島とバラ色の生活



<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧


ローマの休日

もう2週間も経ってしまったが、
JTBが「僕と行くイタリア・ジェンツァーノの旅」という
旅行商品を発売し、6月12日よりそのツアーに同行してきた。
同行してきたというと聞こえがいいが、ほぼツアコンのような立場だった??
まあ発売時期が遅かったのもあり、全員が内輪の参加者。。。
弊社社員に、株主に、取引先に、友人にといった参加者プロフィール。
でもこれだけ内輪でも、ツアコンというのは大変な仕事だった。。。
僕には絶対向かない!!
やはり僕は自由気ままな旅が一番!!!!

さて今回のツアーのメインディッシュは、
ジェンツァーノ市で行われるインフィオラータへの参加であった。
観光だけではなく、実際にフェスティバルに参加できるというのが特徴だ。
また宿泊先のホテルも、ローマ法王の別荘地である
カステル・ガンドルフォのおしゃれなリゾートホテルというのもうり。
さらにロンドンでの宿泊も1泊ついて、
5泊7日で248,000円というスペシャル価格!!
来年はもっと参加者を増やして盛り上がりた~い!!!!
でも僕はもうツアコンは勘弁してもらいます。。。

で、ローマに到着した翌日は、みんなでローマ市内観光へ。。
こちらもある程度はその場でリクエストを聞いてコースを設定!!
まずはお決まりのコロッセオエリアへ。。
ここでグループは2つに分かれ、コロッセオとフォロロマーノへ。
僕はフォロロマーノへGO!!

フォロローマノはもう何回来ただろうか??
実はローマの中でも、ここフォロロマーノは一番好きな場所。。
なぜなら古代ローマの匂いが感じられる場所だから。
コロッセオよりこちらの方が古代ローマにトリップできる。。
f0000593_232826100.jpg

今回は古代ローマの遺跡の中に、近代アートのオブジェがコラージュされていた。。
f0000593_23285196.jpg


実はツアーというのは不便な面も多々ある。。。
それは時間が決められていること。
自由気ままな旅なら、気が済むまで散策できるのだが、
ツアーだと時間に合わせて途中で切り上げて戻らなければならない。。
今回も暑い中、パラティーノの丘に登ったのに、
写真を撮ってそのまますぐさま戻るというせわしさ。。。
f0000593_23291884.jpg


汗だくになりながら、コロッセオの前でコロッセオチームと合流し、
次なる観光地はと言えば。。。真実の口。
一応全員手首を噛み切られず無事生還!!
写真は掲載できないが、何故か僕の顔が引きつっていたのは何故??
こんなにも裏表のない人間なのに??

続いては強引にナヴォーナ広場。。
言わずと知れた「天使と悪魔」の暗殺未遂シーンとなった噴水のある広場。。
ここでラングドンとイルミナティの暗殺者との直接対決が。。。
f0000593_23295942.jpg

ちなみにここでは言えないが、
ここナヴォーナ広場には忘れられないトラウマが。。。ミサンガ~!!

午前中最後の観光スポットは、もちろんここトレヴィの泉。。
相変わらず人・人・人。。。
しかし参加者の皆さんは花より団子??
コイン投げるよりジェラート食べてました。。
でも僕はちゃんと泉にコインを寄付??
f0000593_23305959.jpg


ここでランチタイム!!
ランチタイムはバルベリーニ広場近くのレストランで。。

午後の予定は1つだけ!!
バチカン美術館とサンピエトロ寺院。。
バチカン美術館は本当に人だらけ。。。前に進むのも一苦労だった。
なので暇つぶし?に美術品を激写!!なかなかお気に入りです。。
f0000593_23312524.jpg

f0000593_23314630.jpg

f0000593_2332923.jpg

f0000593_23323081.jpg


そして最後に入ったのはもちろんシスティーナ礼拝堂。。
ここはかの有名なミケランジェロの最後の審判が描かれている場所。
何度見ても素晴らしい!!
しかし当然ながらここだけは写真撮影は禁止!!
のはずなのだが、なぜかデータが残ってました??
いつ撮ったのかな~??神に誓って記憶にありません。。。
f0000593_23325318.jpg

f0000593_2333836.jpg


そのままサンピエトロ寺院を見て、一路カステル・ガンドルフォへ。。
でも考えてみると、ローマ法王の住むバチカンから、
ローマ法王の別荘地であるカステル・ガンドルフォに向かうとは、
今更ながらローマ法王の気分??

ローマ到着の翌日からこんなに1日フルに動き回って。。。
実はインフィオラータの制作はこの日の夜スタート。。
はたして皆さん、体力は大丈夫なのでしょうか??


To be continue...


<追記>
ちなみにイタリア最終日は自由行動。。
僕らはお決まりのスペイン広場へ。。。これにてローマの休日は終了。。
f0000593_2333451.jpg

[PR]
by isolabella2005 | 2009-06-30 23:33 | イタリア

GET!! GLOBAL FESTA 2009

自分が本当に楽しいと思える仕事と言うのは中々ないものである。
僕もいろいろなイベントを企画しているが、
最高!と思えた仕事は数えるほどしかない。。。
最近では先月横浜の開港150周年記念事業で行った
「日本大通りフラワーアートフェスティバル」は思い出に残るイベントだった。

そんな中でも今まで僕が企画して一番楽しかったイベントといえば、
2003年・2004年に行った外務省主催の「アフリカンフェスタ」。。
イベントの規模から言ったらそれほど大きなものではないが、
何はともあれ楽しかった!!滅茶苦茶楽しかった!!!!
渡辺貞夫さんや白井貴子さんといっしょに仕事したのも刺激的だった。

実は今日朝一番で嬉しいニュースが届いた。。
折しも社会復帰第1日目である。
それは「グローバルフェスタ」というイベントのコンペ獲得の連絡だった!!
10社以上の競合コンペで勝利したという喜びもあるのだが、
なんと言ってもこのイベントは楽しそうなイベントなのだ!!
簡単に行ってしまえば「アフリカンフェスタ」の規模を
もっと大きくしたフェスティバル。。
アフリカだけではなく、アジアや南米なんかも対象となるので、
もっとワールドワイドな内容となる。

これから企画も煮詰めていくので、
最終的にはどんな内容になるかまだはっきりとは言えないが、
楽しいことは間違いなし!!
10月3日(土)・4日(日)の2日間、会場は日比谷公園。。
是非是非いらしてください!!
[PR]
by isolabella2005 | 2009-06-29 23:24 | イベント

Last Safari in Kenya

ついに終わってしまった。。。
これでまたしばらくサバンナともお別れだ。
また来年も来れるように、真面目に仕事をしなければ!!

さて今日は日の出前にロッジを出発、途中でサバンナに昇る日の出を楽しんだ。
徐々にオレンジ色に染まる壮大な草原は、まさしくファンタジー!!
f0000593_2054222.jpg

f0000593_20543851.jpg

f0000593_20545517.jpg


僕らはまずマラ川を目指し大地を進む大きなカバと遭遇。
こいつはデカイ!!
f0000593_20552048.jpg

f0000593_20553377.jpg

でもこんなにのんびりだとライオンの標的になるのも頷けてしまう??

続いてはライオンの夫婦。こいつら、たぶん昨日の寝ぞうの悪い夫婦だな??
f0000593_20555565.jpg

近くでレンジャーが見張っていたので近寄ろうにも近寄れず。。。残念!
続いてハイエナ。。とまあ、今日の収穫はこんなところかな?
結局今回は豹と遭遇はできなかった。。。
でも今回はもっと素晴らしいシーンにたくさん出会えたので良しとしよう!!

夕方5時過ぎにナイロビのサロヴァ・スタンレーホテルに到着。
このホテル、最後にサファリの疲れを癒すには最適なホテルかも?
夕食はナイロビ市内の「Carnevore」というレストランで食事。
ここはなかなか変わったレストランだ。ナイロビに来たら訪れてみる価値あり!!
簡単に言ってしまうとアフリカ流シェラスコレストランといった感じ??
表参道にある僕のお気に入りのレストラン「バルバッコア」に似ている。
大きな鉄串に刺して焼いた大きな肉を、そのままテーブル席で切ってくれる。
f0000593_20563481.jpg

いろいろな種類の肉があるので、食べれる人はいくらでも食べることができる。
そしてこのお店の最大の特徴は、その肉の種類にある!?
その肉とは、今日までさんざんサバンナで見てきた動物達の肉なのだ!!
ダチョウの肉のミートボールやホロホロドリのモモ肉、それにナイルワニのBBQ等々。。
話のネタにとおそるおそる食べてみたのだが、これが美味い!!
特にワニはあの容姿からは考えられないタンパクな味で食べやすい。
あとはどんな肉がでてきたかわからないけど、知らない方がいいのかも??
f0000593_20582119.jpg

これでとうとうアフリカの旅も終了、やっぱり7日間だとあっという間に終わってしまう。
明日は早朝の便でアムス経由ローマへ。。1泊して今度はロンドンに向けて出発。
ロンドンではたった1泊だけして、そそくさと東京に戻ります。
連日灼熱の太陽を浴び続け、顔と手はほぼ黒人状態の上、髭と髪は伸び放題。。。
ただでさえ肉食系なのに、さらに野人化してしまった。。。
はたして来週から日常生活に戻れるだろうか??1度八丈島でリハビリが必要かも??
それとひとつ気がかりが。。。実は今ちょっとダウン気味。。。
それも風邪の症状。。。これってまさか新型????
もし新型インフルエンザだったら、アフリカでの最初の発症者になってしまう??
ただの風邪であればいいんだけど。。。

PS…最後に一言。。
サファリに向かう途中、僕らの車に手を振ってくれる
現地の子供たちの笑顔がとても眩しかった。。。
自然と僕も子供たちに手を振っているのだ。
僕はもしかすると、あの笑顔が見たくてまたアフリカに行きたくなるのかもしれない。
[PR]
by isolabella2005 | 2009-06-28 20:58 | アフリカ

Hiyo ndio Safari !!

今日が最後のサファリと思いきや、明日も早朝サファリに行くとのこと。
なんだか1日得した気分だ!
早朝サファリとは、日の出前にロッジを出発し、
起きぬけの動物たちとの出会いを楽しむサファリである。
約2時間のサファリを終え、ロッジに戻り朝食を食べるというスケジュール。。

今日は朝から夕方までの1日サファリということで、
ランチボックスを持って、朝9時半にロッジを出発。。
今日こそ肉食動物達に会いたい!!
するといきなり、ロッジを出て5分もしないうちにチーターと遭遇!!
ほんの5mほどの距離でバシバシ撮影することができた。
f0000593_2046764.jpg

何度見てもチーターというのは凛々しい顔と、無駄のない均整のとれたスタイルだ。
本当に惚れ惚れしてしまう。。また歩く姿もカッコイイ!!!!
f0000593_20462480.jpg


続いてはハイエナの群れに遭遇。。
それも狩りをしてきたのか、横取りしてきたのかヌーの頭を銜えている。
群れの中の1頭がその頭にむしゃぼりつく。。。骨を砕く音が生々しかった。
f0000593_20464521.jpg

f0000593_2047746.jpg

するとそこに1匹のジャッカルが。。。
しかしさすがに5頭のハイエナの群れに挑む勇気はないようで諦めて退散。。

もうすでにここで3種の肉食動物に遭遇、今日はついている!!
と思いきや、この後3時間全く動物と遭遇しない時間が待っていた。。。
しかし凄い光景を激写!!いやフォーカスかも??
なんとマサイマラと国境を越えて続くタンザニアのセレンゲティで大火事が発生!!
相当広い範囲で煙が立ち昇っていた。。。
f0000593_20474842.jpg

この煙、この後夕方まで見えていたけど大丈夫なのかな??
さて午後2時、やっと遭遇したのはハゲタカVSハイエナVSジャッカルの争奪戦。
近寄ってみるとそこにはなんと皮と骨だけとなったカバの亡骸が。。。
f0000593_2048819.jpg

3tを超す重量のカバを襲うとは????
ガイドのヘンリーの予想では10頭ほどのライオンに襲われたのではないか??とか??

この後木陰でピクニックランチを食べた後、
午後のサファリに出かけてものの、相変わらずこれといった収穫はなし。。。
しかたがないのでマサイキリンやカンムリツル等を撮影して時間を潰す。。
f0000593_20483032.jpg

f0000593_20484774.jpg

f0000593_2049983.jpg


誰もが諦めてロッジに帰ろうと思った瞬間、ライオン夫婦に遭遇!!
こちらも5mの距離というベストポジションを確保!!
この夫婦、もう満腹なのか熟睡中。。。
ただその格好がなかなか見応えがあったというか笑えた??
雌のライオンは完全に仰向け状態、さらに片足は雄ライオンの背中に。。。
f0000593_20493420.jpg

f0000593_20494919.jpg

なんだか人間の寝姿でもよく見かけるような姿。。。それにしても気持ちがよさそう。。

ということで、なんだかんだとほとんどの動物達に遭遇できたようだが、
残すところは豹だけ。。明日の早朝サファリで木の上に寝る豹を撮影したい!!
今回のサファリで感じたこと。。それはサバンナの緑。
雨季の直後ということもあり、あたり一面緑のブッシュで覆い尽くされている。
まるで島の家の庭を覆い尽くす雑草のような感じ。。長さ的にも似たような感じ??
なのでブッシュの中に隠れられてしまうと、全く見つけることができない。
逆に草食動物達にとっては天国のような世界!!
サバンナ全体がビュッフェ状態といった感じ。。もうよりどりみどり!!
そんなことでガゼルやトピ、ゼブラは言うまでもなく、特に象やキリンが異常に多かった。
ただ1ヶ月後には始まる大移動前だというのに、主役のヌーが全くいないのは何故??
まあそんなところです。。。

今回マサイマラで泊まったロッジは「マサイマラ・セレナ・サファリ・ロッジ」。
昨年泊まった「キーコロック」もよかったが、こちらの方が最高だった!!
マサイマラを見下ろす場所に位置し、ヌーの大移動もロッジから見ることができる。
その上、ロッジの正面から朝日が昇ってくる!!
朝日に染まるサバンナとマラ川をシャンパンを飲みながら見れるのは最高!!
またロッジもマサイの家をモチーフにした設計でとてもキュート!!
マサイマラに行く際は、セレナがおすすめです。。空港からも10分という好立地です。
f0000593_20509100.jpg

f0000593_20502597.jpg

f0000593_20503781.jpg


ちなみにタイトルの“Hiyo ndio Safari(ヒヨン・ディオ・サファリ)”とは、
いろいろあるけど、これもサファリという意味です。
[PR]
by isolabella2005 | 2009-06-28 20:50 | アフリカ

千載一遇とはまさしくこのこと!?

ケニアのナクル湖はフラミンゴで有名な湖。
よくテレビや写真集等で見かける、
湖一面を覆い尽くすフラミンゴのシーンは、まさしくここナクル湖なのだ。
しかし昨夏にナクル湖を訪れた際には、
湖を覆い尽くすのはペリカンのみで、フラミンゴの姿はほとんどなかった。。。
今回はそのリベンジも兼ねて、急遽ナクル湖にも立ち寄ることにした。

ナクル湖に着くなり、目に入ったのはまさしくテレビや写真集等で見たあのシーン!
湖を覆い尽くすピンク模様。。数え切れないほどのフラミンゴだ!!
f0000593_204086.jpg

f0000593_20402955.jpg

f0000593_20405241.jpg

子供の頃から憧れていたシーンが今目の前に!
もう感動でシャッター押しまくり。。ここだけで100カット以上撮ったのでは??
しかしこの感動をはるかに上回る千載一遇の感動がこの後あったのだ!!

ナクル湖を出て4時間強、ロッジの昼食にも間に合わずマサイマラに到着。。
ロッジに立ち寄らずそのままゲームドライブへ。
千載一遇の感動はこの直後に起こった!!
20分ほどサバンナを走ると、突然ガイドのヘンリーが叫んだ!!
「象の大群!!!!」
視力3.0の彼の眼には見えるのだろうが、日本人の僕らには全く見えない。。。
双眼鏡で見てみると、確かに象の大群がサバンナ一面を覆い尽くしているのだ!
その数はざっと数えてみても100頭、いや200頭近い数の大群である。
f0000593_20413714.jpg

ガイド歴の長いヘンリーでさえ、これほどの大群に遭遇したことはないらしい。
ようく見てみると1頭のリーダーが群れを引き連れ移動している。まさしく大移動!!
僕はドライバーに強引に頼み、この群れの先頭まで行ってもらった。
前から向かってくる100頭を超える象の迫力は半端ではなかった。。
f0000593_2041196.jpg

f0000593_20415342.jpg

特にリーダーの象が立ち止まって睨んできたときは、ちょっとびびったけど。。。
まだ3回目のサファリでこんな素晴らしいシーンに遭遇できたのは、
本当にラッキーとしかいいようがない。。だからサファリはやめられない。
写真でこの迫力が伝わればいいけど。。。

いよいよ明日は最後のサファリ。
1日かけてマサイマラをサファリしてきます!!
明日はどんなシーンに遭遇できるのだろうか??
[PR]
by isolabella2005 | 2009-06-28 20:42 | アフリカ

ノッティングヒルの恋人に再会!

とうとう日本に帰国してしまった。。。やはり日本は湿気が多い。
イタリアやアフリカも暑かったが、もっとさっぱりしていた。

昨日はホテル出発までの3時間の間に、
どうしても行きたかったノッティングヒルへと出かけた。
f0000593_0362578.jpg

実は僕の大好きな映画のひとつが「ノッティングヒルの恋人」。。
その舞台となった街だ。
ヒュー・グラントとジュリア・ロバーツが出会い、
試行錯誤しながらも愛を育んできた街である。
そしてここには映画の最も重要と言えるシーンとなった
旅行専門書の本屋が実在するというのだ。
2人はこの本屋で出会った。。

土日は路上マーケットで賑わうPORTOBELLOの通りも平日は閑散としている。
f0000593_0373471.jpg

f0000593_0375244.jpg

f0000593_0381288.jpg


僕らは朝9時には到着し、ふらふらと目的の本屋を散策。。。
9時45分にお店を発見した。
やはりPORTOBELLO通り沿いではなく、1本路地に入った所にあった。
まさしく映画に登場した通りの店構え!!!!
f0000593_0384293.jpg

f0000593_039343.jpg

このドアを開け、ジュリア・ロバーツが店内に入って来たのだ。。
しかしお店のオープンは10時からとのことでしばらく時間潰し。。。

10時過ぎにお店に戻り、
ジュリア・ロバーツが開けてドアを僕も開け店内へと入った。
映画の設定と同じ旅行専門書の本屋である。
しかしここで素晴らしい写真集と遭遇!!
「AFRICAN ODYSSEY 365Days」という写真集である。
タンザニアのセレンゲティとケニアのマサイマラを舞台に、
356日毎日のサバンナの風景を1枚1枚の写真で紹介している。
これはいい!!!!
ということで、帰りのバッグの重さも考えずに購入してしまった。。
でもそのかわり、店内で写真を撮らせてもらった!!
ここでジュリア・ロバーツが本を買ったのだ。。
f0000593_039375.jpg

なんだか時は違えど、
ジュリア・ロバーツと同じ空間にいたことに感激してしまった。。。
そう、何を隠そう僕はジュリア・ロバーツの大ファンなのである!!
それもこの「ノッティングヒルの恋人」での彼女が大好きだった。。

八丈島に帰ったらDVDを見よっと!!
[PR]
by isolabella2005 | 2009-06-27 00:39 | 海外旅行

実はバラの産地で有名なナイバシャ

朝7時半にサンブルを出発。
昼にはナイバシャに到着するだろうと楽観的に考えていたら
結局7時間かかり、到着したのは午後2時半。。。
本当にサファリは移動時間が長い。
でもそれもサファリの大きな楽しみの一つ!
道中ではたくさんのサプライズが待っている。
そして今日もそんなサプライズが待ち受けていた!!

サンブルからナイバシャへと向かう途中に、ちょうど赤道の地点がある。
僕は地球の0度地点に立つという初体験を経験することができた!!
f0000593_0294292.jpg

ここでは現地の人たちが面白い実験を見せてくれる。
真中に穴の空いた洗面器に水を入れ、そこにマッチ棒を入れる。。。
すると北半球の地点では水は時計周りに流れる。
逆に南半球では逆時計周りになるのだ。。
さらに赤道直下の地点では水の流れはなく、真っすぐに穴から水が落ちて行く。
それぞれ1m程度しか離れていないのに、北半球と南半球では気流の流れが違うのだ。
アフリカでひとつ賢くなってしまった!?

結局今日の予定だったナクル湖とナイバシャのダブルサファリは時間切れで出来ず、
今日はナイバシャ湖でのボートサファリのみとなってしまった。
しかしこのボートサファリもなかなかスリルがある。
カバの群れのすぐ近くまでボートで寄って行くのだ。。
3tもある巨獣がもし体当たりでもしてきたら?なんてことを考えるとスリルも満点??
f0000593_0301578.jpg

f0000593_0303388.jpg

残念ながらここにはフラミンゴはおらず、
念願のフラミンゴは明日のナクル湖でのサファリにお預けとなってしまった。。。
明日晴れるといいな~

今回ナイバシャでの宿泊はナイバシャ湖の「シンバ・ロッジ」。
まだ新しいロッジで、セレナやソパと比べるとランクは下がるらしいのだが、
僕は今まで宿泊したロッジの中では一番いい評価かもしれない。。
何といっても部屋が広くてきれい!!まるでスイートルームのような部屋。
その上スポーツジムやプール、エステにマッサージ、さらにはサウナまで完備!!!!
早速ロッジに戻るなり、食べ過ぎと運動不足の解消にジムで軽くトレーニング、
その後はもちろんサウナでイタリアとサンブルの疲れをじっくりと癒しました!!
ナイバシャに泊まる機会があったらここ「シンバ・ロッジ」がお勧めです!!
f0000593_031026.jpg

f0000593_0311952.jpg


さてさてここナイバシャはケニアきってのバラの産地。
ロッジの周辺はバラの農園だらけである。時間があれば見に行きたいのだけど。。。
実はケニアのバラは品質もよく、意外と高級品。。(花びらもでかい!)
なのでインフィオラータではちょっと使うのは難しい。。。(予算的に)
でも実は今回横浜ではちょっとだけケニアのバラも使用しました!
いつかフェアトレードで輸入したケニアのバラでインフィオラータを作ってみたい。。
花代だけで倍以上いきそうだけど??誰かスポンサーになって!!

さて明日は8時に出発し、まずはナクル湖でフラミンゴを激写!!
その後はマサイマラまで移動しゲームドライブへ。。
サファリも残すところ後2日。。。いいシーンが撮れることを祈って。。
[PR]
by isolabella2005 | 2009-06-27 00:31 | アフリカ

やっぱりアフリカが一番!

日本を飛び出し1週間。
まだ1週間なのに、もうずいぶんと長く日本を離れている気がする。
今回は出国にばたつき、味噌汁と日本茶を買いそびれてしまい、
珍しく未だ日本食を口にしていない。。。あ~早く寿司が食べたい!!
ジェンツァーノでのインフィオラータも大成功に終わった。
この話は後述するとして、まずはアフリカ!!

昨日の早朝、ローマからアムステルダムを経てナイロビに到着、
そのままナイロビから300km以上離れたサバンナ「サンブル」へと向かった。
ローマからアムスまで約2時間半。
アムスからナイロビまで約8時間半。
そしてナイロビからサンブルまで、車で約7時間半。。。
計18時間半の長旅の末、やっと赤道直下のサバンナ「サンブル国立公園」に到着!

ここは世界で唯一“グレービーゼブラ”という縞の細いシマウマのいるサバンナ。
遅めの昼食後、早速サファリへ!!
今回のガイドは、日本にも住んでいた経験のあるヘンリー。。
彼は宮本亜門や石川利華のテレビ取材のコーディネーターを担当しているだけあり、
まるで日本人と話している錯覚に陥ってしまうほど日本語が上手い!!
友人のAnyangoとも大の仲良しだとか。。。まったく世界は狭い!?

サンブルはさすがに赤道直下のサバンナだけあり暑い!!
この陽射しはちょっとやばいほど。。。
それなのに僕はサファリカーの空いた屋根から顔を出し、
1日中写真を撮りまくり。。なので2日目にして既に顔と手が火傷状態。。。
f0000593_0183090.jpg

でもそんな気にさせる景色がここには山ほどある。
僕はここが8か所目のサバンナだけど、景色的にはここが一番お気に入りかも??
緑に覆われたサバンナらしい景色もあれば、
ちょっとジャングルチックな景色も見られる。
また干上がった川や砂漠のような景色もみることができる。
そして何より空が近い!!空がでかい!!空が青い!!!!
f0000593_0185793.jpg

f0000593_0191481.jpg

この空はセレンゲティやマサイマラとも違う、宇宙のでかさを感じさせるような空だった。。
当然夜の星空も半端ではない!!あの北斗七星のでかさは見たことがない。。。
これは言葉や文字では表現できないのが残念なほどびっくりものだった!!

そして動物は?というと。。。
ちょっと残念だったのは肉食動物と全く出会うことができなかった。
昨日の午後、そして今日は1日サバンナを走り回ったのに、
こんなことは初めての経験だった。。。
唯一の肉食と言えばナイルワニだけ。。でもこいつは目の前で撮影できたので感動!!
f0000593_0194867.jpg

f0000593_0201181.jpg

やはり気温が暑すぎて、肉食動物達も狩りをする気になれないのかも??
でもその気分にはなんとなく納得できてしまうような暑さである。

そのかわり草食動物達はたくさん目にすることができた。
特に象やアミメキリンはいたるところで遭遇。。
f0000593_0204088.jpg

f0000593_021499.jpg

もちろんグレービーゼブラにも何度も遭遇した。
f0000593_0213546.jpg

今回のベストショットは母親象のお乳を飲む子象のシーンかな??
f0000593_022053.jpg

ロッジに戻ってからは、ラクダに乗ってウォーキングサファリへ。。
ラクダに乗って砂漠を旅するなんて僕には絶対無理だということがわかった。
たった40分間のサファリで股関節が。。。でもいい経験だった。
f0000593_0233315.jpg


明日は早朝にサンブルを発ち、ナイバシャへ移動。
前回ナクル湖でフラミンゴを見ることができなかったとヘンリーに訴えたら、
なんとナイバシャの前にナクルへ立ち寄ってくれるらしい。。
ということで明日はナクルでフラミンゴを撮った後、
ナイバシャでボートサファリに挑戦!!

アフリカで元気になって、また来年もここに戻れるよう、
1年間仕事を頑張ります!!!!
[PR]
by isolabella2005 | 2009-06-27 00:24 | アフリカ

いよいよ明日。。

韓国から帰国して3日。。。
そして明日からはイタリアへ向けて出張する。

年のせいか、全然韓国の疲れがとれない。。。
やはり今回のスケジュールは無謀だったのかな~
今日は早めに荷造りをして睡眠をとらなければ。。。

今回僕らのツアーはロンドン経由でローマに入る。
成田からヒースロー空港まで約14時間!!
機内の映画を6本見れば着いてしまうのだけれど。。。
そしてそのままローマへ向かう。

翌日はローマ1日観光後、夕方カステル・ガンドルフォのホテルに入り、
夜8時からほぼ徹夜でインフィオラータの制作を行うという
超ハードなスケジュール。。。
今回のインフィオラータのサイズは外枠で約50㎡。。
通常なら40~50人で作る作業量なのだが、
今回は15人で制作をするため、制作時間は5時間を予想している。。
韓国ですでに壊滅状態となった腰が
どこまで耐えられるかが大きなポイントとなりそうだ。

今回制作する作品は、昨年11月に急逝した親友で、
アフリカを代表するアーティストであるジャファリーの遺作となった作品。
本場ジェンツァーノの連中をあっと言わせるような作品に仕上げたい。

そして僕はイタリアの後はそのままアフリカはケニアへ移動。。
ケニアを代表する3つのサバンナを訪ねに行く。。
サンブル・ナイバシャ・マサイマラ。。。あ~楽しみだ。。

さてさて明日から2週間強、日本を離れてしまうので、
明日の朝食は和食でも食べて行こうかな??

一応PCを持っていく予定なので、
随時暇をみて画像アップしていきます
[PR]
by isolabella2005 | 2009-06-11 22:36 | 海外旅行

世にも不思議な??

まさしく「世界不思議発見」!!

http://www.youtube.com/watch?v=_dPlkFPowCc
[PR]
by isolabella2005 | 2009-06-10 16:55 | その他


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧