島とバラ色の生活



<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


イタリア奇行?⑦ヴェネツィアンカーニバル

ここ数日島は天気が悪い。昨日は両親が来島するはずだったが、嵐のような風と雨のため飛行機が欠航、今日再度チャレンジということになった。昨夜は町の“さんち”という会合(飲み会)があった。なんでも年3回、旧暦の23日に集まる昔からの慣わしらしい。“さんち”の意味は、3のつく日ということらしいが定かではない。“さんち”の後、会場となったみつくに食堂の若旦那と、東京でショットバーを経営し2年前に帰島した沖山君と3人で呑みなおし・・・焼酎についていろいろ教えてもらった。その上、熊本の米焼酎「大石」を飲ませてもらったが、これが美味しい!僕はそれほどお酒が強いわけではないので、焼酎は必ず何かで割らないと飲めないのだが、これはストレートで飲むことができる。いい(?)経験をさせてもらった。
来年僕が住んでいる中之郷と樫立の小学校が合併、現在の三原中学校の敷地内に新しい小学校が開校する。それに伴い2つの小学校は廃校となってしまう。なんでも中之郷小学校は131年の歴史を有する学校らしい。そんな歴史のある学校が取り壊されるのは大変惜しまれる。イタリアの街は古い建物が多いが、一歩中に入ると近代的であったり、オシャレであったりと、外観とは全く違う様相である。つまり古き良き歴史は極力残すというお国柄である。インフィオラータのアートディレクター“アントワーヌ”氏のアトリエなんかは、外観は廃屋のような建物だが、アトリエ室内はまるで別世界である。中之郷小学校も是非再利用し残してほしい“歴史”である。
今回のイタリア奇行では、そんなイタリアの古くから続く伝統的なカーニバルを紹介したい。
ちょうど今頃開催されているヨーロッパ三大カーニバルの1つ「ヴェネツィアンカーニバル」、通称「マスクカーニバル」である。毎年2月から3月にかけ2~3週間行われるもので、11世紀から行われている。メインの会場となるサンマルコ広場では、いたるところで仮装をしたマスケラ達が観光客のフラッシュを浴びている。仮装も手の込んだゴージャスなものから、簡易なものまで様々であるが、このカーニバルの特徴はなんといっても“参加型”であること。街のいたるところで仮装グッズが販売されており、観光客たちはそれらを身につけ、一体となってカーニバルを楽しむのである。
f0000593_13413049.jpg
僕は2001年に初めて訪れ、2002年・2004年と3回行った。その内、2002年・2004年は、ゴージャスな衣装を着てカーニバルに参加することができたのである。f0000593_1343620.jpg
2001年4月に東京晴海にオープンしたトリトンスクエアのオープニングをプロデュースした際に出会った、カーニバルを代表するデボラ・ナニア率いるグループ「ラ・ボッテガ・デイ・ソンニ」の一員として参加したのである。このグループのコスチュームはなんといってもゴージャス!カーニバルNo.1といっても過言ではない。事実、ヴェネツィアで売られているポストカードやカレンダー等では必ずこのグループが登場している。またこのグループが登場すると各国メディアの取材の嵐である。実は僕もどこの国かは忘れてしまったが、いくつかの番組に取材された。
このグループは、コスチュームデザイナーの“デボラ・ナニア”が主宰しているのだが、彼女は毎年カーニバルにあわせてテーマを決めコスチュームを製作している。既になんと100着以上もの作品を所有している。このコスチュームをグループのメンバーが着用しカーニバルに登場するのである。ちなみに僕は「キング」のコスチュームを着用した。またこのグループはカーニバルだけではなく、ヨーロッパを中心に世界各国のフェスティバルやショーにも出演している。
サンマルコ広場では、カフェでマスケラ達が談話しているシーンやゴンドラに乗っているシーンもよく見られるが、2001年に行った時は、世界最古のカフェといわれる「カフェ・フローリア」やゴンドラを貸しきって撮影した。(バブリーな仕事だったな~)
f0000593_13532456.jpg
カーニバルの期間中は毎夜、アカデミア橋近くのレストランで、世界各国から集まったマスケラ達とワインを飲みながら騒ぎまくる・・・本当に朝から夜中までカーニバルである。でも一番よかったことはマスクをしていれば、世界各国の人達とコミュニケーションがとれることだ。そう考えると人と人とのコミュニケーションは言葉ではないんだな~とつくづく思う。
f0000593_1354029.jpg

昨年1月に東京ドームで行われた「イタリアフェスティバルin東京ドーム」で、久しぶりに彼女たちを日本へ招いた。当初前半1週間だけの出演だったのだが、人気が高く結局期間通しで出演することになった。そういえば、今回のトリノオリンピックの開会式に登場することになったら、僕もマスケラとして出演させてもらう約束をしていたのだが残念ながら機会がなかったようだ。準備万端で呼び出しを待っていたのに・・・やっぱり旗振りの練習をしておけばよかったかな?前に紹介したフォッサーノの旗振り隊のエース“イーヴォ”選手が、今回の開会式のパフォーマンスのキャプテンだったようだ。
昨年はここ数年では初めて1度もイタリアに行かなかった・・・今年は6月18・19日にジェンツァーノ市のインフィオラータもある。このあたりに行けるといいのだが・・・
f0000593_147193.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2006-02-25 14:07 | イタリア

大洗にアウトレットモールがオープン!

今回は1週間東京に滞在、やっと明日島に帰ることができる。今回の1週間は中々凝縮された1週間であった。新宿NSビルでのインフィオラータ、杉並区の団体戦で準優勝(これは不満!)、そして子供の高校受験の合格。高校受験といえば、僕は中学3年の時は本当に夜も寝ずに勉強をしていた覚えがある。毎日勉強をしているうちに、成績があがることより、問題を解いていくことに楽しさを感じていた。結局偏差値では問題はなかったものの、志望校にはことごとく嫌われてしまった。あの日から子供ながらに、いくら頑張っても結果がついてくるわけではないことを悟ってしまった。子供は確かに一生懸命勉強をしていたようだが、僕に比べればまだまだ足りないように感じられた。それなのに自分の実力以上の志望校に合格・・・これが人生なんだな~とつくづく感じてしまった。まああの時志望校に落ちたから、今の環境があるんだなと思うと、人生はやっぱり帳尻があうようにできているのかな?とりあえず合格したのでよしとしよう。
さて新宿でのインフィオラータも無事終わり、次は3月18日にオープンするアウトレットモールのプロデュースである。
f0000593_1631454.jpg場所は茨城県の大洗。ビーチ沿いに建つ約80店舗のアウトレットショップで構成されたリゾートアウトレットである。名称は「大洗リゾートアウトレット」。ナイキやアディダス等の人気ショップが勢揃いしている。ビーチ沿いなので、夏なんかは海から水着のまま来られるというメリットがある。僕は今回ここのオープニングイベントのプロデュースを行う。若い頃は商業施設をいくつもプロデュースしてきたが、我慢の効かない性格ゆえ、見るもの見るもの買いたくなってしまう・・・そんなことでしばらく離れていたのだが、今年になってまた商業施設のプロデュース業務が増えてきた。
アウトレットモールは1消費者としても大好きなので楽しみだ。オープンは3月18日、10時。
皆さん、ドライブがてら是非ご来場ください。なお、海岸から海賊船による海底遊覧サービスも行われます。
それより3月15・16日は東京選手権である。果たしてそれまでにちゃんと調整ができるのであろうか?
f0000593_16502862.jpg

f0000593_16505290.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2006-02-16 16:54 | イベント

フラワーバレンタイン2006 インフィオラータ

今日は今年最初のインフィオラータ「フラワーバレンタイン2006」が新宿NSビルで行われた。テーマは“バレンタイン”。30階吹き抜けの大きな空間に、11m×18mの巨大な1枚絵を120名の一般参加者とともに制作した。とはいえ、もう経験者が大半で、過去に晴海や新宿で経験された方々である。多い人はもう5~6回も参加している。参加型のイベントは、このようなリピーターの方々あってこそ育成され長続きするものである。
朝9時に集合し、まずは花むしり。今回は約40,000本のバラを使用しているので、花むしりには午前中いっぱいかかりそうだ。f0000593_22341468.jpgそこで、イタリアのアートディレクター「アントワーヌ」が、この時間を利用し、デザインのキーとなるキャラクターの“顔”を制作する。さすがは本場・・・素晴らしい表情が出来上がる。
原画では顔はピンク1色で描かれているの、このアレンジ・・・オレンジや赤、白、黄色等のカラーサンドを活用し、こんな表情を作ってしまうのである。僕も顔づくりには自信があるのだが、やっぱり年季の違いか、それともセンスの違いか?・・・まあ、僕はプロデューサーだから・・・ということにしておこう。お昼には40,000本の花むしりがすべて終わり、休憩をはさんで午後1時半から花絵の制作開始。120名の参加者が4チームに分かれ、一気に制作に入る。120名が一同に下絵の中で制作する景観は迫力がある。約200㎡の1枚絵は多分日本では最大規模である。余談ではあるが1枚絵では2年に1度、ベルギーのブリュッセルで行われるフラワーカーペットが最大だ。(これは本当に凄い!1枚絵のフラワーカーペットである)迫力だけではなく速度も速い!どんどん完成に近づいてきた。
f0000593_23112483.jpg

f0000593_23114487.jpg

午後5時頃には記念撮影も終了し見事完成!!この新宿NSビルのメリットは上からインフィオラータを見下ろせるところにある。特に29階の空中廊下?からは俯瞰で全景を見る事ができる。
「フラワーバレンタイン2006」は2月15日まで開催中!是非1度ご覧ください。
これからコアシーズンとなる春に向け、全国各所で行われる予定、是非参加の方もよろしくお願いします!
f0000593_23251889.jpg

f0000593_23261960.jpg
f0000593_23275042.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2006-02-11 22:34 | インフィオラータ

笑顔の咲く街

2週間ぶりに八丈島に帰島。昨日はなんと60年ぶりの大雪で3cmの積雪があったようだ。本当にこの南の島に雪が降るなんて、こちらに引っ越すまでは全然知らなかった。しかし今日は打って変わっていい天気だ。風はあるものの、東京に比べれば全然暖かい。東京では着込んで暖房をつけてもまだ寒かったのに、今僕の格好はセーター1枚だ。暖房もつけていない。
2週間も東京にいると島のよさを実感する。生まれも育ちも世田谷の下北沢・・・根っからの東京っ子である。でもあの便利な街よりも、不便で何もないこの島が好きなのである。なんといえばいいのか・・・要は開放感があるのだ!(言わば小菅の拘置所の3畳一間から、晴れて六本木ヒルズに戻ってきたような)
昨日、サントリーホール大ホールで六本木男声合唱団倶楽部の定期コンサートがあった。アマチュア合唱団なのだが、プロのオーケストラを引き連れ、さらに指揮者には大友直人氏を迎え盛大に行われた。羽田元首相や作家の島田雅彦氏、俳優の辰巳琢郎氏、そして三枝成彰氏やケント・ギルバード氏をはじめ、政界人、財界人、文化人等による合唱団ならではの客層・・・来場者のファッションを見ているだけでも豪華であった。僕は昨夏、「喫煙マナーアップキャンペーン」というイベントのプロデュースをした際、キャンペーンソングを三枝氏に依頼し、六本木男声合唱団に歌っていただいたことからご招待いただいた。実はこのコンサートで、そのキャンペーンソングである「笑顔の咲く街」が歌われたのである。それもサントリーホールの大ホールで・・・自分がプロデュースしたイベントのキャンペーンソングをこのようなシチュエーションで聴くことは大変嬉しく感動した。本当にプロデューサー冥利につきる!!イベントはその時の感動、盛り上がりこそが醍醐味なのである。いわば線香花火のようなもの・・・。しかしこのような形で残るというのも嬉しいことだ。是非これからも歌っていただけるとありがたい。三枝会長!よろしくお願いいたします。また休憩中、眞木準さんから「そろそろステージ側にならないと!」とスカウト?された。前々から浅葉克己さんには「卓球もいいけど、合唱もいいよ。いっしょに歌う卓球選手を目指そう!」とは言われていたけど・・・。最近ちょっと心が揺らいでます。
今日から10日までは島で秘密の企画作業。11日からは新宿NSビルでインフィオラータが始まる。アントワーヌ達も9日に来日だ。15日まで開催していますので、お時間のある方は是非いらしてください。
[PR]
by isolabella2005 | 2006-02-05 15:19 | イベント


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧