島とバラ色の生活



<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧


ワールド・トレードセンター

昨日ブログに書いたばかりだったのだが、早速今年の話題作「ワールド・トレード・センター」の試写会のチケットが出回り始めた。
この映画は、あの“9.11”の時、ワールド・トレード・センターに救出に行った消防士の話である。この前は「ユナイテッド93」を見てきたが、あまりにもドキュメンタリータッチだったため、あたかもあの日のニュースを見ているような、そんな呆然といった感じで見ていた。今回は実話ではあるがドラマし立てのようだ。
早速、終了を待たず即決で購入してしまった。落札価格は1,450円だったが、2名入場できるので格安である。それもまだ上映前の作品がみれるのだから。

僕らのような仕事をしていると、中々ロードショーを見る機会が少ない、というか見れない。見ようと思っていても、毎日スケジュールが埋まり、気がつくと終わってしまっているのである。その点、試写会は日時が決まっているので、予めスケジュールを開けておけばいいわけである。まあ、ロードショーも同じ考えでスケジュールをおさえておけばいいのだが、そう上手くはいかないのだ。
そんな訳で9月4日、竹橋の一ツ橋ホールで感動の話題作「ワールド・トレード・センター」を一足先に見てきます。批評は後ほど・・・。
[PR]
by isolabella2005 | 2006-08-29 23:26 | 卓球

ついになってしまった・・・テニスエルボー

8月上旬から調子が悪かった右肘。日が経つにつれ痛みが悪化する一方である。さすがに楽観的な僕もここまで長引くと少しは不安になる。最近は夜、寝返りをうつ度に痛みで目が覚めてしまう・・・ということで、今日近所で評判の整形外科に行ってきた。個人的には痛み止めの注射でも打ってもらい、薬でももらっておけばすぐ治るだろうぐらいで考えていたのだが、とんでもなかった!!

診察の結果は「重度の上腕骨外上顆炎」、通称「テニスエルボー」であった。「来月予選があるんですが、でれますか?」と尋ねたところ、「冗談じゃない!半年~1年、いやそれ以上かかるかもしれません!!」と怒られてしまった・・・。なんでも無理に練習や試合にでようものなら、どんどん悪化してしまうらしい。
ということは、僕の卓球人生は終わり??この年で1年も練習をしなかったら素人同然になってしまう・・・。やっぱり引退かな??なんだか寂しい気分である。
しばらくは健康維持のため、初心に帰りサウスポーで練習してみようと思う。元々子供の頃はサウスポーだったから少しは順応できるかも?ただもう試合にはでれないだろう・・・。
ただ上腕を使わない運動であればOKのようなので、ジムでのトレーニングは大丈夫なようだ。他に上腕を使わないスポーツがあるだろうか?もう何十年も卓球をやってきたのに・・・怪我で引退するスポーツ選手の気持ちが少しは分かる気がしてきた。

そんなことなので、楽しみにしていた秋の浅葉杯にも出れないし、全国大会の予選も棄権・・・これで土曜・日曜日はゆっくり休暇がとれるようになるのだろう。思い返すと20代・30代の頃は、ほとんど平日は毎日練習、土曜も練習、そしてほとんどの日曜日・祭日は試合にでていたように思える。ここらで普通の生活に戻るのもいいのかもしれない・・・という風に考えることにしよう。
[PR]
by isolabella2005 | 2006-08-29 11:01 | 卓球

二コール・キッドマンが美しい!記憶の棘

東京に戻ったら、まずは試写会!ということで、今夜二コール・キッドマン主演の話題作「記憶の棘」の試写会に行ってきた。夜9時からという珍しい時間帯だが、会場が渋谷のシネセゾンという映画館なので、営業が終わってからの試写会ということだったようだ。こういう時間の試写会だと、仕事を終えて、ジムで軽く汗を流し、自宅で1杯ビールを飲みながら夕食をとり、さあ映画だ!という満喫した1日が過ごせる・・・というか既に実行してしまった。
「記憶の棘」という映画は、「10年前に夫を亡くしたアナ。彼女の前に現れた10歳の少年。彼は告げる、“僕はショーン、君の夫だ”と。」という、簡単に言うと、死んだ夫が生まれ変わり、子供の姿で現れた。というのだが、実は後半にいろいろな展開が待っている。そして見終わった後、一体何なんだ??という論争が起こってしまうという映画である。確かに僕も見終わった後、「えっ?」という感じだったのだが、出口で1枚のチラシをもらい、なるほど!と納得してしまった。要は見た観客の想像にゆだねるという問題提起スタイルの作品なのである。

ただ、心から愛した相手を亡くし、どんな形にせよ、また自分の前に現れたらやっぱり信じてしまうんだろうなと思う。そして自分が死んでしまった側でも、また会いたいと思うんだろうな・・・。ただクライマックスで、少年ショーンがとった決断は、今思うに純粋な子供の心だからこそ決断できた、大人たちへのメッセージなのだろう。彼は純粋な本当の“愛”を知っていたのだ。そして愛するがゆえにその“愛”を捨てたのだ・・・。
興味のある方は是非ご鑑賞ください。9月23日からロードショースタート!!ただまだ時間があるので、ヤフーオークション等で試写会のチケットを落札してみては??

ちょうど今試写会をやっている、キアヌ・リーブス主演の「イルマーレ」。数年前の韓国映画作品のリメイク版である。確かイタリアへ行く飛行機の中で見たのだが、涙が止まらず往復ともに観てしまった作品である。これもおすすめだ!!
そして今一番気になっているのが「ワールド・トレード・センター」。まだ試写会情報がでない。この前トリトンスクエアのHPで試写会応募の情報は見たのだが・・・。心やさしい関係者がいることを願おう!!

先々週の夜、テレビで松田優作の特集をやっていた。僕は「太陽にほえろ」のジーパン刑事時代からの大ファンである。あの殉職シーンは何度真似したことか・・・。そんな番組を見てしまったものだから優作熱に火がつき、ついに過去の出演映画作品を買い集め始めてしまった。今日は新品・中古を含め7作品ほどゲット!!2~3日中には島に届けられると思うので、次回(明後日)帰島したら見まくろう!!でも「俺達の勲章」も捨てがたいんだよね・・・。

愚痴の後は、映画で気分転換?でした。
[PR]
by isolabella2005 | 2006-08-29 00:54 | 映画

最大のチャンスを逃した予選会・・・

8月上旬に痛めた右肘の状態がよくない・・・。もう3週間も経っているのに一向に直る気配が見られないのだ。昨日、東京で全日本マスターズの予選会があるため、数日前に島のガキンチョ相手に試合練習を始めたのだが、それがさらに症状を悪化させることとなった。手首は動かせず、痛みで握力も低下、その上右手で物を持ち上げることができない・・・と言った症状である。あまりにもの痛みと不便さで、試合前日、島で唯一の整骨院「三根整骨院」を見つけ診てもらうことにした。電気治療+指圧+針治療のフルコースでなんと3000円!!それも初診料を含んでの金額だ。なんてリーズナブル!!
そのままおとなしく帰ればいいものを、ちょうど近くで自主合宿中のガキンチョの様子を見に行き、そこで30分ほど練習をしてしまった。すると痛みは絶頂へ!!「明日はもう棄権だな」と半ば諦め最終便で上京した。家についてからも痛みは増すばかり・・・湿布を貼り、早めに就寝。
翌朝、出場か棄権かギリギリまで悩んだが、とりあえず行くだけ行こうと会場へと向かった。会場につくとちょうど試合が始まる直前であった。組み合わせをもらい自分のブロックを探す。

第1ブロックの外シード。上シードは強敵の河合選手であった。しかしその他の選手は過去の試合で負けたことのない選手ばかりである。これは決定戦までは確実だ!!そしてなんと河合選手が棄権した・・・ということは、ほぼ代表権獲得?!周りの選手からも戦う前から「おめでとう」と声を掛けられる。本戦の会場は佐賀。頭の中では「そうだ、貯まっているANAのマイレージを使っていこう」等、とらぬ狸の皮算用状態・・・。えてしてこういう時が一番足元を掬われるのだ。かつても代表決定戦で後1本とれば代表という時、最後のラリーで足を骨折した・・・試合は終わるまで何があるかわからないのだ。
そこで右肘の事を思い出した・・・マズイ!!この人生最大の幸運な組み合わせを無駄にはできない。9時過ぎに会場に着き、第一試合は午後2時。この間念入りにマッサージとストレッチを繰り返す。昨日の治療がよかったのか、痛みもずいぶん落ち着いている。
初戦は問題なくストレート勝ち・・・調子もいい。しかし終わってしばらくすると痛みが復活してきたのだ・・・手首が動かない。
次は準決定戦・・・相手は過去何度も対戦し、1度も負けたことのない選手。しかし手首が使えず変化がつけられない。相手も相当練習を積んでいるようで、甘いボールは確実に攻められる。僕はと言えばチャンスボールまでミスをする状態・・・なんとストレートで負けてしまった。結局、決定戦も彼がストレートで勝利し代表を獲得・・・卓球人生ではかつて足を折って以来の悔しい1日であった。
そう考えると、僕の卓球人生は常にアンラッキーである。中学時代は区大会で優勝。都大会では3位となったが、区大会で圧勝した2位の中学が都大会2位で全国大会に出場。
東京選手権では足を折ったり、食中毒になったりで常に決定戦で敗退。全日本クラブ選手権も全国優勝最有力といわれながら、東京予選の1回戦でストレート負け・・・そして今回・・・。僕には卓球の神様がついていないのかもしれない。9月18日も全国大会の予選があるが、この状態では出場も難しそうだ。

今日整体治療院に行ってきたが、腱と筋肉の両方を痛めているらしい・・・結構重症のようだ。やっぱりしばらくは新しい会社の仕事に専念しろということなのだろうか??体重がふえないようにジムで有酸素運動だけはしておこう・・・。
あ~あ、今日は愚痴だらけのブログでした・・・。

話は違うが、昨日の夜行った世田谷の太子堂(三軒茶屋の近く)にある「ボン・グラード」というイタリアンレストラン、GOOD!だった。店の雰囲気もワインも料理も大満足!!ワインはピエモンテ州のワインで「IL FIORE」という白ワインを飲んだのだが、美味しかった!!名前も気に入った。インフィオラータにピッタリである。値段はソコソコ高めだが味は満足できる。是非1度行ってみては?

※Buon Grado (http://www.buongrado.com/counter)
[PR]
by isolabella2005 | 2006-08-27 16:16 | 卓球

復活を願う、柳ヶ瀬のインフィオラータ

最近様々な場所でインフィオラータが開催されている。その大半は僕らが実施してきたのだが、僕らが関係していないものもいくつかある。「インフィオラータ」という商標をもっているのに、何故他でもやっているんだ?と不思議に思う人もいると思うが、現状はあまり厳しく注意していない・・・ただこれからは新しい会社もできたことだし、ちょっと注意深くチェックしていこうと思う。
現在日本で大規模なインフィオラータというと晴海と神戸だ。晴海はバラの花を使用し、神戸はチューリップの花を使用している。この他大阪の難波でもインフィオラータが恒例化しつつあるが、こちらはカーネーションの花を使用。難波では今年2週に渡って2度インフィオラータを制作する。

様々な街で開催が広がっている反面、廃止となった街も多い・・・。長野の善光寺は2年間は続いたが、あまりにもの費用がかかり開催できなくなってしまった。花はすべて提供され、制作はすべてボランティア、その上規模もそれほど大きくないのに、晴海の3倍経費がかかったらしい。(規模は晴海の半分ぐらいで、その上晴海は花を購入しているのに)前もって相談してくれれば、もっと予算を有意義に使え、継続的な実施もできたはずなのに・・・残念。
そして同じく経費の捻出が困難となり廃止となってしまったのが岐阜の柳ヶ瀬である。ここは通常のインフィオラータとはちょっと様相が違い、ドライフラワーを使用しているのである。デザインは日本の一般参加者たちが行い、制作も友達同士等でグループを組んで行っている。そんなグループがいくつか参加し、コンテスト形式のなっているのだ。残念なことに2003年で終わってしまった。
しかしビックリしたのは、ここのデザイン・作品のクオリティの高さである。日本でもトップクラスといっても過言ではない。
f0000593_23512823.jpg柳ヶ瀬のHPから引用させてもらったのだが、見事!である。この作品がグランプリを獲得した。(2001年度)この他にも入賞作品が掲載されていたが、どれもこれもクオリティの高さはずば抜けている。手前味噌ではないが、僕は晴海のクオリティが国内ではトップクラスだと思っていたが、世の中は広い!!
こんな素晴らしいインフィオラータを作れるまで育成されてきたのに、その上国内で唯一ドライフラワーを使用したオリジナルなインフィオラータなのに・・・何故廃止となってしまったのか?本当に残念なことだ。是非、復活すべきだし、復活できるよう協力したいと思う。早速取締役の皆様に相談してみよう!コンテスト形式というのも盛り上がるし、何だか面白い企画が作れそうだ!!やっぱりいいものは残していかなければ駄目!!それが地域の、そして日本の新しい文化に必ずやなるはずである。柳ヶ瀬のインフィオラータは、そんな文化に値するお祭りに育成されていることに気づいてほしい。
[PR]
by isolabella2005 | 2006-08-25 00:22 | インフィオラータ

はじめての水中写真公開!

なんと・・・楽しみにしていたイタリア出張が急遽延期となってしまった・・・残念!!なんでも新しく変わったジェンツァーノの市長との様々な調整がつかず、時期を改めることとした。1回行けば100万円近くかかってしまうので、無駄足になるのであれば無理をする必要もないだろう。会社も設立したばかりだし経費削減!!ということで、9月はあまり島に戻れないと思っていたが、なんとか戻ってこれそうな気配となってきた。まあ旗振り選手権とモーツァルトのオペラはしばらくお預けだが・・・。

さてさて先日、A広告社のプランナー土屋氏とともに潜ったナズマドの写真データが送られてきた。(余談ではあるが彼はまだ社会復帰ができていないようだ。ダイビングの写真はしっかり送られてくるのだが、肝心の仕事のデータは添付されていなかったり、違うデータが添付されていたり・・・結局4回目のメールでやっと必要データが送られてきた始末である)前からダイビングの時は水中写真を撮りたいと切望していたのだが、中々実現できなかった。しかし今回やっとバディの土屋氏がカメラを持参し念願の撮影をすることができたのだ!!自分で撮影したわけではないが、記念すべき水中写真第1弾である。
まずは海底10m地点でハイ、ポーズ!
f0000593_2314282.jpg

前にも書いたがこの日は潮の流れが早く、まさに歩伏前進ダイビングであった。しかし透明度は抜群!45mの透明度であった。ガイドは僕のインストラクターであるレグルスの水谷さん。ライセンスをとってから初めていっしょに潜る・・・正直言って緊張。教わったことを結構忘れている。案の定、最初のセッティングからミスだらけ・・・覚えが悪くてスミマセン!!
この日は「ユウゼン」によく出会った。八丈島と小笠原でしか見れないと言う貴重な魚。体の模様が「友禅」のようなので「ユウゼン」というらしい。こいつらは近くによっても餌を食べることに夢中なのでじっくり観察できる。本当にきれいな魚である。
f0000593_2385697.jpg

続いての運命的な出会いは「ツバメウオ」。やつは何故か僕に一目惚れしたらしい・・・雄か雌かは定かでないが・・・。突然僕らを見つけるや遠くからダッシュで近づいてきた。その後、写真のようにダイビングをしているほとんどの時間、僕に寄り添って泳いでいたのだ・・・。振り向くといつも後ろにいる、なんてつつましやかな奴なんだろう。
f0000593_23175826.jpg

f0000593_23184865.jpg

約45分間のダイビングであったが、潮の関係か、ガイドへの緊張感か・・・いつもより疲れた。まだ八丈島では5ヶ所のポイントしか潜っていないが、やはりナズマドが一番魚の数が多い。僕は午後はガキンチョとの卓球の練習で同行できなかったが、土屋氏は午後もナズマドへ行き、磯マグロに出会ったと言っていた・・・羨ましい!!
大森君!どうだい?八丈島はいいだろう?今度は是非ダイビングのライセンスを取っていっしょに潜りましょう!!
f0000593_23254627.jpg

最後にバディの土屋君とのツーショット!ナイスな写真をありがとう!!また、おいで!!
[PR]
by isolabella2005 | 2006-08-23 23:27 | ダイビング

ハードな1日

イタリアのドンナ達の注目を集めようとトレーニングに励んできたのだが、島に戻るとスポーツジムがないため、どうしても怠けてしまう。前回は2週間島に戻っていたので、2週間さぼってしまった。そこで12日に東京に戻った際、毎日ジム通いをしようと固く決意していた。
翌日の13日は試写会3本立てのため、14日は朝から気合を入れ、仕事が終わると同時にジムへ直行!!しかしここで大きなショックをうける・・・休館日であった。出鼻をくじかれるとは、まさしくこの事である。「しかたない、明日来るか・・・」と諦めると、さらなるショックが・・・なんと18日まで休館だという。これにはさしもの僕も「ふざけるな!!」と怒鳴りたくなってしまった。なぜなら僕が東京にいるのは20日の午前中まで・・・ということは19日しかトレーニングができない。
サービス業がお盆に休むとは何事か!!サービス業は人様が休んでいる時こそ働かなくてはならないのだ。しかたなく16日は酷暑の体育館に卓球の練習に行き熱中症に・・・。そのうっぷんを晴らすべく、19日は朝一番からジムへと出掛けた。胸・背中・腹・手足と体中を痛めつける。結局4時間ほどトレーニングに励み、夜からは卓球の練習に行こうと予定はしたが、さすがに体がもたなかった。

もうジムには頼らず島でも自主トレをしようと決意し帰島。最近年のせいか朝早く目覚めるので早朝ジョギングをすることにした。そして今日・・・予定通り6時に目覚める・・・天気もいい!!来客者達はまだ熟睡中。そそくさと着替え、初めての島内ランニングを始める。普段はランニングマシンでのランニングのため、一般道の起伏は厳しい・・・その上僕の住む坂上地区は起伏だらけである。ジムでは5~6kmは平気で走れるのに、1kmほどできつくなる。しかしなんとか40分ほど走りこんだ。

そして朝食後はすぐにレグルスダイビングでダイビング!!昨日までの時化がだいぶおさまったのでお気に入りのナズマドへ。しかし潮の流れが速い!!「今日はハードですよ」とガイドさんに脅されながら、いざ潜行!!ここからは本当はバディの土屋君が撮影した水中写真をガンガン掲載し書きたかったのだが、データをおとせず次回へ延期・・・。ただ本当に厳しかった。ほとんど歩伏前進状態・・・ただツバメウオやユウゼン、海亀達と出会い満足!!
午後は僕だけガキンチョ達と卓球の練習・・・早朝ランニングとダイビングで体がボロボロで卓球にならない。なんと中1のガキンチョ4人全員に負けてしまった・・・これは屈辱的だった。そして最後は恒例のサウナ・・・10分×5セットをこなし、残った水分をだしきって今日のトレーニングは終了。果たして明日も早朝ランニングはできるだろうか??
追記ではあるが、サウナの後、だした汗以上のビールを飲んでしまったことは言うまでもない。

さてさて、数日後には八丈島でのダイビング写真を掲載したいと思う。大森君が感動しまくっている沖縄より、八丈島の方が素晴らしいことを是非とも紹介したい。
[PR]
by isolabella2005 | 2006-08-21 23:17 | 八丈島

楽しみになってきたオーストリア

徐々に2年ぶりのイタリアが近づいてくる。3週間後にはジェンツァーノでの仕事も終え、トスカーナ地方に移動している予定である。予定では3週間後の今日は、かの有名なピサの斜塔を見学し、夕方にはイタリア旗振り選手権会場となるマッサ・マリッティマのホテルに入っているはずである。ちょうど今頃は旗振りチームの連中と飲んでいるか、はたまた疲れ果てて寝ているか・・・。

今年のイタリア旗振り選手権は9月9日・10日の2日間行われる。出場チームはカテゴリーA-1というクラスで、サッカーでいえばセリエAと同じクラスである。イタリアに400チーム以上あるといわれる旗振り隊のトップ16チームがチャンピオンシップを争う。よく日本で見るような旗振りとは大違いである。まずは旗の大きさが違う。1本1kgある艶やかな旗を何本も扱う。10m以上も投げ上げキャッチ!それを1本ではなく同時に最高6本の旗を振る。何回見ても飽きのこない妙技である。かつてこの選手権で優勝したチームを2チーム招聘したことがあるが、それはそれは素晴らしかった!
選手権が開催される2日間は、朝9時から夜中の1時過ぎまで行われる。よくまあ、あのドラムとトランペットの音がクレームにならないものだと感心というか、住民の懐の深さが嬉しくなってしまう。日本では絶対に考えられない・・・多分昼間でも大騒ぎになること間違えないしだ!!

選手権が終わった翌日11日には、1度ローマに戻り、一路飛行機でオーストリアへ向かう。オーストリアではウィーン市街の安ホテルに滞在・・・まだできたばかりの会社なので経費は節約しなければならない。今回オーストリアには3泊する。その間にウィーンとザルツブルグでモーツァルトのコンサートを見まくろうという考えである。しかし折角ウィーンに行くのだから、ウィーンの森の温泉にも行ってみたいし、ホイリゲにも行ってみたい・・・。
f0000593_0134537.jpg

ホイリゲとは日本語に訳すと「ワインの造り酒屋」。当年産のワインがためせる居酒屋である。ただお酒はワインしかないようで、間違ってもビール等はオーダーしては駄目らしい。ちょっと調べてみたら、今の時期でも夜は10度を下回る気温なので、多分ビール!という気にはならないだろう。しかし10度といったら八丈島の真冬の気温である。風邪をひかないよう気をつけないと・・・。ローマは真夏で、ウィーンは冬・・・今回は荷物が増えそうだ。
モーツァルトのコンサートは、今回同行するコーディネーターのジュンコに一任しているので、どんなコンサートをリザーブしているのかはわからないが、一応リクエストとしてモーツァルトの歌劇のコンサートとオーダーしてある。本来はオペラを見たかったのだが、ちょっと時期がはずれてしまった・・・やっぱりオペラは真夏に見ないと駄目らしい。

初めてのオーストリアなので、他にも美術館や宮殿等も見に行きたいのだが、実質2日間しかないので、今回は欲は出さずコンサートとホイリゲを満喫しようと思う。また来る楽しみを残しておくのも、旅の楽しみ方であると思う。
[PR]
by isolabella2005 | 2006-08-19 00:24 | インフィオラータ

FOMA復活!

一昨日、ビックカメラに行き、約1年ぶりに携帯電話を買い換えた。
今まで使っていたSO506iSからP902iSに変更、つまりFOMAに変えたのだ、実はFOMAは発売が始まった頃、使っていたのだが全く電波が入らず、使い物にならなかった。そのトラウマから、ドコモから離れauユーザーに変わった。しかし昨年島への移住が決まった時、島ではauが使えないことを知り、泣く泣くドコモと契約したのだ。しかしauに未練が残る僕は、島ではドコモ、島以外ではauと二刀流の携帯生活を始めたのだが、これが中々面倒くさい!その上周りからは非難の声が・・・。そこで覚悟を決め、昨年の9月にドコモ1本化とした。しかしFOMAへの不信感は拭えず、ムーバを購入したのだ。

f0000593_22401283.jpg2年前までイタリアへの出張が多く、海外用の携帯も所有していた。ボーダフォン(当時はJ-PHONE)の海外専用携帯電話でモトローラーの製品である。端末も小さくデザインもかわいいのだが、国内と海外で番号が変わるというデメリットがあった。しかもここ2年は海外へ行く機会もなく、毎月無駄に500円づつ基本料金を払ってきた。ところが今回急遽イタリアへ行くこととなり、それでは国内も海外も共通の番号で、その上1台ですべてまかなえる携帯に変えようということで、この「P902iS」に変えたのだ。

かつてはドコモの仕事も結構していたのだが、最近は遠ざかっていたため情報に疎い。この「P902iS」は、なんと海外でiモードもでき、メールのやりとりもできるらしい。これは便利である。これで今回はわざわざ重い思いをしてPCを持っていく必要がなくなった。ただ通信費が相当高いようなので、なるべく必要最小限で送ってください!!
このデザインはレッド×クリムゾンドットというらしい。中々おしゃれなデザインで気に入っている。デザインはauの方がおしゃれだと思っていたが、ドコモもだいぶよくなってきたものだ。

実はFOMAに切り替えるにあたり、僕は何日も島で観察をしていた。それは僕の家でFOMAが使えるかどうかということであった。ちょうど7月中旬から何人ものFOMAユーザーが泊まりにきている。彼らの様子を見ていると、なんのストレスもなくFOMAを使用している。これも今回FOMAに切り替えた大きな要因である。
そしてもうひとつはテレビ電話とプッシュトーク・・・。とても楽しみにしていたのだが、実は相手がいない・・・。そこでバンニ&純子に頼み、テレビ電話で電話をかけてもらった。記念すべき僕の初テレビ電話であった。しかしまだプッシュトークは未体験のままである。(誰か相手して!!)

まあ、海外での必須アイテム!という言い訳で買い換えたのだが、実はこんな欲望が裏ではメラメラしていたのだ。しかしまだ全然使いこなせていない・・・果たして海外でちゃんと使えるのだろうか?今一不安を隠せない気分だ。その前日曜日に島に戻って、ちゃんと電波が入るかが問題である。
[PR]
by isolabella2005 | 2006-08-17 23:03 | 八丈島

インフィオラータ開催速報

8月8日の設立以来、順調にインフィオラータの開催が決まってきた。前述した小田原・難波・晴海に加え、昨日札幌の開催が決まった。札幌では初めての開催である。会場はアリオ札幌という複合施設であるが、サッポロビール園と言った方がわかりやすいかもしれない。ここはかの有名なジンギスカンの名所である。僕も過去何度となくスキーで札幌に行った際には通っていた。ジンギスカンの食べ放題と美味しい生ビールは何度食べても満足であった。

そしてここの名所である煙突広場に大型のインフィオラータを制作する予定である。10月か11月の実施なのだが、まだ日程やデザインテーマ等詳細は決まっていないので、決まり次第またこのブログで紹介したい。
ますます島に帰る日がなくなってきてしまうが、またまた美味しいジンギスカンと生ビールを味わえるのは大きな楽しみである。小樽では新鮮な寿司を、札幌ではジンギスカンと生ビールを楽しませてくれるJTB北海道の阿部さんには感謝でいっぱいだ。実はこのサッポロビール園は、まさにインフィオラータにぴったりの場所なのである。今回は煙突広場で展開するのだが、今後是非拡大し、通路側にも制作できるようになると、日本を代表する素晴らしいインフィオラータになるだろう。

さて新会社「インフィオラータ・アソシエイツ」のHPを現在作成中。8月末までには第1弾をアップする予定です。その後も順次更新していきますので、今しばらくお待ちください。
[PR]
by isolabella2005 | 2006-08-17 10:19 | インフィオラータ


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧