島とバラ色の生活



クリント・イーストウッドに脱帽。。。インビクタス

昨日見た「ラブリーボーン」もすごくよかったんだけど、
その感想を書く前に、さらにすごい作品を見てしまった。。。

今日見た作品はクリント・イーストウッド監督の
話題の新作「インビクタス 負けざる者たちへ」。

f0000593_028659.jpg


クリント・イーストウッド監督と言えば、
「ミリオンダラー・ベイビー」「硫黄島からの手紙」
「グラントリノ」と素晴らしい作品を世に送り出している。
正直彼は俳優より監督の方が素晴らしい才能を持っているようだ。
僕はこれら作品をすべて見ているのだが、
今回のこの「インビクタス」は、そのどれよりも素晴らしかった!
今年は本当に1月から素晴らしい作品と立て続けに出会えている。

この作品の時代は1995年の南アフリカ。
この年、南アフリカで開催されたラグビーのワールドカップが
話の舞台となっている。
そして主人公は時の大統領ネルソン・マンデラ。

国の恥とまで言われた南アフリカのラグビー代表チームを
自国開催のワールドカップで初出場初優勝へと導いた、
ネルソン・マンデラ大統領の“奇跡”。
それはラグビーのみならず、一国の歴史を永遠に変えてしまった。。
その偉業の秘密が、この作品で明らかにされる。

それにしてもネルソン・マンデラと言う人は、凄い人だ。。。
彼の27年間におよぶ投獄中、心の支えにしていた詩。
そのタイトルが「インビクタス」。。。“征服されない”の意である。

「我が我が運命の支配者、我が魂の指揮官」

この一節は、先の見えない混迷の現代でも、
諦めなければ、我々の手で世界を変えることができるということを
伝えているように思える。

何はともあれ、この作品は素晴らしい!!
ちょうど今年の6月には南アフリカで
サッカーのワールドカップが開催される。。
そういえば、今日ケニアのヘンリーから
チケットが取れると連絡があった。
8月のヌーの大移動も捨てがたいけど、
南アフリカにも興味が湧いてしまった。。。

「インビクタス」は、2月5日より全国ロードショー。
この作品は見逃すべからずだ!!
[PR]
by isolabella2005 | 2010-01-22 00:28 | 映画
<< 島人の雪山珍道中 ~ホテルde... もう上京。。。 >>


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧