログを書いているのである。今日もこの後、企画書を作らなければならないのに、こんなことをしていていいのであろうか?明日は6時半からなんばで映画の試写会である。作品は「男たちの大和」。これ見たかったんだ~。制作しているインフィオラータの上に大型ビジョンがあり、何回もこの作品のCMが流れるものだから、気分はどんどん盛り上がってくる。なんだか試写会に行くというより、戦艦大和に乗り込む気分である。
今日の報告はこのぐらいにして、企画書制作のためちょっと仮眠することにします。それにしても完成させられるのかな~???
f0000593_050475.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2005-12-13 00:55 | インフィオラータ


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧