人気ブログランキング |

島とバラ色の生活



2006年 07月 18日 ( 1 )


夢の島暮らしストーリー⑬ ~島はよいとこ・その1~

久しぶりの「夢の島暮らしストーリー」である。さんざん島での辛い戦いを書いてきたので、ここらで島の楽しい暮らしを紹介したいと思う。
八丈島にはいろいろなお祭り=イベントがある。1月の「ヘルシーフェスタ」から始まり、3月下旬から始まる「フリージアまつり」、海の日に行われる「みなと感謝祭」、毎年7月23日~25日に行われる「八丈夏まつり」。そして8月11日には「八丈島納涼花火大会」も行われる。この後秋には地域ごとのお祭りも行われれる。まだまだあるのだが書ききれない・・・。一般的に有名なのは「フリージアまつり」であるが、僕的には「みなと感謝祭」と「花火大会」がお気に入りである。
「みなと感謝祭」は、毎年海の日の朝9時から始まる。会場は神湊と八重根の漁港で、毎年交互に行われることになっている。ちなみに今年は八重根で行われた。このお祭りは漁協と漁師のみなさんが、島民や観光客をもてなすお祭りなのだが、このお祭りのいいところは、島で獲れた美味しい魚料理やビール等が飲み放題、食べ放題なのだ・・・それも無料で!!昨日はカジキマグロの姿焼きが最高に美味しかった!!他にもあら汁や亀汁、イカの丸焼きに春トビの炭焼き等等・・・もう食べれないというくらい食べまくった。そして漁船やレジャーボートによるクルージングも無料で参加できるのだが、昨日は台風4号の影響で数日前から海上が時化ており、残念ながら中止となってしまった。“無料!”だからというわけではないが、僕はこのお祭りは大のお気に入りなのである。なんと今年はこのために10名もの友人や親戚が来島し楽しませてもらった・・・たぶん毎年来るんだろうな??みんな大満足で今日東京へと帰っていった。本当は海女屋丸に乗せてもらう約束をしていたのに・・・時化で中止となってしまったのが名残惜しい。しかしなんと言っても、漁師のみなさんがやっているお祭りなので、なんとも威勢がいい!!なんだかこちらまで元気になってくる。あまり宣伝するとこの時期の飛行機が取り辛くなってしまうが、是非1度は参加してもらいたいお祭りである。
「八丈島納涼花火大会」は8月11日に底土海岸で行われる。島の花火だといってバカにはできない・・・本格的な花火である。僕も昨年初めて見に行ったが感動してしまった。東京なんかで花火見物というと大混雑の中、窮屈な姿勢で遠くから見るものだが、こちらは違う!混雑もなくゆったりとしたスペースで、花火を見上げるのだ!!真上で大輪の花を咲かせる花火は大迫力である。涼しい海風を受けながらビールを片手に花火・・・なんとも贅沢なひと時・・・。そしてなんと言っても島の夜は暗い!!その上空が澄み切っている!!無駄な灯りがないから花火の色も鮮明なのだ!!「これが花火の本来の色なのか・・・」と実感してしまう。たぶん東京で見る花火ではこの美しい色を感じることはできないだろう。満天の星空に向かって打ち上げられる花火を想像してもらいたい・・・これぞファンタスティック!!だ。知っている人は知っているのか・・・今日ANAの予約状況を見ると、この時期は既に全便満席であった・・・さてさて、どうやって島に戻ろうかな??
話は違うが、この時期島で採れるパッションフルーツは絶品!!毎日食べても飽きが来ない。
by isolabella2005 | 2006-07-18 22:04 | 八丈島


移住した島での生活と、花びらのアート「インフィオラータ」の徒然話
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧