人気ブログランキング |

島とバラ色の生活



15万本のバラに囲まれて

2001年からインフィオラータを始めて今年で5年が経った。もともとイタリアのローマ近郊にあるジェンツァーノ市というところでやっているフェスティバルを日本でやってみたい!と思って始めたのがきっかけ。ちょうど晴海のトリトンスクエアがオープンして、時期的にもイタリア年だったからタイミングもばっちりだった。
インフィオラータというのは日本語に訳すと「花の絨毯」という意味で、道路上に描いた絵に花びらや種等で色をつけて絵を完成させていくもの。イタリアではカーネーションの花を使っているけど、日本ではゴージャスに香りも楽しもうとバラを使って制作をした。最初は5万本ぐらいだったのが、今年は15万本のバラを使って21枚のデザインが完成!!
テーマは「フラワーファンタジア」。アンデルセン生誕200年を記念し、アンデルセンの童話や日本の童話等をイメージして、イタリアのアートディレクター“アントワーヌ”がデザインをした。
昨年は雨の中、白井貴子さんも参加し大変な思いをしたけど、今年は快晴!600名の参加者とともに約6時間かけてデザインを完成させた。驚くことに15万本ものバラの花をむしるのに、600人もいると2時間もかからずに終わってしまう。
そんなこんなでインフィオラータも、今年は1月の東京ドームでのイタリアフェスティバルから始まり、北は小樽の商業施設から南は福岡の都市緑化フェアまで10会場で制作をしてきた。残るは12月中旬から始まる大阪Twin21での制作。ちょうど10月から始まったNHK連続小説「風のハルカ」の舞台となっている建物。ドラマの中で映ることを期待しながら、今年最後のインフィオラータに向けて、八丈島に戻って体力補強だ~!?
f0000593_22411537.jpg

by isolabella2005 | 2005-11-17 00:12
<< 福岡も間もなく終了


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧