人気ブログランキング |

島とバラ色の生活



惨敗!!

昨日・今日と江戸川スポーツセンターで東京都中学校卓球大会が行われた。この大会は各市区町村代表の中学校が関東大会への出場をかけ戦う予選会である。八丈島からは大賀郷中学が出場、1年生中心のチームではあるが、昨年の東京ホープス優勝メンバーということで、代表権獲得も夢ではなかった。昨年9月からこの大会に向け練習し、対外試合にも積極的に出場し準備してきた。
1回戦の相手は第8シードの小平6中。確実なオーダーで勝利すべくダブルスに力を入れたオーダーを組んだ・・・しかしこれが大ハズレであった。後からわかったのだが先方はレギュラー2名を控えに回し、補欠選手を出場させていた。あまりにも失礼な対応である。1番は相手の補欠選手ではあったが負け、2番は相手の準エースとこちらのエースの対決。前半2セット先取され厳しい展開となったが挽回し勝利。前半戦で1-1。3番のダブルスを確実にとるオーダーだったのだが、ここで想定外の敗戦・・・それもいいとこ全くなしの完敗であった。ここで計算が狂ってしまった。4番は相手のエース。こちらは加藤選手。昨年のホープス決勝でも東京チャンピオンの戸辺選手に勝利し優勝の立役者だっただけに期待がかかる。期待通り1セット目は相手が何も出来ないほどの一方的な勝利・・・しかし2セット目以降は調子が狂い敗戦。隣りのコートでは関村選手が相手のレギュラー選手を一方的な試合展開で勝利していただけに悔しい敗退であった。最初の考えどおりシングル中心のオーダーにしておけば勝っていたのに・・・後悔は先に立たずである。結局決勝は昨年同様、実践学園対尾久八幡中学の戦い。中学生とは思えない高レベル且つ白熱した試合は素晴らしいものであった。最終戦までもつれ実践学園が昨年に続き優勝であった。しかしこの決勝戦をガキンチョ達は見ずに練習に行ってしまった・・・是非この試合を見て翌日の個人戦に向けモチベーションをあげてほしかった。
今日は個人戦。大賀郷中学からは6名の選手がエントリー、エースの直也選手は外シードで組み合わせもよく上手く行けば代表にもなれるブロックであった。しかし山本選手の3回戦選出が最高成績・・・あとはみんな2回戦で敗退してしまった。関村選手はいい試合をしたが、相手選手が強く健闘及ばずであった。
今回の都大会を振り返り、正直彼らはこの程度だったのかとがっかりしてしまった・・・。昨年ホープスで優勝したレベルはあくまでも小学生のレベルであって、中学生の卓球には通用しなかったのだ。それとも練習方法がよくなかったのか・・・ただ一番言えることは選手の意識の問題であった。勝ちたい!という意気込みが彼らには感じられなかった。彼らを見ているとただ卓球が好きというだけの意識しか感じられない。ようはプロ野球と草野球の違いである。かれらは愛好者であって選手ではなかった・・・。対戦相手の試合も見ない。ウォーミングアップもしない。見方選手の応援も適当。試合中考えない。負けても平然としている・・・等等。これでは負けて当然である。他の選手はもっと真剣であった・・・それも強い学校であればあるほど。他の選手たちは予選を勝ちあがってきたというプライドと自信があった。しかし予選のない彼らにはそんなプライド等全くない。だから負けてもそれほど悔しくないのであろう。ホープスの前のような真剣さが戻らない限り、このままでは来年も再来年も勝つことは難しいだろう。9月3日には全日本かデットの予選がある。これは1年生だけの予選である。昨年東京でNo1だった彼らが4名の代表枠にはいることができるであろうか・・・この1年間の真価が問われる試合である。
by isolabella2005 | 2006-07-29 00:09 | 八丈島
<< いよいよ島に会社ができる! いよいよ始まる都大会・・・ >>


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧