人気ブログランキング |

島とバラ色の生活



イタリア奇行?⑤コンメンダの騎士達

2005年の仕事もすべて終了、本日帰島した。とはいえこちらでの仕事は山ほど溜まっている・・・大掃除に餅つきに、そして明日は八丈島空港のロビーにインフィオラータを制作する。31日にはまた上京するので3泊4日のあわただしい帰島だ。昨日は東京のオフィスの大掃除を行い、写真データを持ち帰ってきたので、久しぶりにイタリア奇行ができる。今回からは僕がイタリアで出会った素晴らしい?奴らを紹介していこうと思う。
f0000593_0584330.jpgなにやら怪しそうなこの男の名は“フランチェスコ”。こう見えてもまだ30歳そこそこの若者である。実は彼、イタリア・ジェノヴァをベースに「コンメンダの騎士達」という中世の騎士団を研究・再現するグループのリーダーである。そう!今回の奇行で紹介するのはこの“騎士達”である。
2001年の夏、横浜で「日本におけるイタリア年」がらみの企画の依頼があり、「何か面白い奴らはいないかな~」と探していたら出会ってしまって、はまってしまった奴らだ。ちょうど僕がアオスタに滞在している時、ジェノヴァから来てくれるということで会うことになった。「どうせローマのコロッセオの前あたりにいるような奴らだろう」なんて高をくくってい
f0000593_1151943.jpgたのだが、来て見てビックリ!K-1の選手かと思うような巨漢マッチョ!!そんな連中が重さ20~30kgの鎧を身につけ、重さ2kgの剣を手加減抜きで相手に叩きつけるのである。日本の侍のように“スッ!”と斬るといったスマートなものではない!剣と剣がぶつかれば火花が散り、盾で防げば鉄製の盾が凹むといった具合だ。それを殺陣のような流れでファイティングを見せるのである。当然のことながら、練習中はよく手や肩等にあたり骨折する・・・とはリーダーのフランチェスコ談。(それも平然かつにこやかに談)

f0000593_145352.jpgフランチェスコは中世の剣闘士の研究家でもある。だいたい11~2世紀から16世紀あたりの時代ごとの鎧や剣、剣術等を研究し再現している。なんでも映画「グラディエーター」での剣術指導もしたという。僕も衣装を着て体験させてもらったが、まともに剣を振ることもできない。その頃の僕は暇があればスポーツジムでウエイトトレーニングをしていたにもかかわらず・・・情けない。そんな彼らは実はヨーロッパでは引く手数多!イタリア国内のみならず、ヨーロッパ各国のフェスティバル等でファイティングを披露している。「これはいける!!」と確信し、僕は横浜でのイベント出演をその場で依頼した。もちろん返事は“Si”。

横浜でのイベントは真夏の10日間公演であった。(屋内)ファイティングだけでも十分見ごたえはあるが、それだけではもったいない!と思い、ファイティング有り、ロマンス有り、その上ハッピーエンドといった芝居仕立てのショーも行うことにした。自ら台本を書き、自ら演出を行い、大好きな照明アーティストの藤本晴美氏にも協力を依頼し、“光と音とファイティングショー”とした。
f0000593_243915.jpgこのような芝居にはお決まりの悪者と正義の味方が登場する。そしてもう1つのお決まりといえば美しいヒロイン!そこでアオスタ在住の美しいバレリーナ“ナタリー”に出演を交渉・・・こちらも返事は“Si”。1ヶ月間イタリアでの稽古を積み来日。言葉の壁もあり結構不安たっぷりだったのだが、さすがにプロ!本番では見事な稽古の成果を見せてくれた・・・頭から流血まで披露して。
またメンバーの1人は古代ローマ文字の先生。会場では来場者に古代ローマ文字で名前等を書いてサービスしていた。僕も素晴らしい作品をいただき、東京のオフィスに飾ってある。その彼も2年前他界してしまった・・・公演最終日のフィナーレで、会場にひざまずき床に感謝のキスをしたシーンが忘れられない。
f0000593_227405.jpg

横浜以来彼らを日本に呼ぶ機会はないが、彼らは僕がイタリアに行く度、必ずといっていいほど会いに来てくれる。ヴェネツィアだろうと、アオスタだろうと、ミラノだろうと・・・ジェノヴァからバイクを飛ばしてやってくる。その気持ちがとても嬉しい。
f0000593_2374531.jpg

これはミラノで再開した時の写真。なんでも“大型新人”が入ったということで、紹介がてらいっしょに連れてきた。会ってすぐさま“大型新人”の意味がわかった。本当に“大型”だ!!左の写真の左手に移っているのがフランチェスコだ。実は彼の身長は190cm以上あるのである。右手のパオロだって2m近い身長だ・・・それなのにまだでかい!!この写真でみると僕はすごく身長が低く見えてしまうが、これでも170cmはある。それなのに・・・。こんなやつが振り回す剣を受け止めることなんて絶対できないし、したくない!!でも笑顔はなんともかわいらしいのでる。今思うに、彼らはK-1に参戦すべきだ!!
by isolabella2005 | 2005-12-29 02:53 | イタリア
<< インフィオラータ・・・八丈島に... 今年最後のインフィオラータ⑤ >>


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧